秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
苅谷 哲朗の顔写真
氏名 苅谷 哲朗
フリガナ カリヤ テツロウ
学部 システム科学技術学部
学科 建築環境システム学科
職名 教授
学位 博士(工学)
Eメール t-kariya
生年月日 1957年1月20日生まれ

経歴

1980年3月 東京大学工学部建築学科卒業(工学士)

1980年4月 東京大学大学院工学系研究科建築学専門課程修士課程入学

1982年3月 東京大学大学院工学系研究科建築学専門課程修士課程修了(工学修士)

1982年4月 丹下健三・都市・建築設計研究所入社(建築家)

1991年4月 同(取締役設計担当)

丹下事務所奉職中、基本設計でのべ2ヶ月間サウジアラビア、実施設計・設計監理でのべ2カ年間フランスのパリに滞在。

1994年3月 同 退社

1994年4月 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程入学

1994年5月 空間計画研究所設立(建築家)

1994年10月 一級建築士事務所登録(管理建築士)

1998年3月 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程修了(博士(工学))

1999年10月 空間・計画研究所に改組(所長・建築家・管理建築士)

2010年4月 秋田県立大学システム科学技術学部建築環境システム学科(教授)/現職

受賞

1986年4月 丹下健三・都市・建築設計研究所チームの一員として参加し、東京都新庁舎指名設計設計競技・優勝案

1994年11月 金平真理子、津野恵美子、川鍋真理子と設計共同筆頭者として、癒しの場─地方都市に建つ小さなホスピス設計競技・佳作案

専門分野

設計分野:
建築設計、都市デザイン、都市計画、インテリアデザイン

研究分野:
建築計画学、及び建築デザイン学の中間領域(特に環境心理学、人間環境系倫理、等)

最近の研究テーマと内容

1)建築インタフェイス論
(建築の認知像に関する研究、黄金分割、丹下健三論)

2)家並みの記号空間
(日本の伝統的街並の表層構造の言語学的構造に関する研究)

3)「人間の集合に関する研究」
(公共空間における個人および集団の心理的領域に関する研究)

4)都市デザインと都市計画研究
(由利本荘市定住自立圏構想と都市マスタープランに関する検証研究)

5)人間─環境系倫理
(エントロピーから見た建築するという行為の課題に関する考察、
 QOLから見た建築するという行為の課題に関する考察)
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

1)建築設計、インテリアデザイン

2)都市デザイン、都市計画、

3)まちづくり、伝統的街並の保存再生

4)人間─環境系倫理(特に、地球レベルでの環境問題、および、QOL)

最近の招待・特別・基調講演題名

1)2007年5月 「人間環境系倫理」研究を巡って
(人間・環境学会大会、人間環境系倫理研究会ワークショップ、東京大学工学部)

2)2007年11月 日本建築家協会建築家大会2007東京 登録建築家展出展(東京駅)

3)2008年6月〜7月 UIA(国際建築家協会連合)2008トリノ大会、
New Horizon of Japanese Architecture展出展(トリノ)

主な特許

主な研究論文

1)建築的情景により伝達される情緒的意味に関する研究、2000年9月、日本建築学会計画系論文集(高橋鷹志、長澤泰と共著、筆頭者)

2)エントロピーから見た建築するという行為の課題に関する考察、2001年6月、日本建築学会計画系論文集(高橋鷹志と共著、筆頭者)

3)建築的情景を構成する立体角比の特性に関する考察、2001年8月、日本建築学会計画系論文集

4)建築的情景の階層構造と立体角比、2001年11月、人間・環境学会MERA Journal誌

5)立体角比と心理的負荷の相対性による黄金分割に関する考察、2002年1月、日本建築学会計画系論文集

6)建築立面の階層構造法による黄金分割に関する考察、2002年7月,日本建築学会計画系論文集

7)建築的情景の認知とその表現、2002年9月、人間・環境学会MERA Journal誌

8)仰角による短縮法に関する考察─丹下健三とプロポーションに関する研究その1─、2004年5月、日本建築学会計画系論文集

9)丹下健三の建築立面の階層構造法による黄金分割に関する考察─丹下健三とプロポーションに関する研究その2─、2004年8月、日本建築学会計画系論文集

10)東京都庁舎の立面の階層構造法による黄金分割に関する考察─丹下健三とプロポーションに関する研究その3─、2007年2月、日本建築学会計画系論文集

11)パーソナル・スペースを構築する立体角比と情緒的意味に関する考察─構築情報によるパーソナル・スペースに関する研究その1─、2007年3月、日本建築学会計画系論文集(高橋鷹志、西出和彦と共著、筆頭者)

