秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
藤 晋一の顔写真
氏名 藤 晋一
フリガナ フジ シンイチ
学部 生物資源科学部
学科 生物生産科学科
職名 教授
学位 博士(農学)
Eメール sfuji
生年月日

経歴

昭和60年4月 新潟大学農学部農学科入学
平成元年3月 新潟大学農学部農学科卒業
平成元年4月 新潟大学大学院農学研究科入学
平成 3年3月 新潟大学大学院農学研究科修士課程修了
平成 3年4月 愛知県農業総合試験場山間技術実験農場(いもち病指定試験地)技師
平成 6年4月 愛知県農業総合試験場生物工学部遺伝子工学研究室技師
平成11年4月 秋田県立大学生物資源科学部助手
平成18年4月 秋田県立大学生物資源科学部助教
平成19年4月 秋田県立大学生物資源科学部准教授
平成22年10月 秋田県立大学生物資源科学部 バイオテクノロジーセンター兼務
平成27年4月 秋田県立大学生物資源科学部 教授
       バイオテクノロジーセンター長

受賞

平成19年 名古屋国際蘭会議 NIOC賞受賞

専門分野

植物病理学 植物ウイルス学 植物保護学

最近の研究テーマと内容

圃場における病害の分子動態、植物ウイルスの分子分類、分子進化 病原検出技術
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

ウイルス病を中心とした病害診断・防除指導、イネ病害の防除技術指導(生物農薬等を含む)
バイオテクノロジーを利用した解析技術

最近の招待・特別・基調講演題名

水稲の環境保全型種子消毒法の普及による諸問題とその対策 環境保全型農業シンポジウム 2012.11.7.
化学合成農薬に依存しない種子消毒におけるクリーン種子の重要性 水稲種子消毒技術研修会 研究の現状と課題 2009.1.28.
微生物防除剤を用いた水稲種子消毒の展開 第2回環境保全型農業シンポジウム IPMの実践と微生物防除剤 2009.3.3.
化学合成農薬に依存しない水稲種子消毒技術とその現状 日本植物病理学会 課題別シンポジウム 2009.3.27.
環境保全型優良種子生産に向けた種子検査技術の確立 第1回北東北地域イノベーションフォーラム 2007.11.14
花き類IYSVの発生生態について 植物ウイルス病防除研究会 2005.6.7
ジネンジョのウイルスフリーについて 山形県企業等連携による新事業創出支援事業 2005.2.2
ヤマノイモに発生するpotyvirusの多様性と起源 日本植物病理学会植物ウイルス研究会 2004.3.31

主な特許

土壌DNA抽出―PCR法による土壌中ダイズ黒根腐病菌の迅速検出法(特許願2011-007527)
ネギさび病の発生予察方法(特願20065-317964)
植物の育苗方法及びその育苗培地(特願2003-84426)
ヤマノイモモザイクウイルス弱毒株、ヤマノイモモザイクウイルス抵抗性作物とその栽培方法、核酸、ヤマノイモモザイクウイルス遺伝子診断法 (特開2000-300270)

