秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
岡本 洋の顔写真
氏名 岡本 洋
フリガナ オカモト ヒロシ
学部 システム科学技術学部
学科 電子情報システム学科
職名 准教授
学位 博士(理学)
Eメール my-second-name
生年月日

経歴

1990 学士(理学)、東京工業大学、応用物理学科
1992 理学修士、東京工業大学、応用物理学専攻
1995 理学博士、東京工業大学、応用物理学専攻(超伝導単一電子デバイスの研究)
1996〜 COE 博士研究員、極高真空場ステーション、金属材料技術研究所(現在 物質材料研究機構)
1998〜 Rowland Postdoctoral Fellow, STM Laboratory, Rowland Institute for Science(現在 Rowland Institute at Harvard、米国)
2002〜 Oberassistent, Physik Institut, Universitaet Zuerich(スイス)
2006〜 准教授(研究専念教員)ナノメカニクス専攻、東北大学
2010〜 准教授、電子情報システム学科、秋田県立大学

受賞

なし

専門分野

応用物理学(低温、表面、微細デバイス)
顕微鏡(プローブ顕微鏡、電子顕微鏡)
機械工学(マイクロ静電エネルギー変換)
制御工学(とりわけ、量子制御)

最近の研究テーマと内容

構造生物学、従って最終的には医学に装置サイドから貢献することを目指し、量子テクノロジーを駆使した透過電子顕微鏡の開発を理論・実験両面から行っています。生物試料は電子線で損傷しやすいために、新しいアプローチが必要になります。
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

1.低温工学(20mKに到達する希釈冷凍機の製作経験あり。ステップ熱交換器はなかったので、最低温度はこのレベルでした。他に、液体窒素なしで2.5Lのヘリウムが48時間保持される超高真空クライオスタットも製作経験あり。)
2.プローブ顕微鏡(ヘリウム温度4.2Kで動作する超高真空2プローブトンネル顕微鏡という、かなり欲張った仕様の実験装置の製作経験あり。)
3.微小電気信号測定(例えば超伝導単一電子デバイスの測定経験あり。ただしμV、pAレベルまでです)
4.マイクロ加工技術(フォトリソグラフィー、電子ビームリソグラフィー、製膜、MEMS深堀りなどを含み、通り一遍ですがそれなりに。)

最近の招待・特別・基調講演題名

1.「静電型振動誘導発電のいくつかの話題」The 3rd microEMS in Sendai, 東北大学、2010年6月
2.「電顕における照射損傷の新しい軽減手法の可能性」第139回研究会、マイクロビームアナリシス第141委員会、早稲田大学、2010年2月
3.「低ドーズ電子顕微鏡法と量子情報科学の未来の関係」電顕技術開発若手研究部会、第3回ワークショップ、JFCC、2012年1月
4.「電顕における、照射損傷の大きな生物試料の分解能を改善する量子力学的アプローチ」産業科学ナノテクノロジーセンター 第3回若手セミナー、大阪大学産業科学研究所 2012年2月
5.「低ドーズ電子顕微鏡法と量子情報科学」画像科学シンポジウム・バイオイメージングフォーラム、自然科学研究機構、2012年3月(予定)

主な特許

1.「静電式エネルギー変換装置」、岡本、濱手、桑野(東北大学)出願中
2.「エレクトレット機械電気エネルギー変換装置およびその製造方法」、岡本、桑野(東北大学)特開2009-207344

主な研究論文

[1] H. Okamoto, K. Shimizu, and Y. Okuda, "Property of Supercurrent Flowing through Superconducting Single-Electron Transistors with Weak Charging Effect", Jpn. J. Appl. Phys., 35, L108 (1996).
[2] H. Okamoto, A. Itakura, T. Yakabe, and H. Nejoh, "Fabrication of Narrow Gold Wire Using Scanning Tunneling Microscopy", Jpn. J. Appl. Phys. 36, 3832 (1997).
[3] H. Okamoto and H. Nejoh, "Atomically flat gold film surfaces deposited on Si(111) surfaces at room temperature", J. Vac. Sci. Technol. B 16, 3013 (1998).
[4] H. Okamoto, D. Rogers, H. Nejo, H. Mizuno, and T. Naganuma, "Development of an Instrument for Surface Conductivity Measurements at m Scale Region in Ultra High Vacuum", Journal of Surface Analysis, 4, 328 (1998).
[5] Hiroshi Okamoto and Dongmin Chen, "A low-loss, ultrahigh vacuum compatible helium cryostat without liquid nitrogen shield", Rev. Sci. Instrum. 72, 1510 (2001).
[6] Hiroshi Okamoto and Dongmin Chen, "Method for navigating two scanning probes to a common point without additional microscopes", J. Vac. Sci. Technol. A 19, 1822 (2001).
[7] Hiroshi Okamoto and Dongmin Chen, "An ultrahigh vacuum dual-tip scanning tunneling microscope operating at 4.2K", Rev. Sci. Instrum. 72, 4398 (2001).
[8] Hiroshi Okamoto, Dongmin Chen, and Toshishige Yamada, "Competing Classical and Quantum Effects in Shape Relaxation of a Metallic Island", Phys. Rev. Lett. 89, 256101 (2002).
[9] Hiroshi Okamoto, Tatiana Latychevskaia, and Hans-Werner Fink, “A quantum mechanical scheme to reduce radiation damage in electron microscopy”, Appl. Phys. Lett. 88, 164103 (2006).
[10] Hiroshi Okamoto and Hans-Werner Fink, “A cryogenic low energy electron point source microscope”, Rev. Sci. Instrum. 77, 043714 (2006).
[11] Hiroshi Okamoto, “Noise suppression by active optics in low-dose electron microscopy”, Appl. Phys. Lett. 92, 063901 (2008).
[12] Hiroshi Okamoto, Teppei Onuki, and Hiroki Kuwano, “Improving an electret transducer by fully utilizing the implanted charge”, Appl. Phys. Lett. 93, 122901 (2008).
[13] Hiroshi Okamoto, Teppei Onuki, Sumito Nagasawa, and Hiroki Kuwano, “Efficient Energy Harvesting from Irregular Mechanical Vibrations by Active Motion Control”, IEEE/ASME Journal of Microelectromechanical Systems 18, 1420 (2009).
[14] Hiroshi Okamoto, Takafumi Suzuki, Kazuhiro Mori, Ziping Cao, Teppei Onuki, and Hiroki Kuwano, "The advantage and potential of electret-based vibration-driven micro energy harvesters", Int. J. Energy Res. 33, 1180 (2009).
[15] Hiroshi Okamoto, “Adaptive quantum measurement for low-dose electron microscopy”, Phys. Rev. A 81, 043807 (2010).
[16] Hiroshi Okamoto, "Possible use of a Cooper-pair box for low-dose electron microscopy", Phys. Rev. A 85, 043810 (2012).
[17] Hiroshi Okamoto, Yuichiro Hamate, Li Xu, and Hiroki Kuwano, "Optimal geometry of a parallelized electret-based vibration energy harvester", Smart Mater. Struct. 21, 065001 (2012).

学会活動

日本顕微鏡学会会員

社会活動

2010年、第3回夏休み科学教室「創造学習」において、小学生を対象に「電池の要らないライトを作ろう」を担当
その他、出前講義など

その他特記事項

ホームページ
https://sites.google.com/site/okamotohiroshisan/