秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
未登録
氏名 永澤 信洋
フリガナ ナガサワ ノブヒロ
学部 生物資源科学部
学科 アグリビジネス学科
職名 准教授
学位 博士
Eメール n_nagasawa
生年月日 1968年8月23日生まれ

経歴

1987年4月〜1993年3月 東北大学農学部入学、同修士農学専攻修了
1993年4月〜1997年3月 東京大学大学院博士課程入学 農業生物学専攻 同大学院博士課程修了(農学博士)
1997年4月〜1997年6月 日本学術振興会特別研究員 
1997年7月〜1998年12月 特別研究機関研究員 (名古屋大学生物分子応答研究センター)
1999年2月〜2002年9月 Postdoctoral Research Associate、E. I. DuPont Denemous and Campany /Agricultural and Nutrition
2002年10月-2008年10月 Principal Investigator、DuPont/Pioneer Hi-Bred /Crop genetics
2009年4月〜2011年3月 秋田県立大学 生物生産科学科 植物生理生態学研究室 客員研究員 
2011年4月〜現職

受賞

専門分野

イネを主とした植物の発生遺伝学

最近の研究テーマと内容

イネのホメオテッィク突然変異体の解析
ABCモデルには当てはまらないホメオティック遺伝子がイネでは存在し、雌しべの形質決定で重要な働きを持っていることを明らかにした。

イネの胚と胚乳の大きさの決定機構の解明とその利用
イネでは胚の大きさを決定している遺伝子、巨大胚(giant embryo)及び二つの小胚(reduced embryo1, reduced embryo2)突然変異が知られていた。そこでこれらの突然変異体をより詳細に解析するとともに、これらの遺伝子を単離同定した。クロモソームウォーク及びマップベーストクローニングにより、それぞれ遺伝子を単離し、GEはcytochromeP450を、RE1はMYBをRE2はLOBをそれぞれコードしていることを明らかにした。また発現解析やキメラの実験から胚の大きさを決めている機構には更なる因子があることや、この機構は細胞比自律的な側面を持つことなどを明らかにした。さらにGEを用いることにより、トウモロコシの胚の大きさを人工的に制御できることを示した。

技術相談に応じられる分野

最近の招待・特別・基調講演題名

主な特許

Alteration of embryo/endosperm size during seed development.2002年4月 R.E.Cahoon, E.P.Heppard, N.Nagasawa, H.Sakai PCT/US2002/017562

主な研究論文

2010
Deschamps, S., M., la Rota, J., P. Ratashak, P., Biddle, D., Thureen, A., Farmer, S., Luck, M., Beatty, N., Nagasawa, L., Michael, V., Llaca, H., Sakai, G., May, J., Lightner and M., A. Campbell
Rapid Genome-wide Single Nucleotide Polymorphism Discovery in Soybean and Rice via Deep Resequencing of Reduced Representation Libraries with the Illumina Genome Analyzer Plant genome, 3 (1) 53-68

2009
Kawakatsu,T., Taramino,G., Itoh, J., Allen, J., Sato, Y., Hong, S.K., Yule, R., Nagasawa, N., Kojima, M., Kusaba, M., Sakakibara, H., Sakai, H. and Y. Nagato. PLASTOCHRON3/GOLIATH encodes a glutamate carboxypeptidase required for proper development in rice. Plant J. 58, 1028-1040

Horigome,A., N.Nagasawa, K.Ikeda, M.Ito, J,Itoh and Y.Nagato. Rice OPEN BEAK is a negative regulator of class 1 knox genes and a positive regulator of class B floral homeotic gene. Plant J. 58, 724-736.

2007
Ikeda,K., M.Ito, N.Nagasawa. J.Kyouzuka and Y.Nagato. Rice ABERRANT PANICLE ORGANIZATION1, encoding an F-box protein, regulates meristem fate. Plant J. 51, 1030-1040.

2006
Satoh-Nagasawa,N., N.Nagasawa, S, Malcomber, H.Sakai and D. Jackson. A trehalose
metabolic enzyme controls inflorescence architecture in maize. Nature 441, 227-230

2005
Ikeda, K., N. Nagasawa and Nagato, Y. 2005. ABERRANT PANICLE ORGANIZATION 1 gene temporally regulates meristem identity in rice. Dev. Biol. 282, 349-360.

2004
Yamaguchi, T., N. Nagasawa, S. Kawasaki, M. Matsuoka, Y. Nagato and H.-Y. Hirano. The YABBY gene DROOPING LEAF regulates carpel specification and midrib development in rice. Plant cell 16, 1-10

2003
Nagasawa, N., M. Miyoshi, Y. Sano, H. Satoh, H. Hirano, H. Sakai and Y. Nagato. SUPERWOMAN1 and DROOPING LEAF genes control floral organ identity in rice. Development 130, 705-718

Nagasawa, N., Y. Nagato and H. Sakai. Genetic maping of the REDUCED EMBRYO2 gene. Rice genetics newsletter 20, 22-23.

Taramino,G., J. Allen, N. Nagasawa, S.-K. Hong, Y. Nagato and H. Sakai. Mapping of GOLIATH, a new gene controlling embryo size in rice. Rice genetics newsletter 20, 24-26.

2002
Nagasawa, N., Y. Nagato and H. Sakai. Physical maping of the GIANT EMBRYO gene in highly recombinogenic region of chromosome 7. Rice genetics newsletter 19, 45-47

Ikeda, K., N. Nagasawa and Y. Nagato. ABERRANT PANICLE ORGANIZATION 1 gene regulates the meristem organization in rice. Rice genetics newsletter 19, 42-44

2000
Ikeda, K., N. Nagasawa and Y., Nagato. 2000. ABERRANT PANICLE ORGANIZATION 1 gene regulates meristem identity in reproductive phase. Rice genetics newsletter 17, 31-33
1998
Tkahashi,M., N. Nagasawa, H. Kitano and Y. Nagato. Panicle phytomer 1 mutations affect the panicle architecture of rice. Theor Appl Genet 96;1050-1056

1996
Nagasawa,N., M. Miyoshi, H. Kitano, H. Satoh and Y. Nagato. Mutations associated with floral organ number in rice. Planta 198:627-633

Nagasawa,N., M. Miyoshi, Y. Sano and Y. Nagasawa. DL regulates both leaf and pistil development in rice. Rice Genetics Newsletter 13;102-105

Takahashi,M., Nagasawa,N. and Y. Nagato. Mutations affecting panicle architecture in rice. Rice Genetics Newsletter 13;97-99

1994
Nagasawa,N., T. Kawamoto, K. Matsunaga, T. Sasaki and Y. Nagato. Cool tperature sensitive mutants at booting stage of rice. Breeding science 44. 53-57.

(総説)
永澤信洋、長戸康郎(2009)1-3花の形成、p9-12「種子とバイオテクノロジー」原田久也編 種子生理生化学研究会編、学会出版センター

学会活動

AAAS会員

社会活動

その他特記事項