主な研究論文

1. Fuji, S., Terami, F., Furuya, H., Naito, H. and Fukumoto, F. (2004) Nucleotide sequence of the coat protein genes of Alstroemeria mosaic virus and Amazon lily mosaic virus, a tentativespecies of genus Potyvirus. Arch.Virol. 149: 1843-1849.
2. Fuji, S., Shinoda, K., Ikeda, M., Furuya, H., Naito, H. and Fukumoto, F. (2005) Complete nucleotide sequence of the new potexvirus "Alstroemeria virusX". Arch. Virol. 150: 2377-2385.
3. Myouda, T., Sanada, A., Fuji, S., Natsuaki, K.T., Koshio, K., Toyohara, H., Kikuchi, F. and Fujimaki, H. (2005) Propagation of greater yam (Dioscorea alata L. )using shoot apex and nodal segment cultures combined with virus detection by RT-PCR SABRAO J. Breed. Genet. 37: 65-70.
4. Kondo, T., Fuji, S., Yamashita, K., Kang, D.K. and Chang M. U. (2005) Broad bean wilt virus 2 in yams. J. Gen. Palnt Pathol. 71: 441-443.
5. Fuji, S., Shinoda, K., M., Furuya, H., Naito, H. and Fukumoto, F. (2006) Complete nucleotide sequence of Nerine virus X (NVX-J) isolated from the African lily plant (Agapanthus campanulatus) in Japan. Arch. Virol. 151: 205-208
6. Ikeda, S., Fuji, S., Sato, T., Ytow, N., Ezura, H., Minamisawa, K. and Fujimura, T. (2006) Community analysis of seed-associated microbes in forage crops using culture-independent methods. Microbes and Environments, 21: 112-121
7. Ikeda, S. Fuji, S. Sato, T., Furuya, H., Naito, H., Ytow, N., Ezura, H., Minamisawa, K. and Fujimura, T. (2007) Microbial diversity in milled rice as revealed by ribosomal intergenic spacer analysis. Microbes Environments, 22:165-174
8. Fuji, S., Mochizuki, N., Fujinaga, M., Ikeda, M., Shinoda, K., Uematsu, S., Furuya, H., Naito, H. and Fukumoto, F. (2007) Incidence of viruses in Alstroemeria plants cultivated in Japan and characterization of broad bean wilt virus-2, Cucumber mosaic virus and Youcai mosaic virus. J. Gen. Plant Pathol., 73:216-221
9. Matsumoto, T. Yamamoto, H., Fuji, S. and Inoue, M. (2007) Isolation and characterization of a novel potyvirus tentatively named Ornitogalum virus 2. J. Gen. Plant Pathol., 73: 222-24
10. Kawakami, K., Fuji, S. and Miyoshi, K. (2007) Endangered wild populations of endemic Calanthe orchids on an isolated Japanese island tested for viruses. Aust. J. Botany, 55: 831-836
11. Matsumoto, T., Yamamoto, H., Fuji, S. and Inoue, M. (2008) Characterization of a novel potyvirus tentatively named Ornithogalum virus 3, successfully isolated O, thrsoides co-infected with two other potyviruses by single-aphid inoculation. J. Gen. Plant Pathol., 74: 76-80
12. Fukumoto, F., Fuji, S., Shinoda, K. and Iizuka, M. (2008) Cucumber mosaic virus isolated from Aconitum spp. in Japan. J. Gen. Plant Pathol., 74: 88-90
13. Kawakami, K., Fuji, S. and Miyoshi, K. (2008) Complete nucleotide sequence of a new potexvirus, Phaius virus X, isolated from Pahius flavus Lindl. Arch.Virol. 153: 527-531
