秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
中沢 伸重の顔写真
氏名 中沢 伸重
フリガナ ナカザワ ノブシゲ
学部 生物資源科学部
学科 応用生物科学科
職名 教授
学位 工学博士
Eメール
生年月日

経歴

1984年3月 神戸大学大学院農学部農学研究科修了

1984年4月 小西酒造(株)入社

1988〜1991年 大阪大学工学部醗酵工学科大嶋研究室

1994年12月 小西酒造(株)退社

1995年2月 岩手生物工学研究センター入所

1999年3月 岩手生物工学研究センター退所

1999年4月 秋田県立大学生物資源科学部応用生物科学科醸造学講座助教授
      
2011年4月 秋田県立大学生物資源科学部応用生物科学科醸造微生物学研究室教授

     現在に至る

受賞

1995年日本生物工学会 論文賞
2002年日本生物工学会 江田賞

専門分野

分子育種学、ヨーガ・セラピー

最近の研究テーマと内容

醸造酵母の胞子非形成性メカニズムの解析
白神こだま酵母の機能解析
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

醸造酵母の育種、ストレス・マネジメント

最近の招待・特別・基調講演題名

「秋田吟醸ビール酵母の開発」第10回コラボ産学官研究報告会 2014.3.7 コラボ産学官プラザ(東京)

主な特許

特許申請中
 「吟醸香を産生する新規ビール酵母及び該酵母を使用したビール製造方法」清酒酵母とビール酵母を交雑させることによって、吟醸香を有する新規ビール酵母を開発した。

主な研究論文

Cln3 blocks IME1 transcription and the Ime1-Ume6 interaction to cause the sporulation incompetence in a sake yeast, Kyokai No. 7, NAKAZAWA N., ABE K., KOSHIKA Y., and IWANO K. J. Bios. Bioeng (Vol.110.No.1)1-7(2010)

Immunosuppressive drug rapamycin restores sporulation competence in industrial yeasts. Nakazawa, N., Niijima S., Tanaka,Y. and Ito, T. J. Biotech. Bioeng. 13, 190-199 (2012)

Mechanism of high trehalose accumulation in a spore clone isolated from Shirakami kodama yeast, Nakazawa,N, Obata,Y., Ito,K., Oto,M., Ito,T., and Takahashi,K. JGAM, vol. 60: 147-155 (2014)

学会活動

日本生物工学会
日本学生相談学会
日本ヨーガ療法学会

社会活動

秋田県総合食品研究所評価委員 平成15年 

岩手県工業技術センター推進委員 平成11〜14年

その他特記事項