秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
牟田口 祐太の顔写真
氏名 牟田口 祐太
フリガナ ムタグチ ユウタ
学部 生物資源科学部
学科 応用生物科学科
職名 助教
学位 農学博士
Eメール y-muta
生年月日 1984年11月28日生まれ

経歴

2008年3月 岡山大学農学部総合農業科学科 卒業
2013年3月 九州大学大学院生物資源環境科学府遺伝子資源工学専攻 博士課程修了
2012年4月 日本学術振興会特別研究員
2014年4月 秋田県立大学生物資源科学部応用生物科学科 助教

受賞

2013年10月 日本生物高分子学会2013年度大会 優秀発表賞 受賞

専門分野

応用微生物学、遺伝子工学、酵素、D-アミノ酸

最近の研究テーマと内容

【微生物におけるD-アミノ酸の機能解析及びその応用】
タンパク質を構成する20種類のアミノ酸のうちグリシンを除く19種類にはL体、D体と呼ばれる光学異性体が存在します。これらの化学的性質はほぼ同じですが、生物は主にL-アミノ酸を利用して生命活動を維持しています。しかし、近年、微生物からヒトを含む幅広い生物において、D-アミノ酸も重要な生理機能を持つ事が分かってきています。私たちは微生物が生産するD-アミノ酸及びD-アミノ酸代謝関連酵素の機能解析を行い、その成果の食品産業や医療分野への応用を目指しています。

1. 基質特異性の高いD-アミノ酸酸化還元酵素の探索
2. イソロイシン2-エピメラーゼ(IleE)ホモログ遺伝子の機能解析
3. 乳酸菌におけるD-分岐鎖アミノ酸の生理機能の解明
4. D-アミノ酸の食品機能に着目した発酵生産の改良

【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

タンパク質の精製、L-アミノ酸及びD-アミノ酸の分析

最近の招待・特別・基調講演題名

主な特許

主な研究論文

Yuta Mutaguchi, Taketo Ohmori, Hirofumi Akano, Katsumi Doi, Toshihisa Ohshima (2013)
Distribution of D-amino acids in vinegars and involvement of lactic acid bacteria in the production of D-amino acids
SpringerPlus, 2, 691-699.

Yuta Mutaguchi, Taketo Ohmori, Taisuke Wakamatsu, Katsumi Doi, Toshihisa Ohshima (2013)
Identification, purification and characterization of a novel amino acid racemase, isoleucine 2-epimerase, from Lactobacillus species
Journal of Bacteriology, 195, pp. 5207 ~ 5215.

Katsumi Doi, Kazuki Mori, Yuta Mutaguchi, Kosuke Tashiro, Yasuhiro Fujino, Taketo Ohmori, Satoru Kuhara, Toshihisa Ohshima (2013)
Draft genome sequence of D-branched-chain amino acids producer Lactobacillus otakiensis JCM 15040T isolated from a traditional Japanese pickle
Genome Announcements, 1, e00546-13.

Jyumpei Kobayashi, Yasuhiro Shimizu, Yuta Mutaguchi, Katsumi Doi, Toshihisa Ohshima (2013)
Characterization of D-amino acid aminotransferase from Lactobacillus salivarius
Journal of Molecular Catalysis. B: Enzymatic, 94, pp. 15 ~ 22.

Edi Erwan, Shozo Tomonaga, Taketo Ohmori, Yuta Mutaguchi, Toshihisa Ohshima, Mao Nagasawa, Shinobu Yasuo, Yoshinaga Tamura, Mitsuhiro Furuse (2013)
Oral administration of D-aspartate, but not of L-aspartate, reduces food intake in chicks
Journal of Poultry Science, 50, pp. 164 ~ 171.

Taketo Ohmori, Yuta Mutaguchi, Katsumi Doi, Toshihisa Ohshima (2012)
Effects of alkali or acid treatment on the isomerization of amino acids
Journal of Bioscience and Bioengineering, 114, pp. 457 ~ 459.

Taketo Ohmori, Yuta Mutaguchi, Shuji Yoshikawa, Katsumi Doi, Toshihisa Ohshima (2011)
Amino acid components of lees in salmon fish sauce are tyrosine and phenylalanine
Journal of Bioscience and Bioengineering, 112, pp. 256 ~ 258.

Yuta Mutaguchi, Taketo Ohmori, Haruhiko Sakuraba, Kazunari Yoneda, Katsumi Doi, Toshihisa Ohshima (2011)
Visible wavelength spectrophotometric assays of L-aspartate and D-aspartate using hyperthermophilic enzyme systems
Analytical Biochemistry, 409, pp. 1 ~ 6.

Koji Fukuda, Takashi Tamura, Yuko Segawa, Yuta Mutaguchi, Kenji Inagaki (2009)
Enhanced production of the fluorinated nucleoside antibiotic nucleocidin by a rifR-resistant mutant of Streptomyces calvus IFO13200
Actinomycetologica, 23, pp. 51 ~ 55.

学会活動

2013年 日本農芸化学会正会員
2013年 日本ビタミン学会正会員
2014年 D-アミノ酸学会正会員
2014年 日本放線菌学会正会員

社会活動

その他特記事項