秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
川上 寛子の顔写真
氏名 川上 寛子
フリガナ カワカミ ヒロコ
学部 生物資源科学部
学科 生物生産科学科
職名 助教
学位 博士(生物資源科学)
Eメール khiroko
生年月日 1987年8月生まれ

経歴

2006年3月 秋田県立秋田南高等学校普通科 卒業
2006年4月 秋田県立大学生物資源科学部生物生産科学科 入学
2010年3月 秋田県立大学生物資源科学部生物生産科学科 卒業
2010年4月 秋田県立大学大学院生物資源科学研究科博士前期課程 入学
2015年9月 秋田県立大学大学院生物資源科学研究科博士後期課程 修了
      博士(生物資源科学)取得
      「センブリの組織培養と二次代謝物質産生に関する研究」

受賞

2013年7月7日 日本地衣学会学生発表B賞 受賞

専門分野

植物工学、植物組織培養学

最近の研究テーマと内容

有用な生物素材(薬用植物・地衣類)が持つ薬理活性成分の探索と、その成分を植物組織培養学的手法で大量生産する方法を確立する。
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

最近の招待・特別・基調講演題名

主な特許

主な研究論文

薬用植物の組織培養と二次代謝に関する論文
Production of secoiridoids by adventitious root culture of Swertia japonica, Hiroko Kawakami, Kojiro Hara, Masashi Komine, Yoshikazu Yamamoto, 2015/3/15, In Vitro Cellular & Developmental Biology – Plant, Online published DOI 10.1007/s11627-015-9686-9

9-hydroxy-10-oxo-12(Z),15(Z)-octadecadienoic acid (KODA) enhances adventitious root redifferentiation from Swertia japonica callus, Hiroko Kawakami, Mineyuki Yokoyama, Kazuteru Takagi, Shigeyuki Ogawa, Kojiro Hara, Masashi Komine and Yoshikazu Yamamoto, 2015/3/11, In Vitro Cellular & Developmental Biology – Plant, 51(2); 201-204

地衣類の成分分析や薬理活性、化学分類に関する論文
New constituents of Canoparmelia aptata, Hiroko Kawakami, Kojiro Hara, Masashi Komine, John A. Elix, Yoshikazu Yamamoto, 2015 accepted, Lichenology

地衣成分研究におけるHPLCの利用, 川上寛子, 山本好和, 2014/4/7, Lichenology, 12(2); 81-83

分布資料(38). トゲウチキウメノキゴケ Myrlochroa perisidians, 山本好和, 高橋奏恵, 佐藤ひかり, 川上寛子, 高橋誼, 原光二郎, 小峰正史, 2014/4/7, Lichenology, 12(2); 71-74

分布資料(36). ナミガタウメノキゴケモドキParmotrema praesorediosum, 川上寛子, 原光二郎, 小峰正史, 黒木秀一, 山本好和, 2014/2/24, Lichenology, 12(1); 41-45

Ramboldia haematites (Fée) Kalb et al. new to Asia, Yoshikazu Yamamoto, Shuichi Kurogi, Kojiro Hara, Masashi Komine, Hiroko Kawakami, Klaus Kalb, 2013/3/31, Lichenology, 11(2); 67-71

分布資料(34). クロボシゴケPyxine subcinerea, 川上寛子, 原田浩, 原光二郎, 小峰正史, 山本好和, 2012/8/31, Lichenology, 11(1); 27-30

福岡県福岡西公園の地衣類, 川上寛子, 高橋奏恵,山本好和, 2012/8/31, Lichenology, 11(1); 39-41

和歌山市紀伊風土記の丘の地衣類, 川上寛子, 高橋奏恵, 溝口恵敬, 山元晃, 山本好和, 2012/6, 南紀生物, 54(1); 8-12

分布資料(32). フクレヘラゴケ Thysanothecium scutellatumの宮崎県内の新産地, 小峰正史, 川上寛子, 原光二郎, 黒木秀一, 山本好和, 2012/2/29, Lichenology, 10(2); 179-180

分布資料. 紀伊半島産の興味ある地衣類V, 山本好和, 溝口恵敬, 黒木秀一, 川上寛子, 原光二郎, 小峰正史, 2012/12, 南紀生物, 54 (2); 116-119

The genus Pilophorus (Lichenized Ascomycota, Cladoniaceae) from China, Xin-Yu Wang, Li-Song Wang, Kamakami Hiroko, Seoun Jae Hur, 2011, Mycosystema, 30(6); 889-894

Anti-oxidation activity of ethanol extracts from natural thalli of lichens, Kojiro Hara, Marie Endo, Hiroko Kawakami, Masashi Komine, Yoshikazu Yamamoto, 2011, Mycosystema, 30(6); 950-954

分布資料(29). フトネゴケBulbothrix isidizaの新産地, 川上寛子, 原光二郎, 小峰正史, 高橋奏恵, 黒木秀一, 佐藤大樹, 山本好和, 2011, Lichenology, 10(1); 75-76

分布資料(27). カラフトカブトゴケ Lobaria sachalinensis Asah., 佐藤ひかり, 川上寛子, 原光二郎, 小峰正史, 高橋誼, 山本好和, 2011, Lichenology, 10(1); 67-70

分布資料(24).フクレヘラゴケThysanothecium scutellatum, 原光二郎, 小峰正史, 川上寛子, 黒木秀一, 山本好和, 吉村庸, 2011, Lichenology, 9(2); 45-48

紀伊半島産の興味ある地衣類I, 山本好和, 原光二郎, 小峰正史, 川上寛子, 溝口恵敬, 山東智紀, 2010, 南紀生物, 52 (1); 1-5

学会活動

日本植物細胞分子生物学会
日本地衣学会
日本生薬学会
日本農芸化学会

社会活動

その他特記事項