秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
藤田 直子の顔写真
氏名 藤田 直子
フリガナ フジタ ナオコ
学部 生物資源科学部
学科 生物生産科学科
職名 教授
学位 博士(農学)
Eメール naokof
生年月日

経歴

昭和62年3月 広島県立広島井口高等学校 卒業
平成3年3月 大阪女子大学学芸学部基礎理学科 卒業
平成5年3月 大阪府立大学農学研究科園芸農学専攻博士前期課程 修了
平成9年3月 大阪府立大学農学研究科園芸農学専攻博士後期課程 修了
平成9年8月 科学技術特別研究員(農業生物資源研究所派遣)
平成11年4月 秋田県立大学生物資源科学部助手
平成18年4月 公立大学法人秋田県立大学生物資源科学部助教
平成21年4月 公立大学法人秋田県立大学生物資源科学部准教授
平成27年4月 公立大学法人秋田県立大学生物資源科学部教授

受賞

2006年11月 財団法人農学会 日本農学進歩賞受賞
2010年9月 日本応用糖質科学会奨励賞受賞

専門分野

植物生理学、植物遺伝学、生化学、分子生物学、澱粉科学

最近の研究テーマと内容

澱粉生合成メカニズムの解明と新素材澱粉の開発
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

タンパク質生化学、澱粉構造解析、変異体、組換体選抜法

最近の招待・特別・基調講演題名

秋田県立大学生物資源科学部公開講座「お米のデンプンはどうやってできるの?」〜デンプン合成の謎に迫る〜(2006.7.15、秋田市)

Starch Round Table 2013 'Functional interactions among isozymes in starch biosynthesis in rice.'(2013.9.26-28、アメリカアルバカーキ)

アグリビジネス創出フェア2013「二重変異体を用いた新規構造澱粉米の開発」(2013.10.23-25、東京ビッグサイト)

第12回石川県立大学食品科学科公開セミナー「ユニークな変異体米澱粉の開発と利用〜澱粉生合成研究からの授かりもの〜」(2013.12.6、石川県立大学)

平成25年度全県JA営農指導総合研究会「低カロリー米の開発〜新たな特性を持つ水稲品種の開発に向けて〜」(2014.1.14、秋田市)

平成26年度秋田県6次化の推進に向けた異業種交流会「秋田県立大学発変異体米品種の開発」(2014.9.2、秋田市)

第72回日本植物学会シンポジウム「澱粉構造制御による新規需要米の創出」(2014.9.13、生田市)

平成26年度日本応用糖質科学会北海道支部会「澱粉生合成研究と変異体米の産業利用可能性」(2015年2月2日、札幌市)



主な特許

1. 藤田直子、中村保典、廣近洋彦、宮尾安藝雄. スターチシンターゼI型の機能解明と新規デンプン作出法 特許第4703919号(平成23年3月18日)
2. 中村保典、藤田直子、佐藤光. デンプン合成酵素類. PCT/JP02/09221
3.藤田直子、中村保典、吉田真由美、齋藤かほり、廣近洋彦、宮尾安藝雄. スターチシンターゼIIIa型の機能解明と新規デンプン作出.特許第4711762号(平成23年4月1日)
4.藤田直子、中村保典、吉田真由美、廣近洋彦、宮尾安藝雄  プルラナーゼ活性が低下しているイネ変異体およびイネ変異体の生産方法.特許第4868492号(平成23年11月25日)
5.藤田直子,豊澤佳子,中村保典 イネ変異体、澱粉の製造方法、澱粉、及びイネ変異体の製造方法。特許第5569876号(平成26年7月4日)

