秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
川島 洋人の顔写真
氏名 川島 洋人
フリガナ カワシマ ヒロト
学部 システム科学技術学部
学科 経営システム工学科
職名 准教授
学位 博士(工学)
Eメール kawashima
生年月日 1976年11月18日生まれ

経歴

1995年3月 神奈川県私立鎌倉学園高校 卒業
2000年3月 横浜国立大学工学部物質工学科 卒業
2002年3月 横浜国立大学大学院工学研究科修士課程 修了
2003年10月 横浜国立大学環境情報学府環境マネージメント専攻 博士課程後期2年中退

2003年11月 秋田県立大学システム科学技術学部 助手
2006年4月 秋田県立大学システム科学技術学部 助教
2016年4月 秋田県立大学システム科学技術学部 准教授

2013年7〜9月 GEOTOP(UQAM), カナダ,Visiting Scholar
2014年8〜9月 GEOTOP(UQAM), カナダ,Visiting Scholar
2015年8〜9月 スタンフォード大学, 米国,Visiting Scholar
2016年8〜9月 デュースブルグエッセン大学, ドイツ,Visiting Scholar

受賞

菊池奈美, 川島洋人(2010), 大気環境学会ベストポスター賞
(http://www.akita-pu.ac.jp/columnitem.htm?serial_no=161)
川島洋人(2010), 大気環境学会地域奨励賞
Aya Miura, Nami Kikuchi, Hiroto Kawashima, Akihiro Kijima, Arimune Munakata(2011), Best Poster award, International Conference on Fish Telemetry

専門分野

環境科学,環境同位体学,環境鑑識学,大気汚染,発生源解析

最近の研究テーマと内容

環境中の有害化学物質の安定同位体比を利用した発生源解析,新たな同位体分析装置の開発
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

最近の招待・特別・基調講演題名

川島洋人(2016), 環境リスク研究における有害化学物質の発生源解析,PM2.5,農薬混入事件について,第58回全国水道週間記念講演会,由利本荘市
Hiroto Kawashima(2015), Source Apportionment for Aerosol, VOCs and Pesticide using IRMS (Isotope Ratio Mass Spectrometry), University of Dhaka, Bangladesh
川島洋人(2013), 発生源を探る:安定同位体比用いた有害化学物質の起源推定の研究,あきた産学官連携フォーラム2012・産学官交流プラザ,秋田県
川島洋人(2011), 発生源を探る:安定同位体比用いたアプローチの可能性, 「近年の軽元素安定同位体の環境鑑識学的利用について」, 第18回リスク評価勉強会, 独立行政法人産業技術総合研究所安全科学研究部門

主な特許

主な研究論文

Nana Suto, Hiroto Kawashima(2016), Global mapping of carbon isotope ratios in coal, Journal of Geochemical Exploration, vol.167, pp.12-19
Takeshi Kinase, Kazuyuki Kita, Yoshimi Ogawa, Kumiko Goto Azuma, Hiroto Kawashima(2016), Influence of the melting temperature on the measurement of the mass concentration and size distribution of black carbon in snow, Atmospheric Measurement Technique, vol.9, pp.1939-1945
Hiroto Kawashima, Takuro Kariya(2016), Use of stable carbon isotope ratios to determine the source of cypermethrin in so-called natural plant extract formulations used for organic farming, Isotopes in Environmental and Health Studies, 10 page, doi.10.1080/10256016.2016.1164697
Nana Suto, Hiroto Kawashima(2015), Stable carbon isotope ratio for sugar, amino acid, and caffeine by liquid chromatography/isotope ratio mass spectrometry, Procedia Earth and Planetary Science, vol.13, pp.181-184
Hiroto Kawashima(2015), The fractionation factors of hydrogen stable isotopes for VOCs, Procedia Earth and Planetary Science, vol.13, pp.185-188
Hiroto Kawashima(2015), The measurement of stable carbon isotope ratios of eight methamidophos samples, Journal of Forensics Science, Volume 60, Issue 5, Pages 1360-1364
川島洋人(2014),同位体比の環境科学への適用−第2講 安定同位体比による発生源解析−,大気環境学会誌,vol.49, pp.A47-A57
Hiroto Kawashima, Mai Murakami(2014), Measurement of the stable carbon isotope ratio of atmospheric volatile organic compounds using chromatography, combustion, and isotope ratio mass spectrometry coupled with thermal desorption, Atmospheric Environment, vol.89, pp.140-147
川島洋人(2014),浮遊粒子状物質のアンモニウムイオン,硝酸イオンの生成機構の解明と起源の推定,エアロゾル研究,vol.29, pp.110-116
Nami Kikuchi, Hiroto Kawashima(2013), Hydrogen isotope analysis of benzene and toluene emitted from vehicles, Atmospheric Environment, vol.72, pp.151-158
Hiroto Kawashima, Yuya Haneishi(2012), Effects of combustion emissions from the Eurasian continent in winter on seasonal δ13C of elemental carbon in aerosols in Japan, Atmospheric Environment, vol.46, pp.568-579
Hiroto Kawashima, Takahiro Kurahashi(2011), Inorganic ion and nitrogen isotopic compositions of atmospheric aerosols at Yurihonjo, Japan; Implications for nitrogen sources, Atmospheric Environment, vol.45, pp.6309-6316
Hiroto Kawashima, Yasuhiro Katayama(2010), Source Evaluation of Diazinon using Stable Carbon Isotope Ratio, Environmental Forensics, vol.11, pp.363-371
Takahiro Kurahashi, Hiroto Kawashima(2009), Source indentificaion of suspended particulate matter in the atmosphere using nitrogen isotopic ratio, Proceedings of the 6th Asian Aerosol Conference, 6p.(in CD-ROM)
Kazuya Suzuki, Hokuto Yoshikawa, Mari Nakamura, Hiroto Kawashima, Masafumi Tamada, Shigeki Masunaga(2007), Bioaccumulation of dioxins in terrestrial food chain: concentrations of dioxin congeners and trophic level, Organohalogen Compounds, Vol.69, pp.1467-1470
Hiroto Kawashima, Minami Shigeki, Hanai Yoshimichi, Fushimi Akihiro(2006), Volatile organic compounds emission factors from roadside measurements, Atmospheric Environment, Vol.40, pp.2301-2312
Akihiro Fushimi, Hiroto Kawashima, Hideo Kajihara(2005), Source Apportionment based on Atmospheric Dispersion Model and Multiple Linear Regression Analysis, Atmospheric Environment, Vol.39, pp.1323-1334
Hiroto Kawashima, Minami Shigeki, Hanai Yoshimichi, Fushimi Akihiro(2005), Determination of the emission factors of individual volatile organic compounds from roadside measurements,Proceeding of Air & Waste Management Association’s 98th Annual Conference & Exhibition, 15p(in CD-ROM)

