秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
未登録
氏名 高橋 正
フリガナ タカハシ タダシ
学部 生物資源科学部
学科 生物環境科学科
職名 教授
学位 農学博士
Eメール tadashi_takahashi
生年月日 1955年9月生まれ

経歴

1979年3月 東北大学農学部 卒業
1979年4月 秋田県立農業短期大学 助手
1987年4月 秋田県立農業短期大学 講師(常勤)
1991年4月 秋田県立農業短期大学 助教授
(この間1991年9月〜1992年3月
      米国カリフォルニア大学デイビス校客員研究員)
1999年4月 秋田県立大学生物資源科学部 助教授
2002年4月 東北大学大学院農学研究科 助教授
2004年4月 国立大学法人東北大学大学院農学研究科 助教授
2007年4月 国立大学法人東北大学大学院農学研究科 准教授
2016年4月 公立大学法人秋田県立大学生物資源学部 教授

受賞

1992年4月 日本土壌肥料学会奨励賞

専門分野

土壌生成分類学,生物地球化学

最近の研究テーマと内容

(1)森林域の火山放出物の影響を受けた土壌の生成状態と性質
(2)アルミニウムの生物地球化学的動態評価
(3)未利用資源による土壌,水環境の改善

【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

土壌分析,土壌肥沃度,土壌修復,未利用資源の活用

最近の招待・特別・基調講演題名

・津波被災農地の堆積層の可給態リン酸と粒径組成の地理的分布.農業の早期復興に向けた試験研究連携プロジェクト共催シンポジウム.2014年3月5日,宮城県古川農業試験場

・アルミナ質黒ボク土の性質と利用,東北大学農学部第31回先端農学セミナー,2012年5月18日,東北大学大学院農学研究科

・大津波が土壌資本に与えた悪影響−宮城県の広域土壌調査の事例から−,北海道土壌肥料懇話会第58回シンポジウム,2011年12月2日,北海道大学学術交流会館

・農産物における放射性物質(134Csおよび137Cs)の検出結果について,食料・農業分野における震災復興に向けた専門家会議-食料・農業と放射能に関する分科会,2011年12月7日,TKPカンファレンスセンター(仙台)

主な特許

主な研究論文

【著書】
・日本の土.「土のひみつ−食料・環境・生命」(日本土壌肥料学会「土のひみつ」編集グループ編)朝倉書店.pp.22−25. 2015年7月.
・土壌酸性と粘土.「粘土ハンドブック」(日本粘土学会編)技報堂出版. pp.801-803. 2009年4月.
・八郎潟低湿重粘土の土壌生成過程と農耕法による土壌改良効果.「土壌を愛し,土壌を守る」(日本ペドロジー学会編)博友社. pp.135-137. 2007年3月(共著)
・白神山地におけるブナ林下の土壌.「土壌を愛し,土壌を守る」(日本ペドロジー学会編)博友社. pp.120-123. 2007年3月(共著)
・ヒバ林地帯のポドゾル性土(植生が造るポドゾル)「土壌を愛し,土壌を守る」(日本ペドロジー学会編)博友社. pp. 119-120. 2007年3月.
・気候と植生がつくる種々の火山灰土壌−十和田火山灰由来土壌.「土壌を愛し,土壌を守る」(日本ペドロジー学会編)博友社. pp.117-119. 2007年3月.
・大潟土壌の生産力. 「新しい水田農法へのチャレンジ−大潟村における産学協同の成果−」(新しい水田農法編集委員会編)農山漁村文化協会. pp.91-103. 2007年2月.(共著)
・Factors of soil formation: climate. As exemplified by volcanic ash soils. “Soils: Basic Concepts and Future Challenges” (Eds. G. Certini and R. Scalenghe) Cambridge University Press. pp.131-149. 2006年11月. (共著)

