秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
谷口 吉光の顔写真
氏名 谷口 吉光
フリガナ タニグチ ヨシミツ
学部 生物資源科学部
学科 生物環境科学科
職名 教授
学位 博士(農学)
Eメール tani
生年月日

経歴

1979年3月   上智大学文学部フランス文学科卒業
1983年3月   上智大学文学部社会学科卒業
1985年3月   上智大学大学院文学研究科社会学専攻博士前期課程修了
1990年3月   上智大学大学院文学研究科社会学専攻博士後期満期退学
1991年10月  秋田県立農業短期大学農村生活学科講師
1996年4月   同 助教授
1996年8月〜  
1997年1月   アメリカ・ワシントン州立大学農村社会学科客員研究員
1999年4月   秋田県立大学短期大学部生物生産学科農学専攻助教授
2000年4月   秋田県立大学生物資源科学部生物環境科学科助教授
2002年3月   東京農工大学大学院連合農学科より博士(農学)取得
2006年4月   公立大学法人 秋田県立大学生物資源科学部生物環境科学科准教授
2007年4月   公立大学法人 秋田県立大学地域連携・研究推進センター教授(兼 生物資源科学部生物環境科学科教授)

受賞

2013年8月29日 代表を務めるNPO法人 地産地消を進める会が平成25年秋田県特別表彰を受賞

専門分野

環境社会学、農業食料社会学

最近の研究テーマと内容

【大量生産大量消費社会から持続可能な社会への転換】
私が最も力を入れて考えているのは、20世紀に世界を席巻した「大量生産・大量消費社会」(mass-production and mass-consumption society)の進行に歯止めをかけて、「持続可能な社会」(sustainable society)への転換の道筋をつけることです。 ところで持続可能な社会とはどんな社会でしょうか。これについてはさまざまな見解があると思いますが、私の立場は次のような議論の延長上にあります。すなわちメドウズらの「成長の限界」から始まり、槌田敦の「開放定常系としての地球」、室田武の「水土の経済学」、玉野井芳郎の「生命系の経済学」、エキンズらの「リビングエコノミー」、鶴見和子の「内発的発展論」、多辺田政弘の「コモンズの経済学」、最近では広井良典の「定常型社会」やラトゥーシュの「脱成長」などです。 こうした先人に学びながら、私は持続可能な社会の原則について考えてきたが、それはおよそ次のような原則で運営される社会だと考えています。
1.社会の仕組みや人間の行動の良否はまずそれが長期間(3世代くらい)続けられるかどうかで判断される。
2.地域の環境容量を超える物質やエネルギー消費をしない。環境容量の限度内で暮らす。
3.地域の物質循環・生命循環に基づいて暮らす。
4.人と物の移動は最小限に。しかし情報の移動は制限しない。
5.貨幣経済の比重が低く、互酬経済の比重が高い。
6.心やたましいのつながりを尊ぶ。
こうした原則を実現するのは都市部よりは農山漁村の方がはるかに容易です。だから私は持続可能な社会の中心は農山漁村になると信じています。 少しでも環境意識を持った人ならこうした原則に賛同してくれるでしょう。しかし、これを現実に適用しようとすればとてつもない困難にぶつかります。なぜならグローバルレベルや国家レベルの政策決定は相変わらず経済成長とグローバル経済化などの固定観念にどっぷり漬かっているからです。あれほど悲惨な被害をもたらした原発災害が起こったにも拘わらず、安倍政権がこれからも原発を推進しようとしていることや、地球温暖化対策にまったく関心を持っていないように見えることも、このギャップを示す例と言えます。 いずれこの未来社会のビジョンをめぐって大きな社会的・政治的論争が生じるでしょう。それが生産的な議論になるように、私たち研究者も未来のビジョン構築に積極的に参加しなければならないと思います。
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

