秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
鈴木 英治の顔写真
氏名 鈴木 英治
フリガナ スズキ エイジ
学部 生物資源科学部
学科 生物生産科学科
職名 教授
学位 理学博士
Eメール esuzuki
生年月日 1962年11月20日生まれ

経歴

昭和60年3月 埼玉大学理学部生化学科卒業
平成2年3月 東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻修了 理学博士
平成2年4月 茨城大学理学部生物学科 助手
平成9年4月 茨城大学理学部生物学科 助教授
平成13年4月 秋田県立大学生物資源科学部 助教授
平成18年4月 同准教授
平成23年4月 同教授

受賞

専門分野

植物生理学、生化学、分子生物学

最近の研究テーマと内容

光合成微生物(藻類)における炭水化物代謝−植物への応用
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

DNA配列決定技術、藻類の培養および生育測定、澱粉、ショ糖を含めた炭水化物の分析

最近の招待・特別・基調講演題名

国際学会(招待講演)
Suzuki E, Colleoni C, Ball S, Fujita N, and Nakamura Y. Physiology and evolution of storage polysaccharide metabolism in cyanobacteria. 第6回日独セミナー (ドイツ,フライブルク,Hotel Schloss Reinach,2011年10月30−11月3日)

主な特許

鈴木英治、中村保典、大段隆史、ペリジオ フランシスコ ジュニア、豊田健太郎、鈴木倫子 他
特願2003-097023、特願2003-097127
「サンプル管理方法、サンプル管理装置、端末装置、サンプル管理プログラムおよびそれを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体」
平成15年3月31日

鈴木英治、中村保典、吉野友博、高橋由佳
特願2004-215621
「イネ由来デンプン合成酵素 SSIIa を発現させたシアノバクテリアの形質転換体、これを用いた SSIIa の機能解析法、並びに同形質転換体によって生産される多糖」
平成16年7月23日

鈴木英治、中村保典、高橋由佳
特願2005-207695
「デンプン合成酵素を発現する形質転換体およびその利用」
平成17年7月15日

鈴木 英治、守屋 克哉、高橋 純一郎、工藤 春香、中村 保典
特許第4267942号
「遺伝子欠損ラン藻」
平成21年2月27日

中村 保典、鈴木 英治、鈴木 倫子、大段 隆史、高橋 純一郎、都筑 幹夫、藤原祥子、藏野 憲秀
特許第4481607号
「新規なポリグルカン構造を有するデンプン代謝関連酵素類、およびその遺伝子」
平成22年3月26日

主な研究論文

Sakamoto F, Suzuki E, and Fujii Y. Recent development of artificial nuclease with specificity of cleavage site. Recent Research Development of Nucleosides and Nucleotides, 2: 1-27 (2004)

Nakamura Y, Takahashi J-I, Sakurai A, Inaba Y, Suzuki E, Nihei S, Fujiwara S, Tsuzuki M, Miyashia H, Ikemoto H, Kawachi M, Sekiguchi H, and Kurano N. Some cyanobacteria synthesize semi-amylopectin type α-polyglucans instead of glycogen. Plant and Cell Physiology, 46: 539-545 (2005)

Suzuki E, Umeda K, Nihei S, Moriya K, Ohkawa H, Fujiwara S, Tsuzuki M, and Nakamura Y. Role of the GlgX protein in glycogen metabolism of the cyanobacterium, Synechococcus elongatus PCC 7942. Biochimica et Biophysica Acta, 1770: 763-773 (2007)

Deschamps P, Colleoni C, Nakamura Y, Suzuki E, Putaux JL, Buleon A, Haebel S, Ritte G, Steup M, Falcon LI, Moreira D, Loffelhardt W, Raj JN, Plancke C, d'Hulst C, Dauvillee D, and Ball S. Metabolic symbiosis and the birth of the plant kingdom. Molecular Biology and Evolution, 25: 536-548 (2008)

Fujita N, Goto S, Yoshida M, Suzuki E, and Nakamura Y. The function of rice starch synthase I expressed in Escherichia coli. Journal of Applied Glycoscience, 55: 167-172 (2008)

Suzuki E, Ohkawa H, Moriya K, Matsubara T, Nagaike Y, Iwasaki I, Fujiwara S, Tsuzuki M, and Nakamura Y. Carbohydrate metabolism in mutants of the cyanobacterium Synechococcus elongatus PCC 7942 defective in glycogen synthesis. Applied and Environmental Microbiology, 76: 3153-3159 (2010)

Colleoni C, and Suzuki E. Storage polysaccharide metabolism in Cyanobacteria. in: Essential Reviews in Experimental Biol. Vol. 5, Starch: Origins, Structure and Metabolism, Tetlow I, ed., The Society for Experimental Biology, London, pp. 217-253 (2012)

Suzuki E, and Suzuki R. Variation of storage Polysaccharide in phototrophic microorganisms. Journal of Applied Glycoscience, 60: 21-27 (2013)

Sawada T, Nakagami T, Utsumi Y, Ohdan T, Suzuki E, and Nakamura Y. Characterization of starch and glycogen branching enzymes from various sources. Journal of Applied Glycoscience, 60: 69-78 (2013)

Suzuki E, Onoda M, Colleoni C, Ball S, Fujita N, and Nakamura Y.Physicochemical variation of cyanobacterial starch, the insoluble α-glucans in cyanobacteria. Plant and Cell Physiology, 54: 465-473 (2013)

学会活動

日本植物学会
日本植物生理学会
日本生化学会
日本生物物理学会
日本応用糖質科学会
日本光合成学会
米国植物生物学会
米国微生物学会

社会活動

その他特記事項