秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
頼 泰樹の顔写真
氏名 頼 泰樹
フリガナ ライ ヒロキ
学部 生物資源科学部
学科 生物生産科学科
職名 助教
学位 博士
Eメール raihiro
生年月日 1976年6月29日生まれ

経歴

1995年3月 西大和学園高等学校 卒業
1995年4月 東京大学 理科粁燹‘学
1999年3月 東京大学農学部 応用生物化学専修 卒業
2001年3月 東京大学大学院農学生命科学研究科 応用生命化学専攻 修士課程卒業
2004年3月 東京大学大学院農学生命科学研究科 応用生命化学専攻 博士課程修了
2004年4月 東京大学大学院農学生命科学研究科 農学共同研究員                      (科学技術振興機構 CREST研究員)
2007年4月 東京大学大学院農学生命科学研究科 産学官連携研究員
2007年11月 東京大学大学院農学生命科学研究科 研究拠点形成特任研究員(GCOE)
2008年8月 秋田県立大学 生物資源科学部 生物生産科学科 植物栄養・肥料学講座 助教

受賞

専門分野

土壌学
土壌微生物学
植物生理学

最近の研究テーマと内容

土壌の有機物分解の機能解明のため、土壌から直接DNAやRNAを抽出して遺伝子を解析する技術を開発しています。このような分子生物学的な技法と質量分析などの最先端の分析技術を用いて、土壌の有機物分解や腐植化、アミノ酸などの有機態窒素の供給による作物の生育促進、高品質化についての研究を進めています。
また、安全な食糧を作る研究として、地域が抱えている問題のカドミウムについても、土壌から植物への重金属の移行の解明や分子生物学的に水稲のカドミウム吸収機構を調べ、カドミウムの吸収を低減させる技術開発の研究も行っています。
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

・土壌および植物の無機元素分析
・土壌微生物の生態、群集構造、難培養性微生物の遺伝的検出
・土壌からのDNA、RNA抽出、解析
・同位体を用いた土壌から植物へまたは植物体内の物質動態の追跡
・質量分析による植物体内での代謝追跡

最近の招待・特別・基調講演題名

主な特許

特願2004-020498 土壌からのDNAの回収方法
特願2005-517375(PCT / JP2004 / 011956) 環境サンプルからのDNAの回収方法
特願2006-293355 生体内情報をリアルタイムで画像化するためのシステム及び方法
特願2007-256033 生体内情報を画像化するためのツール及びその利用
特願2007-255947 核酸抽出用の組成物およびキット、ならびにこれらの利用
特願2007-255921 土壌から抽出したRNAの精製法

主な研究論文

・Development of real-time autoradiography system to analyze the movement of the compounds labeled by β-ray emitting nuclide in a living plant. 2008 Radioisotopes Hiroki Rai, Satomi Kanno, Yoshitake Hayashi, Tomoyuki Ohya, Naoto Nihei, Tomoko.M.Nakanishi
・Development of a Fluorescent Microscope Combined with a Real-time Autoradiography System. 2008 Radioisotopes Hiroki Rai, Satomi Kanno, Yoshitake Hayashi, Naoto Nihei, Tomoko.M.Nakanishi
・Imaging Analysis of Direct Alanine Uptake by Rice Seedlings 2008 Radioisotopes Naoto Nihei, Sayaka Masuda, Hiroki Rai, Tomoko.M.Nakanishi
・Effect of rhizosphere pH condition on cadmium movement in a soybean plant. 2008 Journal of Radioanalytical Nuclear Chemistry Tomoyuki Ohya, Keitaro Tanoi, Hiroshi Iikura, Hiroki Rai, Tomoko.M.Nakanishi

学会活動

日本土壌肥料学会
日本植物生理学会
日本微生物生態学会

社会活動

その他特記事項