(1)持続可能な地域づくり
キーワード:成長の限界、持続可能性、脱成長、ローカリゼーション、男鹿半島、農山漁村、ジオパーク、生業、自給的暮らしなど

(2)地産地消と有機農業
 キーワード:地場生産地場消費、有機農業、自然農法、オーガニックフェスタ、食の安全・安心、生産者と消費者の交流、産直、田んぼの生きもの調査など

(3)住民主体の八郎湖再生
キーワード:環境学習、住民活動、植生再生、水田濁水の削減、潟の食文化の復活、八郎太郎伝説、アニミズム、環境NPOなど

(4)再生可能エネルギーを生かした地域づくり
キーワード:脱原発、風力、太陽光、太陽熱、地熱、小水力、バイオマス、薪、FIT(固定価格買い取り制度)、市民出資、エネルギーの地域自主管理など

最近の招待・特別・基調講演題名

■2017年度
(1)「地域の食を仕事づくりにつなげる」、地産地消を進める会 トヨタ財団助成事業成果フォーラム(エリアなかいち、秋田市)、2017.4.16.
(2)「エコと地産地消の深いつながり」、秋田エコマイスター県央協議会総会(ビューホテル、秋田市)、2017.4.22.
(3)「有機農業を地域にどうつなげるか」、福島県有機農業ネットワーク総会(二本松市、福島県)、2017.5.18.
(4)「まちづくりの視点」、つむぎすと養成講座(秋田市中央市民サービスセンター、秋田市)、2017.6.22.
(5)「活動企画の立て方」、つむぎすと養成講座(秋田市中央市民サービスセンター、秋田市)、2017.7.6.
(6)「有機農業に関する最近の話題」、大潟村有機農業推進協議会(JA大潟村、大潟村)、2017.7.28
(7)「あきたの新しい可能性はどこに:地域起こし協力隊の若者から学ぶ」、秋田南秋テクノフォーラス研修会(天王グリーンランド、潟上市)、2017.11.8.
(8)「トランジションと能代」、トランジション講座(能代松陽高校、能代市)、2017.11.9.
(9)「日本農業の再編を考える6つの視点」、北海道・東北ブロック国際化対応営農研究会(秋田県庁、秋田市)、2017.11.24.
(10)「農村のあり方を考える:移住者とのつきあいから学ぶ」、三浦利通後援会陽春研修会(鵜野公民館、男鹿市)、2018.2.25.
(11)「八郎潟・八郎湖学とは?」、八郎潟・八郎湖学研究会 設立記念の集い(農業環境改善センター、八郎潟町)、2018.3.10.

■2016年度
(1) 「地域の食で人と人をつなぐ仕組み」をどうしたら事業化できるか、トヨタ財団2014年度国内助成プログラム中間報告会(新宿三井ビル大会議室)、2016.4.14.
(2) 学生として心得ておくべきこと、学生のための災害ボランティア講座(カレッジプラザ)、2016.5.28.
(3) 持続可能な社会のモデルをこの地に創る!、男鹿市倫理法人会モーニング経営セミナー(男鹿市建設協会)、2016.6.1.
(4) 地域の食で育てる健康な心と体、五城目町食育推進会議(五城目町役場)、2016.6.23.
(5) 「豊かな男鹿」で生きる、株式会社寒風社員研修会(男鹿市脇本公民館)、2016.7.1.
(6) 食と農の地殻変動をどうとらえるか、パルシステム生産者消費者協議会幹事合宿(ホテル聚楽お茶の水、東京都)、2016.7.22.
(7) 産直産地第2世代の課題、パルシステム生産者消費者協議会東北北海道ブロック会議(ホテルサンルーラル大潟)、2016.9.5.
(8) 遺伝子組み換えと生協産直の間、パルシステム生産者消費者協議会青年農業者交流会(オークラフロンティアホテルつくば、茨城県)、2016.11.10.
(9) 能代の食の未来像を描く:トランジションワークショップの報告、第17回地球研地域連携セミナーin能代(プラザ都、能代市)、2016.12.5.
(10) 最近の有機農業の情勢について、秋田県有機農業推進協議会総会(秋田県立大学)、2017.3.12.
(11) なぜ今、対話型技術開発が求められるのか?、農林水産業・食品加工業の活性化に向けた研究機関等連携推進フォーラム(秋田市文化会館)、2017.3.17.

