秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
穂坂 正博の顔写真
氏名 穂坂 正博
フリガナ ホサカ マサヒロ
学部 生物資源科学部
学科 応用生物科学科
職名 教授
学位 博士(学術)
Eメール mhosaka
生年月日 1967年1月7日生まれ

経歴

1986年4月 筑波大学第二学群農林学類 入学
1990年3月 筑波大学第二学群農林学類 卒業
1990年4月 筑波大学大学院環境科学研究科 入学
1992年3月 筑波大学大学院環境科学研究科 修士課程 修了/ 修士(環境科学)
1992年4月 筑波大学大学院生物科学研究科 入学
1995年3月 筑波大学大学院生物科学研究科 博士課程 修了/ 博士(学術)

1995年4月-1995年9月
        国際科学振興財団専任研究員(於:筑波大学)
1995年10月-1998年10月
        米国テキサス大学南西医療研究所 研究員
(Dept. of Mol. Gen., Univ. of Texas Southwestern Medical School at Dallas)
1998年11月-2004年1月
        群馬大学 生体調節研究所 遺伝子調節部門 遺伝子発現分野・講師 
2004年2月-2007年1月
        群馬大学 生体調節研究所 病態制御部門 分泌制御分野・助教授
2007年2月-2011年3月
        群馬大学 生体調節研究所 病態制御部門 分泌制御分野・准教授 
2011年4月-現在
        秋田県立大学生物資源科学部応用生物学科 教授

研究室運営ページ:http://www.akita-pu.ac.jp/bioresource/dbt/molb/mhosaka/

私は、大学学部の卒業研究から現在に至るまで、一貫して生体内で遠隔臓器へシグナルを伝達する機構である内分泌系、神経系の生体情報制御に関して研究を行ってまいりました。

  筑波大学・同大学院博士課程在学時には、中山和久講師(現 京都大学教授)の指導のもと、『ペプチドホルモンを塩基性アミノ酸対で切断して活性化するプロセッシング酵素の探索と、そのホルモン基質に対する特異性』について研究を行い、当時に正体が不明であったホルモン活性化酵素を世界で初めて発見しホルモン研究分野の発展に貢献しました。

 学位取得後は テキサス大学に留学する機会を得て、Thomas C. Sudhof教授(現 スタンフォード大学教授:2013年ノーベル生理・医学賞受賞)指導のもと『神経小胞膜上に局在するタンパク質シナプシンの新機能』を研究しました。この研究で、私は「シナプシン=カルシウム調節性の二量体を形成する ATPase」仮説を導き、またシナプシンのリン酸化がその局在に果たす役割、末梢組織におけるシナプシン機能、シナプシンが神経小胞から伝達物質を放出する制御に関与していること、の解明に寄与しました。

 群馬大学生体調節研究所に着任後は、当時、未解決の点が多く残されていた『内分泌細胞の分泌顆粒にペプチドホルモンが運ばれる機構』の解明を進めてきました。一連の研究で分泌顆粒へホルモンを輸送するセクレトグラニンIII (SgIII) を見出し、近年、これまでの研究を拡大しSgIIIが分泌顆粒形成にも関わっていると云う仮説の検証を軸に『分泌顆粒が形成される機序』の解明を行なっています。

 現在、このような『分泌顆粒形成機序』の解明に加えて、学際的なアプローチをするための研究グループを構築し、生体 機能情報のイメージングも行っています。これまでの研究で得た人脈と経験をもとに他大学の工学部、医学部との共同研究で、上述した『コレステロール蛍光プローブの開発』と、『がん、脳梗塞、心筋梗塞などの低酸素病態を生体でイメージングする新規リン光プローブの開発』を進めています。

受賞

学長重点プロジェクト研究(秋田県立大学)
病態代謝研究会研究助成金
日本糖尿病財団研究助成金
中島記念国際交流財団研究助成
上原記念生命科学財団研究奨励金
群馬大学COE若手研究者奨励賞
金原一郎記念医学医療振興財団研究助成金

専門分野

生化学
分子生物学
細胞生物学
分子イメージング

最近の研究テーマと内容

1. 内分泌細胞の分泌顆粒形成機序の解明
2. コレステロール蛍光プローブの開発
3. がん、脳梗塞、心筋梗塞などの低酸素病態をイメージングするプローブの開発研究

個人ページ(詳細):http://www.akita-pu.ac.jp/bioresource/dbt/molb/mhosaka/


地域連携・研究推進センターで用意した(簡単な)
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

生化学
分子生物学
細胞生物学
分子イメージング

最近の招待・特別・基調講演題名

-海外(国際)招待講演-

Masahiro Hosaka; Golgi Apparatus Structures and Function: Sorting Mechanisms of Prohormones from the Trans-Golgi Network to Secretory Granules: Concepts with Granin-Family Protein. Gordon Research Conferences, July 23, 2014, New London, U.S.A.

