秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
張 函の顔写真
氏名 張 函
フリガナ チョウ カン
学部 生物資源科学部
学科 応用生物科学科
職名 准教授
学位 博士(農学)
Eメール zhangh
生年月日

経歴

1982年2月  中国沈陽冷却装置製造会社コンピュータ情報センター 入社
1984年1月  中国江蘇理工大学コンピュータ情報科学系CAD教研室 助教
1987年10月  同上 講師

1990年4月  鹿児島大学農学部
1991年4月  鹿児島大学大学院農学研究科生物生産学専攻 修士課程
1993年3月   同上 修了
1993年4月  鹿児島大学農学部
1994年4月  鹿児島大学連合大学院農学研究科生物資源利用科学専攻 博士課程
1997年3月   同上 単位修得退学
1998年3月  博士学位取得(博士・農学)

1997年5月  農林水産省農業生物資源研究所生物工学部 非常勤職員
1999年4月  秋田県立大学生物資源科学部 助手
2006年4月  秋田県立大学生物資源科学部 助教
2007年10月 秋田県立大学生物資源科学部 准教授

受賞

専門分野

食品科学、食品素材の利用開発、非加熱エネルギー利用

最近の研究テーマと内容

(1) 穀物加工過程中の香気成分に関する研究
(2) 低グルテリン米のタンパク質組成・加工適性・食味特性に関する研究
(3) 機能性有する植物素材の加工利用に関する研究
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

食品加工、食品分析

最近の招待・特別・基調講演題名

1. 「低グルテリン米に由来する米粉のタンパク質組成特性および食味特性の解明」、(財) すかいらーくフードサイエンス研究所食に関する助成研究報告会, 東京、2006.11.30

主な特許

中空タンパク質繊維とその製造方法 特願2001-379281

主な研究論文

(最近5年間)
(1)Jie Yu Chen, Han Zhang, Yelian Miao, Mitsunaka Asakura; Nondestructive Determination of Sugar Content in Potato Tubers Using Visible and Near Infrared Spectroscopy, Japan Society for Food Engineering, 11(1), 12-16, (2010).
(2)Zhi Zeng, Han Zhang, Tao Zhang, Shigeru Tamogami, Jie Yu Chen; Screening for r-Nonalactone in the Headspace of Freshly Cooked Non-Scented Rice Using SPME/GC-O and SPME/GC-MS, Molecules, 14(8), 2927-2934, (2009).
(3)Zhi Zeng, Han Zhang, Tao Zhang, Shigeru Tamogami, Jie Yu Chen; Analysis of flavor volatiles of glutinous rice during cooking by combined gas chromatography – mass spectrometry with modified headspace solid-phase microextraction method, Journal of Food Composition and Analysis, 22,347-352, (2009).
(4)Jie Yu Chen, Han Zhang, Yusuke Yagi; Nondestructive determination of major components and pasting viscosity of potato tuber by near infrared spectroscopy, Journal of The Japanese Society For Food Science and Technology, 56(5), 299-306, (2009).
(5)陳 介余, 張 函,八木 雄介; 近赤外分光法によるジャガイモの主要成分および糊化粘度特性の非破壊測定, 日本食品科学工学会誌, 56(5), 299-306, (2009).
(6)Zhi Zeng, Han Zhang, Tao Zhang, and Jie Yu Chen; Flavor Volatiles in Three Rice Cultivars with Low Levels of Digestible Protein During Cooking, Cereal Chem, 85(5):689-695,(2008).
(7)Zhi Zeng, Han Zhang, Jie Yu Chen, Tao Zhang and Ryuji Matsunaga , Flavor volatiles of rice during cooking analyzed by modified headspace  SPME/GC-MS, Cereal Chemistry, (85)2, 140-145,(2008).
(8)Jie Yu Chen, Yelian Miao, Satoshi Sato, Han Zhang; Near-Infrared Spectroscopy for Determination of the Protein Composition of Rice Flour, Food Science and Technology Research, (14)2, 132-138, (2008).
(9)Zhi Zeng, Han Zhang, Jie Yu Chen, Tao Zhang, and Ryuji Matsunaga, Direct Extraction of Volatiles of Rice During Cooking Using Solid-Phase Microextraction, Cereal Chemistry, 84(5), 423-427(2007).
(10)Jie Yu CHEN, Han ZHANG and Ryuji MATSUNAGA, Visible and near Infrared Spectroscopy for Rapid analysis of the sugar Composition of Raw Ume Juice, Food Sci. Technol. Res., 13(4), 291-295(2007).
(11)JIE YU CHEN,HAN ZHANG AND RYUJI MATSUNAGA; Rapid Determination of the Main organic Acid Composition of Raw Japanese Apricot Fruit Juices using Near-Infrared Spectroscopy,J. Agric. Food Chem., 54,p.9652-9657,(2006).
(12)Zeng Zhi, Tan Lixian, Meng Shaojin, Zhang Han; Study on the Chemical Constituents and Fingerprint of Pogostem on Cablin from Three Culture Varieties, Chinese Journal of Analytical Chemistry, 34(9), 1249-1254 (2006).
(13)TAN Li-xian, ZENG Zhi, MENG Shao-jin, SHEN Miao-ting, ZHANG Han; Study on the volatile Constituents and Fingerprints of Centipeda minimα,Journal of Instrumental Analysis, 25(6), p.91-94(2006).
(14)陳 介余, 張 函, 松永 隆司 近赤外分光法による濃縮海水の主要無機イオン成分の測定,日本海水学会誌 60(2),p.125-131,(2006).

学会活動

日本食品科学工学学会、日本食品工学会、日本食品保蔵科学学会、日本官能評価学会 

社会活動

その他特記事項

中国江蘇理工大学 客員副教授(1998年5月)