秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
大上 泰寛の顔写真
氏名 大上 泰寛
フリガナ オオガミ ヤスヒロ
学部 システム科学技術学部
学科 機械知能システム学科
職名 准教授
学位 博士(工学)
Eメール ogami
生年月日 1975年9月生まれ

経歴

1998年3月 東北大学工学部 卒業
2001年3月 東北大学工学研究科博士課程前期2年の課程 修了
2004年3月 東北大学工学研究科博士課程後期3年の課程 科目終了退学
2004年4月 東北大学流体科学研究所 助手
2005年3月 博士(工学)(東北大学)
2007年4月 東北大学流体科学研究所 助教
2009年4月 東北大学流体科学研究所 講師
2012年1月 秋田県立大学システム科学技術学部 准教授

受賞

2004年4月 日本機械学会賞(論文)
2009年12月 日本燃焼学会 ベストプレゼンテーション賞
2010年10月 日本機械学会熱工学部門 講演論文表彰

専門分野

燃焼工学

最近の研究テーマと内容

特殊環境下におけるエタノール燃焼メカニズムの解明
水ミストによる消炎現象に関する研究
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

燃焼工学,熱工学に関する分野

最近の招待・特別・基調講演題名

主な特許

主な研究論文

大上,小林,高温・高圧下におけるH2/O2/He予混合火炎の層流燃焼速度に関する研究,日本燃焼学会誌,第44巻,127号,58-66頁(2002)

Y. Ogami, H. Kobayashi, Laminar Burning Velocity of Stoichiometric CH4/air Premixed Flames at High-Pressure and High–Temperature, JSME Int. Journal, Series B, Vol.48 (3), pp.603-609 (2005).

齋藤,大上,小林,新岡,毛利, 穂積,汐崎,高温空気燃焼におけるメタン−空気簡略化反応機構の適用に関する研究,日本燃焼学会誌,第47巻,140号,119-128頁(2005).

Y. Ogami, S. Sakurai, S. Hasegawa, M. Jangi, H. Nakamura, K. Yoshinaga and H. Kobayashi, Microgravity Experiments of Single Droplet Combustion in Oscillatory Flow at Elevated Pressure, Proceedings of Combustion Institute, Vol.32, pp.2171-2178 (2009).

J. Pareja, H. Burbano and Y. Ogami, Measurements of the Laminar Burning Velocity of Hydrogen-Air Premixed Flames,
International Journal of Hydrogen Energy, Vol.35 (4), pp.1812-1818 (2010).

M. Kumagami, Y. Ogami, Y. Tamaki and H. Kobayashi, Numerical Analysis of Extremely-rich CH4/O2/H2O Premixed Flames at High Pressure and High Temperature Considering Production of Higher Hydrocarbons, Journal of Thermal Science and Technology, Vol. 5 (1), pp.109-123 (2010).

M. Okuyama, S. Hirano, Y. Ogami, H. Nakamura, Y. Ju and H. Kobayashi, Development of an Ethanol Reduced Kinetic Mechanism Based on the Quasi-Steady State Assumption and Feasibility Evaluation for Multi-Dimensional Flame Analysis, Journal of Thermal Science and Technology, Vol. 5 (1), pp.109-123 (2010).

Y. Ogami, M. Mori, K. Yoshinaga, H. Kobayashi, Experimental Study on Polymer Pyrolysis in High-Temperature Air Diluted by H2O and CO2 Using Stagnation-Point Flow, Combustion Science and Technology, Vol. 184, pp.735–749 (2012).


学会活動

・日本燃焼学会
・日本機械学会

社会活動

その他特記事項