Masahiro Hosaka ; Sorting mechanism of regulated secretory proteins by Secretogranin III.
15th International Symposia on Chromaffin Cell Biology, 2009, Merida, Mexico

Masahiro Hosaka; Iridium complex: a phosphorescent light-emitting diode material, serves as a novel tool for imaging hypoxic tumor tissues.
International Symposium for Environmental Medicine, 2008, Nagoya, Japan

Masahiro Hosaka, Tsuyoshi Watanabe, Toshiyuki Takeuchi; The sorting mechanism to Secretory Granules: Emerging Concepts with Secretogranin III.
Gordon Research Conferences, 2006, New London, U.S.A.

Masahiro Hosaka; The sorting mechanism to Secretory Granules: Emerging Concepts with Secretogranin III.
International Conference for Granulogenesis, 2006, Bethesda, U.S.A.

Masahiro Hosaka; Secretogranin III: a connecting bridge between secretory proteins and the cholesterol-rich granule membrane.
16th International Congress of the International Federation of Associations of Anatomists, 2004, Kyoto,Japan


-国内招待講演-

穂坂正博;ホルモンがゴルジ体から分泌顆粒へソーティングされる機構
第115回 解剖学会、盛岡市、2010年

穂坂正博;神経内分泌細胞の分泌顆粒形成について
第147回 日本獣医学会、2009年、宇都宮市

穂坂正博、張少娟、王蓉、森口朋尚、篠塚和夫、竹内利行;発光コレステロールプローブを用いた細胞内コレステロール動態の解析、
生体調節のケミカルバイオロジー、2009年、前橋市

穂坂正博;癌を探す:新規蛍光プローブによる癌イメージング
機能性発光プローブと生体機能イメージング、2007年、前橋市

穂坂正博;神経内分泌細胞の分泌顆粒形成機構解析
第24回 内分泌代謝学サマーセミナー、2006年、逗子市

穂坂正博;分泌顆粒へのペプチドホルモン選別輸送機構
第21回 日本下垂体研究会、2006年、静岡市

穂坂正博;渡部剛、竹内利行;The sorting mechanism to Secretory Granules: Emerging Concepts with Granins. 第77回 日本生化学会大会、2004年、横浜市

穂坂正博;クロモグラニンAの分泌顆粒への選別機構について
第17回 日本下垂体研究会、2002年、東京

穂坂正博;シナプス小胞輸送に於ける小胞上蛋白質シナプシンの新しい役割とその局在
第10回 日本解剖学会、2000年、東京

穂坂正博;神経小胞上タンパク質シナプシンの機能解析
第52回 日本細胞生物学会大会、1999年、東京

主な特許

特許第5500594号:新規化合物およびそれを含む機能性発光プローブ:飛田成史、吉原利忠、穂坂正博、竹内利行

米国登録番号:US8623239:COMPOUND AND FUNCTIONAL LUMINESCENT PROBE COMPRISING THE SAME(新規化合物およびそれを含む機能性発光プローブ):飛田成史、吉原利忠、穂坂正博、竹内利行

特許第5392746号:新規水溶性イリジウム錯体化合物およびそれを用いた酸素濃度測定試薬:飛田成史、吉原利忠、穂坂正博、竹内利行:登録日

特許第5229700号:新規錯体化合物、並びにそれを用いた酸素濃度測定試薬および癌の診断薬:飛田成史、吉原利忠、穂坂正博、竹内利行

特許第5240704号:新規蛍光化合物、およびそれを用いた細胞内コレステロールの検出法:山田圭一、穂坂正博、吉原利忠、飛田成史、片貝良一、竹内利行

特許第5353509号:新規蛍光化合物、およびそれを用いた細胞内コレステロールの検出方法:飛田成史、吉原利忠、竹内利行、穂坂正博:発明の名称

特許第4945760 号:含ケイ素蛍光化合物および該化合物を用いた蛍光標識剤:篠塚和夫、森口朋尚、竹内利行、穂坂正博

特許第4930943号:酸素濃度測定試薬および酸素濃度測定方法:飛田成史、吉原利忠、竹内利行、穂坂正博

特許第4355811:コレステロール結合剤およびコレステロール検出キット:竹内利行、穂坂正博

*特願、特開中のものは割愛しています。

主な研究論文

原著論文
Gomi H., Morikawa S., Shinmura N., Moki H., Yasui T., Tsukise A, Torii S., Watanabe T., Maeda Y., Hosaka M.; Expression of secretogranin III in chicken endocrine cells: its relevance to the secretory granule properties of peptide prohormone processing and bioactive amine content. J. Histochem Cytochem 63, 350-3566, 2015