■2015年度
(1)「農業再編期における農業法人の役割」、秋田県農業法人協会若手会全体会(協働大町ビル、秋田市)、2015.6.23.
(2)「地域の食で育てる 健康な心と体」、秋田県学校保健研究大会(キャッスルホテル能代、能代市)、2015.8.2.
(3)「持続可能な社会を実現するために今できること」、秋田県小学校生活科・総合的な学習教育研究協議会(潟上市出戸小学校、潟上市)、2015.8.18.
(4)「研究サイクル、研究プロジェクトと研究費」、聖園学園短期大学職員研修会(聖園学園短期大学、秋田市)、2015.8.27.
(5)「オーガニックフェスタの可能性、第4回野菜流通研究会」(日本農業法人協会、大潟村)、2015.8.27.
(6)「失われた過去の価値をどのように再構築するか:秋田県での研究と実践の経験から」、「篤農家」研究会(干拓博物館、大潟村)、2015.10.25.
(7)「農業後継者世代の課題」、青年農業者交流会(パスシステム生産者消費者協議会、東京都)、2015.11.12.
(8)「有機農業について、地産地消について」、未来農業のフロンティア育成研修(秋田県農業試験場、秋田市)、2016.1.26.
(9)「持続可能な活動とは?:つむぐことから見えるもの」、つむぎすと講座(アルヴェ、秋田市)、2016.2.2.
(10)「八郎湖流域におけるヨシ利用復活の可能性に関する研究」、男鹿市道村水保全友の会(道村地区コミュニティセンター、男鹿市)、2016.2.14.
(11)「エコライフと地産地消の深いつながり」、快適エコライフ実践講座(鹿角市文化の杜交流館コラッセ、鹿角市)、2016.3.1.
(12)「生産現場のニーズに直結した技術開発に向けて」、農林水産業・食品加工業の活性化に向けた研究機関等連携推進フォーラム(秋田市文化会館、秋田市)、2016.3.16.

■2014年度
(1)「講義とワークショップ『完全な文章で話す』」、第3回自主ゼミセレン3(秋田県立大学)、2014.4.5.
(2)「講義とワークショップ『意見表明』」、第4回自主ゼミセレン3(秋田県立大学)、2014.5.10.
(3)「農と食と健康をつなぐ地産地消」、第66回秋田県病院給食協議会研修会、(ホテルグランドパレス秋北、大館市)、2014.6.7.
(4)「オーガニックフェスタの可能性」、秀明自然農法研究センター(滋賀県)、2014.6.8.
(5)「講義とワークショップ『割り込むタイミングをつかむ』」、第5回自主ゼミセレン3(秋田県立大学)、2014.6.20.
(6)「日本農業再編期における生協産直の課題」、パルシステム生産者消費者協議会幹事会(ゆうぽうと五反田、東京都)、2014.7.18.
(7)「いのちのつながりの中で食べる:学校給食と地産地消のこれからを考える」、第57回秋田県学校給食研究協議大会(ホテルサンルーラル大潟、大潟村)、2014.7.30.
(5)「講義とワークショップ、『議論を突き詰める』」、第6回自主ゼミセレン3(秋田県立大学)、2014.8.6.
(6)「講義とワークショップ、『論点を意識する、論点を追う、論点を浮き彫りにする』」、第7回自主ゼミセレン3(夕陽温泉WAOコテージ村)、2014.9.21-22.
(7)「産直の力を発揮するには」、パルシステム青果フォーラム(パルシステム、東京都)、2014.10.16.
(8)「いのちのつながりの中で食べる」、由利本荘・にかほ地域生徒指導研究推進協議会(西目公民館シーガル、由利本荘市)、2014.11.11.
(9)「講義とワークショップ『議論の種類』」、第8回自主ゼミセレン3(秋田県立大学)、2014.11.14.
(10)「つながりを作り出す食のあり方とは」、秋田県生涯学習センター(秋田市)、2014.11.19.
(11)「講義とワークショップ『「議論の種類(続き)』」、第9回自主ゼミセレン3(秋田県立大学)、2014.12.20.
(12)「地域の食で育てる健康な心と体」、食育推進リーダー等情報交換会(秋田県第2庁舎、秋田市)、2015.1.28.
(13)「オーガニックフェスタの可能性」、農を変えたい!東北集会in宮城(東北大学、宮城県)、2015.1.31.
(14)「地域の食のレストラン」、農を変えたい!東北集会in宮城(東北大学、宮城県)、2015.1.31.
(15)「講義とワークショップ『パネルディスカッション』」、第10回自主ゼミセレン3(秋田県立大学)、2015.2.14.

