秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
岩崎 郁子の顔写真
氏名 岩崎 郁子
フリガナ イワサキ イクコ
学部 生物資源科学部
学科 応用生物科学科
職名 准教授
学位 博士(理学)
Eメール iiwasaki
生年月日

経歴

昭和48年 4月   山口大学農学部農芸化学科 入学
昭和52年 3月   山口大学農学部農芸化学科  退学
昭和57年 4月   九州大学理学部生物学科 入学
昭和61年 3月    同上 卒業
昭和61年 4月   九州大学大学院理学研究科 修士課程生物学専攻 入学
昭和63年 3月     同上   修了
昭和63年 4月   九州大学大学院理学研究科 博士課程生物学専攻 進学
平成 4年 3月    同上修了、   博士(理学)取得
平成 4年 4月   九州大学大学院理学研究科生物学専攻 大学院研究生として入学。
平成 7年 3月    同上修了

受賞

特に無し。

専門分野

植物生理学(イオン輸送 光合成)

最近の研究テーマと内容

植物の輸送体分子の機能および発現調節機構について研究。イネなどの高等植物やシアノバクテリア等を用いて、イオンなどの物質輸送の研究を行なう。特に金属イオン(カリウム、ナトリウム)、半金属、有機酸、二酸化炭素、水などに関心をもつ。また、地衣類の共生藻と地衣菌との間の共生を成り立たせる因子を探索中。
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

物質輸送および光合成

最近の招待・特別・基調講演題名

なし。

主な特許

なし。

主な研究論文

Ikuko Iwasaki, Hiroyuki Arata, Hiromasa Kijima, and Mitsuo Nishimura (1992) Two Types of Channels Involved in the Malate Ion Transport across the Tonoplast of a Crassulacean Acid Metabolism Plant. Plant Physiol. 98: 1494-1497.
Qiang Hu*,, Hideaki Miyashita*,, Ikuko Iwasaki*,§, Norihide Kurano*, Shigetoh Miyachi*,, Masayo Iwaki¶, and Shigeru Itoh (1998) A photosystem I reaction center driven by chlorophyll d in oxygenic photosynthesis. PNAS 95, (22), 13319-13323
Demidov, E., Iwasaki, I., Satoh, A., Kurano, N. and Miyachi, S. Short-term responses of photosynthetic reactions to extremely high-CO2 stress in a "High-CO2" tolerant green alga, Chlorococcum littorale and an intolerant green alga Stichococcus bacillaris. Russian J. Plant Physiol. 2000 47: 710-721
Ohshima Y, Iwasaki I, Murakami M, Suga S & Maeshima M. Low aquaporin content and low osmotic water permeability of the plasma and vacuolar membranes of a CAM plant Graptopetalum paraguayense: comparison with radish. Plant Cell Physiol.2001 42, 1119-1129
Kozono, D., Ding, X., Iwasaki, I., Meng, X., Kamagata, Y., Agre, P., and Kitagawa, Y. Functional expression and characterization of an archaeal aquaporin, AqpM from Methanothermobacter marburgensis. J. Biol. Chem., 2003 278:10649-10656
Miyachi S, Iwasaki I, Shiraiwa Y (2003) Historical perspective on microalgal and cyanobacterial acclimation to low and extremely high CO2 conditions. Photosyn. Res. 77, 139-153.
Ding, X., Iwasaki, I., and Kitagawa, Y. (2004) Overexpression of a lily PIP1 gene in tobacco increased osmotic water permeability of leaf cells. Plant Cell Env. 27: 177-186.
M. Komura, I. Iwasaki, S. Itoh. (2008) Drought-induced ultra-fast fluorescence quenching in photosystem II in lichens revealed by picosecond time-resolved fluorescence spectrophotometry. In: J.F. Allen, E. Gantt, J.H. Golbeck and B. Osmond, Editors, Photosynthesis, Energy From the Sun: 14th International Congress on Photosynthesis, Springer 1023-1026.
T. Matsumoto, H.-L. Lian, W.-A. Su, D. Tanaka, C.-W. Liu, I. Iwasaki, Y. Kitagawa. (2009) Role of the Aquaporin PIP1 Subfamily in the Chilling Tolerance of Rice. Plant Cell Physiol. 50:216-229.
M. Komura a, A. Yamagishi a, Y. Shibata a, I. Iwasaki b, S. Itoh a a Div. Mater. Sci. (Phys), Grad. Sch. Sci, Nagoya Univ, b Fac. Biores. Sci, Akita Pref. Univ, (2010) Mechanism of strong quenching of photosystem II chlorophyll fluorescence under drought stress in a lichen, Physciella melanchla, studied by subpicosecond fluorescence spectroscopy. Biochim. Biophys. Acta (Bioenergetics) 1797: 331-338.

学会活動

日本植物生理学会、日本植物学会、日本植物学会東北支部会、生体膜談話会、日本地衣学会

社会活動

その他特記事項

なし。