14. Yamamoto, H., Fuji, S. (2008)Rapid determination of the nucleotide sequences of potyviral coat protein genes using semi-nested RT-PCR with universal primers. J. Gen. Plant Pathol., 74: 97-100
15. Zen S., Okuda, M., Fuji, S., Iwanami, T. (2008) The seasonal occurrence of viruliferous Thrips tabaci and the incidence of Iris yellow spot virus disease of lisianthus. J Plant Pathol. 90: 511-515
16. Suzuki, F., Suga, H., Tomimura, K., Fuji, S., Arai, M., Koba, A., Nakajima, T.(2009) Development of simple sequence repeat markers for Japanese isolates of Magnaporthe grisea. Mol. Ecol. Res. 9: 588-590
17. Kajihara, H., Muramoto, K., Fuji, S., Tanaka, S., Ito S. (2009) Simultaneous detection of Japanese yam mosaic virus and Yam mild mosaic virus from yam leaves using a tube capture reverse transcription-polymerase chain reaction assay. J. Gen. Plant Pathol. 75: 72-75
18. Furuya, H., Takahashi, H., Fuji, S., Nagai, Y. and Naito, H. (2009) Modeling infection of spring onion by Puccinia allii in response to temperature and leaf wetness. Phytopathology 99: 951-956
19. Yamasaki, S., Sakai, J., Fuji, S., Kamisoyama, S., Emoto, K., Ohshima, K., Hanada, K. (2010) Comparison among isolates of Sweet potato feathery mottle virus using complete genomic RNA sequences. Arch Virol. 155: 795-800
20. Okuda, M., Fuji, S., Okuda, S., Sakoi, K., and Iwanami, T. (2010) Evaluation of the potential of thirty two weed species as infection sources of Impatiens necrotic spot virus. Journal of Plant Pathology, 92: 357-361
21. Ito, T., Fuji, S., Sato, E., Iwadate, Y., Toda, T. Furuya. H. (2012) Detection of Phomopsis sclerotioides in Commercial Cucurbit Field Soil by Nested Time-release PCR. Plant Disease 96: 515-521
22. Fuji, S., Kikuchi, M., Ueda, S., Toda, T., Furuya, H., Fukumoto, F. and Hanada, K. (2013) Characterization of a new anulavirus isolated from Amazon lily plants. Archives of Virology 158: 201-206
学術論文(国内雑誌)
1.山本英樹・藤 晋一・浅利幸男(2004). 茎頂培養によるウイルスフリーチョロギの作出.園学雑.73: 82-84.
2. 松本 勤・山本英樹・高橋春實・神田啓臣・勝田茂満・相馬玲子・藤 晋一・井上正保 (2007) オーニソガラムモザイクウイルスによるオーニソガラムモザイク病の発生と宿主範囲を異にする分離株の存在.日植病報 73: 102-105.
3. 善 正二郎・藤 晋一・奥田 充 (2007) タマネギえそ条斑病の多発要因と本病がタマネギの生育および収量に及ぼす影響. 九州病害虫研究会報53: 18-23
4. 山本英樹・佐藤 玄・藤 晋一 (2007) ウイルスフリーチョロギの再感染と生育状況. 北日本病害虫研究会報58: 69-70
5. 内藤秀樹・斉藤健介・古屋廣光・藤 晋一 (2008) イネばか苗病による徒長苗の形態とばか苗病菌の分布およびプール育苗による発病抑制. 日植病報74: 321-327
6. 松尾 歩・陶山佳久・山月融心・藤 晋一・蒔田明史 (2008)DNA分析によって検出されたチシマザサの大ジェネット. Bamboo Journal25: 63-72
7. 内藤秀樹・菊池義人・三浦杏菜・富岡慎太郎・藤田 学・藤 晋一・古屋廣光・佐藤幸生 (2009) 秋田県の山野におけるうどんこ病菌宿主植物・菌の分布と発病を助長する主要因としての土壌Ca. 日植病報75: 9-20
8. 善 正二郎・中島貞彦・田代暢哉・奥田 充 藤 晋一 (2010) 光反射ネット設置と保毒虫の飛来に合わせた殺虫剤散布によるトルコギキョウえそ輪紋病の防除日植病報76: 17-20
9.善 正二郎・奥田 充・藤 晋一 (2010) ネギアザミウマ(Thrips tabaci Lindeman)に対する数種殺虫剤の残効期間とIris yellow spot virus (IYSV)感染阻止効果日本植物病理学会報,76: 269-274
12. 鈴木文彦・藤 晋一・古場文子・中島 隆・荒井治喜 (2012) SSRマーカーによる西日本から分離されたイネいもち病菌の多様性と集団解析 日本植物病理学会報78:: 10-17

学会活動

日本植物病理学会会員 編集委員 病名委員会 植物ウイルス分類委員 東北部会幹事 植物病害診断研究会幹事
Virus Disease Editor 
北日本病害虫研究会 幹事 編集委員
日本育種学会会員

社会活動

その他特記事項