■2013年度
(1) 「復興歌の歌詞の意味」、特別授業「復興歌を学ぶ」(男鹿市五里合小学校)、2013.5.1.
(2)「オーガニックフェスタについて」、第1回ふくしまオーガニックフェスタ実行委員会(二本松市文化センター、福島県二本松市)、2013.7.10.
(3)「パルシステムと産地の課題」、パルシステム東北・北海道ブロック会議(よこてシャイニーズパレス、横手市)、2013.7.11.
(4)「Japanese Agriculture: A Long Term Trend」、特別授業「グローバルスタディーズ留学プログラム」(国際教養大学)、2013.7.12.
(5)「パルシステム産直の理念・独自性・今後の方向」、パルシステム生産者消費者協議会幹事会(東京)、2013.7.19.
(6)「エネルギー転換と地域間連携」、にかほ市と生活クラブの連携推進フォーラム(にかほ市総合福祉交流センター、にかほ市)、2013.8.25.
(7)「八郎湖に関する環境学習の素材について」、潟上市・南秋田郡教育委員会理科部会(羽城中学校、潟上市)、2013.9.4.
(8)「地域の食のレストラン」、農と地域の“応縁”交流会(カフェラテ、秋田市)、2013.9.10.
(9)「できるだけ時間をかけずに最もよい英語表現にたどり着くにはどうしたらいいか:理論と実践」、Good Catchワークショップ(秋田県立大学)、2013.9.20.
(10)「高橋良蔵さんの農民運動とのつながりを求めて」、労農市民会議(アルヴェ、秋田市)、2013.10.3.
(11)「第2期有機農業推進基本方針の主な変更点」、秋田県有機農業推進協議会学習会(チャレンジオフィスあきた、秋田市)、2013.11.27.
(12)「第2期有機農業推進基本方針の主な変更点」、勉強会「元気な土作り」(JA大潟村、大潟村)、2013.12.18.
(13)「講義とワークショップ『言葉』」、第1回自主ゼミセレン3(秋田県立大学)、2014.1.5.
(14)「講義とワークショップ『概念』」、第2回自主ゼミセレン3(秋田県立大学)、2014.2.11
(15)「産直産地の強みを活かした農業の進め方」、庄内産直ネットワーク総会(山形県鶴岡市)、2014.2.15.
(16)「オーガニックフェスタの可能性」、農を変えたい!東北集会in福島、(はまなす館、福島県相馬市)、2014.3.2.
(17)「根を張ること:農から社会を立て直すために」、大仙・美郷・仙北平和運動連絡会(仙北教育会館、大仙市)、2014.3.16.