【論文】
1) Matsui, T., Takahashi, T., Kanno, H. and Nanzyo, M. 2016. Inhibitory effect of amorphous aluminum hydroxide gels o organic carbon decomposition in non-allophanic Andosols. Pedologist, (in press)
2) Takahashi, T. and Dahlgren, R. A. 2016. Nature, properties and function of aluminum-humus complexes in volcanic soils. Geoderma, 263:110-121.
3) Kusunoki, A., Nanzyo, M., Kanno, H. and Takahashi, T. 2015. Effect of water management on the vivianite content of paddy-rice roots. Soil Science and Plant Nutrition, 61:910-916.
4) Nishiue, A., Nanzyyo, M., Kanno, H. and Takahashi T. 2014. Properties and classsification of volcanic ash soils around Lake Kuwanuma on the eastern footslope of Mt Funagata in Miyagi prefecture, northeastern Japan. Soil Science and Plant Nutrition, 60:848-862.
5) Miyazawa, M., Takahashi, T., Sato, T., Kanno, H. and Nanzyo, M. 2013. Factors controlling accumulation and decomposition of organic carbon in humus horizons of Andosols: A case study for distinctive non-allophanic Andosols in northeastern Japan. Biology and Fertility of Soils, 49:929-938.
6) Takahashi,T., Kanno, H. and Nanzyo, M. 2012. Factors affecting organic carbon accumulation in humus horizons of volcanic soils from the Tohoku University World Andosol Database: A path analysis. Pedologist, 56 (2):58-62.
7) Yoshimoto, R., Sasaki, H., Takahashi, T., Kanno, H. and Nanzyo, M. 2012. Contribution of soil components to adsorption of Pepper Mild Mottle Virus by Japanese soils. Soil Biology and Biochemistry, 46:96-102.
8) Yamada, K., Ito, K., Takahashi, T., Kanno, H. and Nanzyo, M. 2011. Inhibitory effect of acid Andosols on plants - is aluminum toxicity true for allophanic Andosols? Soil Science and Plant Nutrition, 57:491-499.
9) 高橋正・菅野均志・辻村夏希・南條正巳. 2011. 黒ボク土の1 M塩化カリウム抽出アルミニウムは何を測っているのか?日本土壌肥料学雑誌,82(1):1-6.
10) Nanzyo, M., Yaginuma, H., Sasaki, K., Ito, K., Aikawa,Y., Kanno, H. and Takahashi, T. 2010. Identification of vivianite formed on the root of paddy rice grown in pots. Soil Science and Plant Nutrition, 56:376-381.
11) 川口優・高橋正・南條正巳. 2009. 恐山火口付近の強溶脱土壌と周辺の森林土壌の生成および元素の垂直分布. ペドロジスト,53:2-10.
12) Nanzyo, M., Takahashi, T. and Kanno, H. 2009. Use of soil database for pedological research as exemplified by volcanic ash soils. Journal of Integrated Field Science, 6: 87-99.
13) Ito K, Takahashi, T. and Nanzyo, M. 2009. Aluminum toxicity of synthetic aluminum-humus complexes derived from non-allophanic and allophanic Andosols and its amelioration with allophanic materials. Soil Science and Plant Nutrition, 55:35-41.
14) Nanzyo, M., Ito, T., Takahashi, T. and Kanno, H. 2008. Metal complexation of humus and horizon differentiation in Andisols and Spodosols. Journal of Integrated Field Science, 5: 41-49.
15) 菅野均志・平井英明・高橋正・南條正巳. 2008. 1/100万日本土壌図(1990)の読替えによる日本の統一的土壌分類体系−第二次案(2002)−の土壌大群名を図示単位とした日本土壌図. ペドロジスト,52:129-133.
16) Takahashi, T., Mitamura, A., Ito, T., Ito, K. Nanzyo, M. and Saigusa, M. 2008. Aluminum solubility of strongly acidified allophanic Andosols from Kagoshima Prefecture, southern Japan. Soil Science and Plant Nutrition, 54:362-368.
17) Hayashi, T., Kida, T., Nanzyo,M., Takahashi, T., Honna, M., Aikawa, Y. and Yoshihara, K. 2007. Persistence of CaCl2 washing effect for amelioration of a Cd-contaninated paddy field soil. Soil Science and Plant Nutrition,53:720-728.
18) Takahashi, T., Nanzyo, M. and Hiradate, S. 2007. Aluminum status of synthetic Al-humic substance complexes and their influence on plant root growth. Soil Science and Plant Nutrition,53:115-124.
19) Nanzyo, M., Yamasaki, S., Honna, T., Yamada, I., Shoji, S. and Takahashi, T. 2007. Changes in element concentrations during Andosol formation on tephra in Japan. European Journal of Soil Science, 58:465-477.
20) Akahane, I. Sasaki, N., Nanzyo, M., Takahashi, T., Tashiro, T., Sekiguchi, O. and Saigusa, M. 2006. Relationship between vertical distributions of Bray II P content and organic P content in the Ap horizon of paddy rice fields. Soil Science and Plant Nutrition, 52:654-661.
21) Takahashi, T., Ikeda, Y., Nakamura, H. and Nanzyo, M. 2006. Efficiency of gypsum application to acid Andosols estimated using aluminum release rates and plant root growth. Soil Science and Plant Nutrition, 52:584-592.
22) 赤羽幾子・南條正巳・高橋正・関口道・三枝正彦. 2006. 水田作土に局所施与されたリンの収穫跡地における分布. 日本土壌肥料学雑誌,77:171-177.
23) Takahashi, T., Ikeda, Y., Fujita, K. and Nanzyo, M. 2006. Effect of liming on organically complexed aluminum of nonallophanic Andosols from northeastern Japan. Geoderma, 130: 26-34.

学会活動

日本土壌肥料学会会員(代議員,東北支部評議員)
日本ペドロジー学会会員(土壌分類・命名委員会委員)
日本粘土学会会員
日本作物学会東北支部会会員
American Society of Agronomy会員
Soil Science Society of America会員

社会活動

・Elsevier社Geoderma誌論文審査員(2015年〜)
・東北農政局「食糧・農業分野における復興支援に向けた専門家会議,食品・農業と放射能に関する分科会」委員(2011〜2012年)
・農業環境技術研究所 包括的土壌分類検討委員会外部委員(2011年)
・秋田県環境影響評価技術指針策定専門委員会委員(1994年)
・秋田県環境影響評価技術顧問(1994〜2000年)

その他特記事項