秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
石本 志高  Ishimoto, Yukitakaの顔写真
氏名 石本 志高 Ishimoto, Yukitaka
フリガナ イシモト ユキタカ
学部 システム科学技術学部
学科 機械工学科
職名 准教授 Associate Prof.
学位 D. Phil (Mathematical Sciences)
Eメール ishimoto
生年月日 1972年生まれ

経歴

2004年 オックスフォード大学理学研究科理論物理学科 D.Phil 課程修了
2004年 理化学研究所研究員(川合理論物理学研究室)
2006年 岡山光量子科学研究所研究員
2010年 京都大学工学研究科特定助教
2012年 理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター研究員
2014年 同上 生命システム研究センター研究員
2015年 秋田県立大学准教授(システム科学技術学部)

受賞

専門分野

ソフトマター流体工学、生体工学、生物物理、数理生物、数理物理、理論物理

最近の研究テーマと内容

生体組織・器官形態形成の理論研究およびシミュレーション研究
2次元流体モデルによる生体膜の研究
染色体・クロマチン動態の研究
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

流体を含むソフトマターに関する分野など、上記専門分野の応用に関する分野

最近の招待・特別・基調講演題名

a)国際会議での招待講演
1. Y. Ishimoto, “The massive perturbation in 2d Liouville gravity and its semi-classical limit”, in the mini-workshop at CQUeST (Center for Quantum Space-Time), Sogang U., Seoul, Korea (2008年12月11日)
2. Y. Ishimoto, “The massive perturbation in 2d Liouville gravity and its semi-classical limit”, in the international workshop on “Liouville Gravity and Lattice Statistics”, held at Poncelet Institute, Moscow, Russia (2008年6月21-24日).
3. Y. Ishimoto, “Solving infinite Kolam in knot theory”, in "The International Symposium on Katachi/Form in Folk Art", held with "Society for Science on Form (Katachi no kagakukai)" symposium at Osaka University, Japan (2006年11月3日).
4. Y. Ishimoto, “Moduli integrals in 2D Liouville gravity”, RIKEN symposium “Matrix Model and String Theory,” held at RIKEN, Japan (2006年9月23日).
5. Y. Ishimoto, “Moduli integrals in Liouville gravity”, XVth International Colloquium on Integrable Systems and Quantum Symmetries (ISQS-15), held in Prague, Czech Republic (2006年6月15-17日).

b) 国内学会・研究会における招待講演
6. 石本志高、「DNA鎖(半屈曲性高分子鎖)の凝縮 〜数理モデル及び構造転移の研究〜」、生理学研究所研究会「DNAの凝縮:物理から生理まで」、愛知県、生理学研究所(2010年3月10日)
7. 石本志高、「2次元量子重力場の理論とその摂動」、第9回特異点研究会、立教大学 (2008年1月12-14日)
8. 石本志高、「DNA toroid condensation: from van der Waals to Coulomb」、生理学研究所研究会「DNA構造を基盤とするゲノム生理学の展開」、愛知県、生理学研究所(2006年11月9-10日)
9. 石本志高、「Analytic theory for DNA condensation」、生理学研究所研究会「DNA構造を基盤とするゲノム生理学の展開」、愛知県、生理学研究所(2005年11月17-18日)

主な特許

主な研究論文

全学術論文の記録はこちらでご覧になれます。(http://www.researchgate.net/profile/Yukitaka_Ishimoto/publications)
[1] Yukitaka Ishimoto, Yoshihiro Morishita, “Bubbly vertex dynamics: A dynamical and geometrical model for epithelial tissues with curved cell shapes”, Phys. Rev. E90, 052711, pp.1-23 (2014).
[2] Yukitaka Ishimoto, Takahiro Murashima, Takashi Taniguchi, Ryoichi Yamamoto, “Two-dimensional lattice liquid models”, Phys. Rev. E 86, 031124 (2012) p.p. 1.13, arXiv:1202.4428 [cond-mat.soft] (2012).
[3] Yukitaka Ishimoto, Norio Kikuchi, “Effect of interaction shape on the condensed DNA toroid”, Journal of Chemical Physics 128 (2008) 134906.
[4] Yukitaka Ishimoto, “Solving infinite Kolam in knot theory”, FORMA 22 (2007) 15-30.
[5] Yukitaka Ishimoto, Norio Kikuchi, “DNA toroid condensation as analytic solutions”, cond-mat/0701737 (2007).
[6] Yukitaka Ishimoto, Alexei B. Zamolodchikov, “Massive Majorana fermion coupled to two-dimensional gravity and the random-lattice Ising model”, Theoretical & Mathematical Physics 147 (2006) 755-776, Teor. Mat. Fiz. 147 (2006) 372-398.
[7] Yukitaka Ishimoto, Norio Kikuchi, “Low energy states of a semiflexible polymer chain with attraction and the whip-toroid transitions”, Journal of Chemical Physics 125 (2006) 074905.
[8] Yukitaka Ishimoto, Shun’ichi Yamaguchi, “Minimal String Theory is Logarithmic”, Physics Letters B 607 (2005) 172-179.
[9] Yukitaka Ishimoto, “Boundary states in boundary logarithmic CFT”, Nuclear Physics B 619 (2001) 415-433.
[10] S.Yamaguchi, Y.Ishimoto and K.Sugiyama, “AdS3/CFT2 Correspondence and Space-Time N=3 Superconformal Algebra”, Journal of High Energy Physics 9902 (1999) 026.
[11] Yukitaka Ishimoto, “Classical Hamiltonian Reduction On D(2|1; α) Chern-Simons Gauge Theory and Large N=4 Superconformal Symmetry”, Physics Letters B 458 (1999) 491-498.

学会活動

日本物理学会、日本生物物理学会、日本数理生物学会

社会活動

NPO物理オリンピック日本委員会

その他特記事項

生命流体システム工学研究室(http://www.akita-pu.ac.jp/system/mise/fluid/)

共同研究中の研究機関:
 京都大学、神戸大学、大阪大学、東北大学、ヘルシンキ大学など

その他の職歴:
 2004〜2008年 立教大学理学部兼任講師
 2007〜2008年 立教大学理学部客員研究員
 2015年〜 大阪大学理学研究科招へい研究員(理論生物学研究室)