主な特許

主な研究論文

・谷口吉光、「地域の食」を守り育てる、無明舎出版、2017.
・谷口吉光・畠山順子(対談)、「秋田のNPOの現状と課題そして未来」、かだれ、5月号、3-5.
・谷口吉光、自著紹介「地域の食を守り育てる」、土と健康、No.477:28、2017.11.25
・桝潟俊子・谷口吉光・立川雅司編著「食と農の社会学」の中国語版が出版、2016.6.1.
・谷口吉光、総括、大潟村編『日本農業農村の未来へ:大潟村の提言』、農林統計協会、2016、245-250.
・谷口吉光・榊田みどり、岐路に立つ地域農業の維持・発展のために、有機農業参入促進協議会編『有機農業を始めよう!地域農業の維持発展のために』、2016.3.31
・谷口吉光、オーガニックフェスタにおける生産者と消費者の交流、同上
・谷口吉光、持続可能な社会の原則、AFCフォーラム、2015年3月号、1.
・桝潟俊子・谷口吉光・立川雅司編著、『食と農の社会学』、ミネルヴァ書房、2014.
・谷口吉光、オーガニックフェスタ:有機農業を起点にして生産者と消費者の輪を広げる、一般社団法人CSOネットワーク編『地域の内発的復興・発展』、一般社団法人CSOネットワーク、2014、64.
・谷口吉光・石川久悦、2013、「住民と行政の協働による八郎湖の湖岸植生再生の試み:『八郎太郎プロジェクト』の事例」、『八郎湖流域管理研究』、第3号、73-80.
・谷口吉光、2013、「秋田県立大学の教員による多彩な地域貢献活動」、『秋田県立大学ウェブジャーナルA』、iv-vii.
・谷口吉光、2012、「リサイクル」、大澤真幸他編『現代社会学事典』、弘文堂、1313.
・谷口吉光・小松田儀貞、2012、「八郎湖流域住民の意識と八郎湖再生の方向」、『八郎湖流域管理研究』、第2号、69-84.
・谷口吉光、2012、書評「有機農業による社会デザイン」、『農業と経済』、Vol.78(5)、116.
・谷口吉光・古沢広祐、2012、「原発災害に直面した有機農業の課題」、『有機農業研究』、4巻、1・2合併号、5-7.
・谷口吉光、2012、書評「放射能に克つ農の営み」、『有機農業研究』、第4巻第1・2合併号、109-111.
・谷口吉光、2011、「循環型社会の原論的把握と環境社会学への示唆」、『環境社会学研究』、Vol.15、96-110.
・谷口吉光、2011、「有機農業の新規就農の実態と課題」、『平成22年度 生産環境総合対策事業 有機農業総合支援事業(有機農業参入促進事業)報告書』、57-61.
・Taniguchi, Y. and Tachikawa, M., 2011, 'Disaster in Japan: An Interim Report', "Agriculture and Food", Vol.5-1, 3-5.
・Yoshimitsu Taniguchi, Satoru sato, 2011, 'Japanese Proceeding on Sustainable Development of Tidal Areas', "Towards and Integrated Decision Support Framework", Japanese Association of ICID, 171-181.
・谷口吉光・古沢広祐、2011、「座長解題:セッションに関する問題提起」、『第12回日本有機農業学会大会資料集』、1-4.
・谷口吉光、2011、「秋田発オーガニックフェスタを始めよう!」、オーガニックフェスタinあきた実行委員会
・谷口吉光、2011、「研究レビュー:大潟村における環境保全型農業の展開」、『八郎湖流域管理研究』、1、66-69.
・谷口吉光、2011、「有機農業第II世紀の研究の地平を拓いた意欲作」、『総合農学研究所レポート No.6』、総合農学研究所、66-69.
・谷口吉光、2011、「『オーガニックフェスタinあきた』における生産者と消費者の信頼形成の試み」、『有機農業への消費者の理解増進調査報告』、52-57.
・谷口吉光、2011、「オーガニックフェスタinあきたは、こうして始まりました」、『オーガニックフェスタinあきた2010報告書』、2-5.
・谷口吉光、2011、「坂の下の桃源郷:持続可能な社会における農業・農村の姿とは」、『生活協同組合研究』Vol.422、38-48.
・谷口吉光、2011、「八郎湖の再生をめざす活動:多様な団体が専門性を活かして協働」、『秋田県 協働のモデル集』、46-47.
・谷口吉光、2011、「男鹿半島 神の魚ハタハタ地点復活プロジェクト」、『秋田県 協働のモデル集』、40-41.
・谷口吉光、2010、「有機農業を理解するためのブックガイド」、中島紀一他編著『有機農業の技術と考え方』コモンズ、286-293.
・谷口吉光、2010、「八郎湖干拓」、環境総合年表編集委員会編『環境総合年表』、すいれん舎、238.
・谷口吉光、2010、「廃棄物管理とリサイクル一般」、環境総合年表編集委員会編『環境総合年表』、すいれん舎、305.
・谷口吉光、2010、「牛乳パックのリサイクル」、環境総合年表編集委員会編、『環境総合年表』、すいれん舎、307.