Yoshihara T., Hosaka M., Terata M., Ichikawa K., Murayama S., Tanaka A., Mori M., Itabashi H., Takeuchi K., Tobita S.; Intracellular and in vivo oxygen sensing using phosphorescent Ir(III) complexes with a modified acetylacetonato ligand. Anal. Chem. Anal. Chem. 87, 2710-2717, 2015

Horiuchi H., Hosaka M., Mashio H., Terata M., Ishida S., Kyusin S., Okutsu T., Takeuchi T., Hiratsuka H.; Silylation Improves the Photodynamic Activity of Tetraphenylporphyrin Derivatives In Vitro and In Vivo. Chemistry 20, 6054-6060, 2014

Watanabe, T., Bochimoto, H., Koga, D., Hosaka, M., Ushiki, T.; Functional Implications of the Golgi and Microtubular Network in Gonadotropes. Mol Cell Endocrinol. 385, 88-96, 2014

Tsuchiya, M., Manabe Y., Yamada, K., Furuichi, Y., Hosaka, M., Fujii, N.; Chronic exercise enhances insulin secretion ability of pancreatic islets without change in insulin content in non-diabetic rats. BBRC 430, 676-682, 2013

Sun, M., Watanabe, T., Bochimoto, H., Sakai, Y., Torii, S., Takeuchi, T., Hosaka, M.; Multiple sorting systems for secretory granules ensure the regulated secretion of peotide hormones. Traffic 14, 205-218, 2013

Yoshihara, T., Yamaguchi, Y., Hosaka, M., Takeuchi, T., Tobita, S.: Ratiometric Molecular Sensor for Monitoring Oxygen Levels in Living Cells. Angew Chem Int Ed Engl. 51, 4148-4151, 2012

Yamaguchi, R., Hosaka, M., Torii, S., Hou, N., Saito, N., Yoshimoto, Y., Imai., H., Takeuchi, T.: Cyclophilin C-associated protein regulation of phagocytic functions via NFAT activation in macrophages. Brain Res. 1397, 55-65, 2011

Tsuchiya, M., Hosaka, M., Moriguchi, T., Zhang, S., Suda, M., Yokota-Hashimoto, H., Shinozuka, K., Takeuchi, T.: Cholesterol Biosynthesis Pathway Intermediates and Inhibitors Regulate Glucose-stimulated Insulin Secretion and Secretory Granule Formation in Pancreatic beta-Cells. Endocrinology 151, 4705-4716, 2010

Zhang, S., Hosaka, M., Yoshihara, T., Negishi, K., Iida, Y., Tobita, S., Takeuchi, T.: Phosphorescent Light-emitting Iridium Complexes Serve as a Hypoxia-sensing Probe for Tumor Imaging in Living Animals. Cancer Reserch 70, 4490-4498, 2010

Moriguchi, T., Hosaka, M., Yosinari, A., Ozaki, A., Takeuchi, T., Shinozuka, K.: Cholesterol Analogs Labeled with Novel Silylated Fluorescent Compounds. Chemistry Letters 38, 966-967, 2009

Hotta, K., Hosaka, M., Tanabe, A., Takeuchi, T.: Secretogranin II Binds to Secretogranin III and Forms Secretory Granules with Orexin, Neuropeptide Y and Proopiomelanocortin. J. Endocrinol. 202, 111-121, 2009

Han, L., Suda, M., Tsuzuki, K., Wang, R., Ohe, Y., Hirai, H., Watanabe, T., Takeuchi, T., Hosaka, M.: A large form of secretogranin III functions as a sorting receptor for chromogranin A aggregates in PC12 cells. Mol. Endocrinol. 22, 1935-1949, 2008

Hosaka, M., Watanabe, T., Yamauchi, Y., Sakai, Y., Suda, M., Mizutani, S., Takeuchi, T., Isobe, T., Izumi, T.: A subset of p23 localized on secretory granules in pancreatic beta-cells. J. Histochem. Cytochem. 55, 235-245, 2007

Wang, R., Hosaka, M., Han, L., Yokota-Hashimoto, H., Suda, M., Mitsushims, D., Torii, S., Takeuchi, T.: Molecular probes for sensing the cholesterol composition of subcellular organelle membranes. Biochim. Biophys. Acta. 1761, 1169-1181, 2006

Hosaka, M., Watanabe, T., Sakai, Y., Kato, T., Takeuchi, T.: Interaction between secretogranin III and carboxypeptidase E facilitates prohormone sorting within secretory granules. J. Cell Science 118, 4785-4795, 2005

Hosaka, M., Suda, M., Sakai, Y., Izumi, T, Watanabe, T., Takeuchi, T.: Secretogranin III binds to cholesterol in the secretory granule membrane as an adapter for chromogranin A. J. Biol. Chem. 30, 3627-3634, 2004