12)人間と環境のインタフェイスとしての人間の視覚像─構築情報によるパーソナル・スペースに関する研究 その2─、2012年3月、日本建築学会計画系論文集(高橋鷹志、西出和彦と共著、筆頭者)

学会活動

日本建築家協会(正会員)、日本建築学会(正会員)、人間・環境学会(正会員)

1980年4月 日本建築学会・設計方法小委員会(オブザーバー)

1999年4月 日本建築学会・理念と方法WG(委員)

2005年3月 日本建築学会論文集委員会(査読委員)

2005年5月 人間・環境学会 人間環境系倫理研究会(幹事)

2007年5月 人間・環境学会 人間環境系倫理研究会(代表)

2008年5月 人間・環境学会 人間環境系倫理研究会(委員)

2009年10月 日本建築学会論文集委員会(査読委員)

2010年5月 人間・環境学会 出版委員会(プルーフ・リーダー)

2010年7月 日本建築学会論文集委員会(査読委員)

社会活動

1996年10月 自治体フェア’97準備委員会(委員)

2001年1月 ものつくり大学設立準備財団(建設工事監督支援業務)

2005年4月 静岡県・静岡文化芸術大学主催 第4期まちづくりリーダー養成講座

2006年4月 静岡県・静岡文化芸術大学主催 第5期まちづくりリーダー養成講座

2008年5月 カタール・ナショナル・マスター・プラン(シニアアーバンデザイナー)

その他特記事項

日本建築家協会登録建築家(第20400056号)、
一級建築士(第183394号)




作品/主な設計(空間・計画研究所)


LA CUPOLA(長野、別荘、1985〜1994)

癒しの場─地方都市に建つ小さなホスピス(設計競技案─佳作、長野、ホスピス、1994)

横浜港国際客船ターミナル(設計競技案、神奈川、交通施設、1995)

赤坂・紀の鳥(東京、店舗、1995)

吉祥寺の家(東京、住宅、1980〜1982)

東京都立第四商業高等学校便所改修工事(東京、学校建築、2001)

練馬区立練馬第二小学校給食室改修工事(東京、学校建築、2007〜2008)

練馬区立関町小学校学童クラブ室新築工事(東京、学校建築、2009)




作品/主な設計(丹下健三・都市・建築設計研究所)


GRAND ECRAN(フランス,パリ、複合建築、1984〜1992)

パリ・セーヌ左岸計画(フランス,パリ、都市開発、1990〜1994)

ミラノ・フィオーリ・マスタープラン(ミラノ、都市開発、1989〜1994)

キングサウド大学アルカシム・キャンパス(サウジアラビア、教育施設+集合住宅、1984〜1987)

ナポリ新都心計画、(イタリア、ナポリ、都市開発、1982〜1994)

ローマ新都心計画、(イタリア、ローマ、都市計画、1989〜1994)

東京都新庁舎、(東京、1985〜1991)

東京ドーム・ホテル・マスタープラン、(東京、商業施設、1992)

シャハラーム・タウン・センター(マレーシア、シャハラーム、都市開発、1983〜1985)

化学エネルギー公団業務地区・マスタープラン(イタリア,ミラノ、都市開発、1990〜1993)

バンダラセリベガワン市マスタープラン(ブルネイ、バンダラセリベガワン、都市計画、1985)




作品/主な設計(他事務所への設計協力)


日本たばこ東品川開発計画(東京、都市再開発、1997、アール・アイ・エー)

東洋大学千駄木外国人宿舎(東京、大学寮、2006〜2008、AYA設計計画)

カタール・ナショナル・マスタープラン(カタール、ドーハ、国土総合計画、2008、オリエンタル・コンサルタンツ)