・谷口吉光、2010、「グローバル農業食料システムに対抗するオルタナティブを求めて:農業食料社会学の研究動向」、『有機農業研究』第2巻第2号、60-64.
・谷口吉光、2010、「秋田県における地産地消の現状に関する調査研究報告書」
・谷口吉光、2010、「八郎湖再生新時代」、『第3回八郎湖の再生を考える集い報告書』、NPO法人あきたパートナーシップ、28-40.
・谷口吉光、2010、「有機農業を東北全体に広げています」、全国有機農業推進協議会編『全国の北から南まで:地域にひろがる有機農業』、18-19.
・天野荘平・谷口吉光、2010、解説と編集「八郎潟と八郎太郎:八郎太郎信仰と伝説の地を訪ねて」
・谷口吉光、2009、「有機農業の社会的発展と生協産直」、『農業と経済』、Vol.57(4)、162-170.
・谷口吉光、2009、「食の安全・安心」、鳥越皓之・帯谷博明編著『よくわかる環境社会学』、ミネルヴァ書房、75.
・谷口吉光、2009、「3つのR」、鳥越皓之・帯谷博明編著『よくわかる環境社会学』、ミネルヴァ書房、95.
・谷口吉光、2009、「八郎湖再生新時代に向けて」、『雪国環境研究』、青森大学雪国環境研究所、第15号、12-22.
・谷口吉光、2009、「海外公開確認会の重要性」、『2009年第2回フィリピンATC公開確認会報告集』、パルシステム生活協同組合連合会、32-34.
・谷口吉光、2008、「『農民の自立』を生涯のテーマにした伊藤幸吉さん」、『伊藤幸吉:百姓自立への道を歩み続けた男』、「伊藤幸吉さんを偲ぶ会」実行委員会、60-62.
・谷口吉光、2009、「総合討論:八郎湖再生のために私達は何をするべきか、何ができるのか」、水環境ネット東北編『第2回八郎湖の再生を考える集い報告書』(環境省東北地方環境事務所発行)、21-24.
・谷口吉光、2009、「八郎湖再生新時代に向けて」、『雪国環境研究』、青森大学雪国環境研究所、15号 、12-22.
・谷口吉光、2006、「2006年度版:大潟村農業・環境データブック」、大潟村環境創造21、4-7・13・16・39・52-53・55.
・谷口吉光、2005、「環境創造型農業による村づくりを目指す秋田県大潟村」、『戦後日本の食料・農業・農村(9)農業と環境』、農林統計協会、347-362.
・谷口吉光、2005、「大規模稲作地域における競争的農業経営の確立と持続的地域発展の葛藤:秋田県大潟村を事例として」、『農業問題研究』、57号、22-29.
・Taniguchi,Y. , S.Sato, 2004, 'A participatory approach for building sustainable rice farming systems in the reclaimed farmland of Ogata, Japan', The proceedings"Rice is life:scientific perspectives for the 21st century", 66.
・谷口吉光、2005、「『食の安全』の追求は農業・農村にどのような影響を与えているか:食品安全政策の転換を中心に」、日本村落研究学会編『消費される農村:ポスト生産主義下の新たな農村問題』、農文協、67-94.
・谷口吉光、2004、「日本農業を守る産直をめざして」、仲村陽一・21世紀コープ研究センター編著『21世紀生協論』、186-204.
・谷口吉光、2003、「20世紀末・産直産地の全国動向」、『日本の農業:自立を目指す農民たち』財団法人農政調査委員会、116-143.
・谷口吉光、2003、「秋田県における地産地消の取り組み」、『東北農業経済研究』、第21巻第2号、20-25.
・谷口吉光、2001、「日常生活と環境問題:リサイクルの日米比較」、船橋晴俊編『講座環境社会学第2巻:加害・被害と解決過程』、207-233.
・谷口吉光、2000、「環境ボランティア・NPOの社会学」、鳥越皓之編『守る環境ボランティア:与野市のリサイクル・システムにおける自治会の役割』、新曜社、23-41.
・谷口吉光・堀田恭子・湯浅陽一、2000、「地域リサイクル・システムにおける自治会の役割」、『環境社会学研究』、Vol.6、178-190.
・Raymond A. Jussaume Jr., Hisano Shuji, Taniguchi Yoshimitsu, 2000, 'Food Safety in Modern Japan', "Japanstudien", Band 12, 211-228.
・谷口吉光、1997、「生産者と消費者の協同に基づく有機農産物基準作りの試み」、『農:英知と進歩』、財団法人農政調査委員会、2-30.
・谷口吉光、1996、「住民のリサイクル行動に関する機会構造論的分析:日米比較調査をもとに」、『環境社会学研究』、Vol.2、109-121.
・谷口吉光、1991、「有機農業運動の地域的展開:山形県高畑町の実践から」、松村和則・青木辰司編『高畠有機農業運動の課題と展望:提携消費者グループの高揚と停滞』、家の光協会、213-233.