Sakai, Y., Hosaka, M., Hira, Y., Harumi, T., Ohsawa, Y., Wang, H., Takeuchi, T., Uchiyama, Y., Watanabe, T.: Immunocytochemical localization of secretogranin III in the anterior lobe of male rat pituitary glands. J. Histochem. Cytochem. 51, 227-238, 2003

Hosaka, M., Watanabe, T., Sakai, Y., Uchiyama, Y., Takeuchi, T.: Identification of a chromogranin A domain that mediates binding to secretogranin III and targeting to secretory granules in pituitary cells and pancreatic β-Cells. Mol. Biol. Cell 13, 3388-3399, 2002

Hosaka, M., Hammer, R.E., Sudhof, T.C.: A phospho-switch controls the dynamic association of synapsins with synaptic vesicles. NEURON 24, 377-387, 1999

Hosaka, M., Sudhof, T.C.: Homo- and heterodimerization of synapsins. J. Biol. Chem. 274, 16747-16753, 1999

Hosaka, M., Sudhof, T.C.: Synapsin III, A novel synapsin with an usual regulation by Ca2+. J. Biol. Chem. 273, 13371-13374, 1998

Hosaka, M., Sudhof, T.C.: Synapsin I and II are ATP-binding proteins with differential Ca2+ regulation. J. Biol. Chem. 273, 1425-1429, 1998

Hosaka, M., Toda, K., Takatsu, H., Watanabe. T., Banno, T., Ikehara, Y., Murakami, K., Nakayama, K.: Differential effects of Brefeldin A on intracellular localization of ADP-ribosylation factors type 1 to type 6 (ARF1-ARF6) cloned from mouse. J. Biochem. (Tokyo) 120, 813-819, 1996

Hosaka, M., Murakami, K., Nakayama,K.: PACE4A is a ubiquitous endoprotease that has similar but not identical substrate specificity to other Kex2-like processing endoproteases. Biomed. Res. 15, 383-390, 1994

Hosaka, M., Nagahama, M., Kim, W.S., Watanabe, T., Hatsuzawa, K., Ikemizu, J., Murakami, K., Nakayama, K.: Arg-X-Lys/Arg-Arg motif as a signal for precursor cleavage catalyzed by furin within the constitutive secretory pathway. J. Biol. Chem. 266, 12127-12130, 1991

その他の論文は下記URLをご参考下さい。
http://www.akita-pu.ac.jp/bioresource/dbt/molb/mhosaka/

総説・著書
英文総説
Hosaka M, Watanabe T: Secretogranin III: a bridge between core hormone aggregates and the secretory granule membrane. Endocrine J. 57, 275-286, 2010

Takeuchi, T., Hosaka, M.: Sorting Mechanism of Peptide Hormones and Biogenesis Mechanism of Secretory Granules by Secretogranin III, a Cholesterol-Binding Protein, in Endocrine Cells. Curr. Diabetes Rev. 4, 31-38, 2008

日本語総説
飛田成史,吉原利忠,穂坂正博,竹内利行:りん光プローブの設計・開発に基づくin vivo 低酸素イメージング実験医学 30,1100-1106, 2012

飛田 成史、吉原 利忠、穂坂 正博、竹内 利行:りん光分子プローブを用いた癌環境イメージング−低酸素の可視化、Medical Science Digest 35, 538-541, 2009.

穂坂正博: ホルモンが分泌顆粒へ選別されるメカニズム、生化学(社団法人生化学) 79, 166-170, 2007

著書
生活習慣病最前線;北村忠弘、北川浩史、穂坂正博、小島至 著;上毛新聞社;2012年

群馬に多い病気(担当章:コレステロールは悪ものか?);小島至、伴野祥一、竹内利行、柴田宏、穂坂正博、久保原禅、山西哲郎、樋口剛、高橋久仁子 著;上毛新聞社;2007年

新時代への視点(担当章:コレステロールと分泌顆粒);大学教員による共著;上毛新聞社;2006年

学会活動

日本生化学会 会員(評議員)
日本生化学会東北支部(評議員)
日本細胞生物学会 会員
日本下垂体研究会 会員
日本分子イメージング学会 会員
The Endocrine Society 会員
北関東医学会 会員

社会活動

毎年1-2回程度、高校生と一般の方を対象としたセミナーで研究内容について講演しています。
2010年8月15日 テレビ番組 BS-TBS「サンデースコープ」で研究成果の紹介
2010年6月10日 テレビ番組 NHK「NHKニュースおはよう日本」で研究成果の紹介
2007年2月13日 『日経BP;群馬大学』で研究の紹介
2005年8月29日 上毛新聞で「ホルモン分泌」に関する研究の紹介

その他特記事項