主な研究論文

1. Crofts N, Abe N, Oitome NF, Matsushima R, Tetlow IR, Emes MJ, Nakamura Y, Fujita N. Amylopectin biosynthetic enzymes from rice developing seed form enzymatically active protein complexes. Journal of Experimental Botany. (In press)
2. Asai H, Abe N, Matsushima R, Crofts N, Oitome NF, Nakamura Y, Fujita N. (2014) Deficiencies in both starch synthase (SS) IIIa and branching enzyme IIb lead to a significant increase in amylose in SSIIa inactive japonica rice seeds. Journal of Experimental Botany 65: 5497-5507.
3. Abe N, Asai H, Yago H, Oitome FN, Itoh R, Crofts N, Nakamura Y, Fujita N (2014). Relationships between starch synthase I and branching enzyme isozymes determined using double mutant rice lines. BMC Plant Biology 14:80.
4. Fujita N, Hanashiro I, Suzuki S, Higuchi T, Toyosawa Y, Utsumi Y, Itoh R, Aihara S, Nakamura Y (2012) Elongated phytoglycogen chain-length in transgenic rice endosperm expressing active starch synthase IIa affects the altered solubility and crystallinity of the storage α-glucan. Journal of Experimental Botany 63: 5859-5872.
5. Crofts N, Abe K, Aihara S, Itoh R, Nakamura Y, Itoh K, Fujita N (2012). Lack of starch synthase IIIa and high expression of granule-bound starch synthase I synergistically increase the apparent amylose content in rice endosperm. Plant Science 193-194: 62-69
6. Fujita N, Satoh R, Hayashi A, Kodama M, Itoh R, Aihara S, Nakamura Y. (2011) Starch Biosynthesis in Rice Endosperm Requires the Presence of Either Starch Synthase I or IIIa. Journal of Experimental Botany 62:4819-4831
7. Hanashiro I, Higuchi T, Aihara S, Nakamura Y, Fujita N. (2011) Structure of starches from rice mutants deficient in the starch synthase isozyme SSI or SSIIIa. Biomacromolecules 12: 1621-1628
8. Matsushima R, Maekawa M, Fujita N, Sakamoto W. (2010) A Rapid, Direct Observation Method to Isolate Mutants with Defects in Starch Grain Morphology in Rice. Plant and Cell Physiology 51: 728-741
9. Fujita N, Toyosawa Y, Utsumi Y, Higuchi T, Hanashiro I, Ikegami A, Akuzawa S, Yoshida M, Mori A, Inomata K, Itoh R, Miyao A, Hirochika H, Satoh H, Nakamura Y. (2009) Characterisation of PUL-deficient mutants of rice (Oryza sativa L.) and the function of PUL on the starch biosynthesis in the rice endosperm. J. Exp. Bot. 60(3):1009-1023
10. Fujita N, Goto S, Yoshida M, Suzuki E, Nakamura Y (2008) The function of rice starch synthase I expressed in E. coli. J Appl. Glycosci. 55:167-172
11. Satoh H, Shibahara K, Tokunaga T, Nishi A, Tasaki M, Hwang S-K, Okita TW, Kaneko N, Fujita N, Yoshida M, Hosaka Y, Sato A, Utsumi Y, Ohdan T, Nakamura Y. (2008) Plastidic α-glucan phosphorylase mutation dramatically affects the synthesis and structure of starch in rice endosperm. Plant Cell 20: 1833-1849
12. Fujita N, Yoshida M, Kondo T, Saito K, Utsumi Y, Tokunaga T, Nishi A, Satoh H, Park J-H, Jane J-L, Miyao A, Hirochika H, Nakamura Y (2007) Characterization of SSIIIa-deficient mutants of rice (Oryza sativa L.); the fucntion of SSIIIa and pleiotropic effects by SSIIIa deficiency in the rice endosperm. Plant Physiol 144: 2009-2023
13. Fujita N, Yoshida M, Asakura N, Ohdan T, Miyao A, Hirochika H, Nakamura Y (2006) Function and characterization of starch synthase I using mutants in rice. Plant Physiol 140: 1070-1084
14. Nakamura Y, Francisco Jr. BP, Hosaka Y, Satoh A, Sawada T, Kubo A, Fujita N (2005) Essential amino acids of starch synthase IIa differentiate amylopectin structure and starch quality between japonica and indica rice cultivars. Plant Mol Biol 58: 213-227
15. Tanaka N, Fujita N, Nishi A, Satoh H, Hosaka Y, Ugaki M, Kasawaki S, Nakamura Y. (2004) The structure of starch can be manipulated by changing the expression levels of starch branching enzyme IIb in rice endosperm. Plant Biotechnology J. 2: 507-516.
16. Fujita N, Kubo A, Suh D-S, Wong K-S, Jane J-L, Ozawa S, Takaiwa F, Inaba Y, Nakamura Y (2003) Antisense inhibition of isoamylase alters the structure of amylopectin and the physicochemical properties of starch in rice endsperm. Plant Cell Physiol. 44:607-618

学会活動

日本植物生理学会会員
日本農芸化学会会員
日本応用糖質科学会会員(和文誌副編集委員長)
日本育種学会会員
アメリカ植物生物学会会員

社会活動

秋田県環境影響評価審査会委員

その他特記事項

デンプン構造の変わったイネに興味がある方はお知らせ下さい。