学会活動

環境社会学会
日本有機農業学会(理事)
東北農業経済学会
International Sociological Association (ISA)
ISA Research Committee 40 (Sociology of Agriculture and Food)

社会活動

外部機関の委員
(1)大潟村余水対策促進協議会委員、2007.4.1〜2015.3.31.
(2)大潟村農地・水・環境保全向上対策推進会議委員、2007.4.1〜
(3)秋田県資源リサイクル・医療関連地域産業活性化協議会委員、2008.11.26〜
(4)秋田県有機農業推進計画策定会議委員、2009.3.12〜
(5)あきた新エネルギー研究会幹事、2011.6.13〜
(6)有機農業学会・有機農業政策提言グループ」代表、2012.5.10〜2015.12.7.
(7)国営土地改良事業事後評価に係わる第三者委員、2014.4.1.〜
(8)大潟村創立50周年記念連続フォーラム実行委員、2013.12.18〜2015.3.31.
(9)秋田県ICT委員会アドバイザー、2014.5.8〜
(10)秋田県生涯学習審議会委員、2014.9.1〜2016.8.31.

社会活動
(1) NPO法人 地産地消を進める会代表理事
(2) パルシステム生産者消費者協議会アドバイザー
(3) NPO法人 民間稲作研究所理事
(4) 秋田県有機農業推進協議会アドバイザー
(5) 「農を変えたい 東北集会 in 宮城」実行委員
(6) 東北有機農業推進協議会アドバイザー
(7) N. S. Club アドバイザー
(8) 「農を変えたい! 全国運動」幹事
(9) 有機農業地域連携推進会議理事
(10) NPO法人 あきた地域資源ネットワーク理事
(11) NPO法人 はちろうプロジェクト副代表理事
(12) 環八郎湖市民ネットワーク副代表
(13) あきた産デーフェア出展者協議会理事
(14)「災害ボランティア活動支援ネットワークあきた」共同代表


その他特記事項

環境社会学研究室のホームページはこちらです。
http://www.akita-pu.ac.jp/bioresource/dbe/eco/taniguchi/index.html