学会活動

大気環境学会,日本法科学技術学会,日本法中毒学会,日本地球化学会,日本リスク研究学会,日本質量分析学会,日本農薬学会

Forensic Isotope Ratio Mass Spectrometry Network, American Geophysical Union, Air & Waste Management Association,International Environmetrics Society,International Society of Environmental Forensics,American Chemical Society

社会活動

川島洋人(2016),汚染源はどこだ!?〜安定同位体を使った環境鑑識学の研究〜,サイエンスカフェ,秋田県立大学
川島洋人(2014), 最先端分析装置を使った環境・鑑識の研究,秋田県立大学オープンキャンパス施設見学会, 秋田県立大学
川島洋人(2011, 2012), あなたは草食系?肉食系?−安定同位体比を用いた食物傾向の推定−, 秋田県立大学創造楽習,秋田県

その他特記事項

<主な最近の科研費,研究助成(研究代表者のみ)>
2015−,日本学術振興会, 科学研究費補助金, 基盤研究B(一般)
2015−,日本学術振興会, 科学研究費補助金, 基盤研究B(海外)
2014−,環境省,環境研究総合推進費(革新型研究開発領域)
2014,経済産業省,化学物質管理課 化学物質リスク評価室,化学物質管理分野における科学的知見の充実に向けた調査
2014−,日本学術振興会,科学研究費補助金, 挑戦的萌芽研究
2013,厚生労働省,厚生労働科学研究費
2012−2014,日本学術振興会, 科学研究費補助金, 若手研究A
2012−2013,日本学術振興会,科学研究費補助金, 挑戦的萌芽研究
2011−2012,日本学術振興会科学研究費補助金,新学術領域研究(研究領域提案型)
2009,日本学術振興会,国際学会等派遣事業
2008−2010,日本学術振興会,科学研究費補助金,新学術領域研究(研究課題提案型)
2007−2008,日本学術振興会,科学研究費補助金,若手研究B
2007,日本学術振興会,国際学会等派遣事業

2014,公益財団法人住友財団, 環境研究助成
2014,公益財団法人浦上食品・食文化振興財団,
2011,公益財団法人住友財団,環境研究助成(一般研究)
2011,公益財団法人本荘由利産業科学技術振興財団,研究助成
2010,公益財団法人日本証券奨学財団,研究助成
2009,公益財団法人日本生命財団, 環境問題研究助成(若手研究)
2008,公益財団法人トステム建材産業振興財団,一般研究助成
2006,公益財団法人鉄鋼業環境保全技術開発基金,若手研究助成
2005,公益財団法人トステム建材産業振興財団,一般研究助成

2016,秋田県立大学,科研費チャレンジ研究費
2013,秋田県立大学,創造的研究費
2010,秋田県立大学,学部長調整費プロジェクト
2009-2011,秋田県立大学,学長プロジェクト 特別研究費
2005, 秋田県立大学,学部長プロジェクト

<主な指導学生の最近の研究助成>
2015,公益財団法人日本科学協会, 笹川科学研究助成(学術研究部門)(指導学生:須藤菜那)
2011,公益財団法人日本科学協会, 笹川科学研究助成(学術研究部門)(指導学生:菊池奈美)
2011,公益財団法人本荘由利産業科学技術振興財団,国際交流助成事業(指導学生:浅倉功)
2011,公益財団法人本荘由利産業科学技術振興財団,ベンチャー自主研究助成事業(指導学生:佐々木菜津美)
2011,公益財団法人本荘由利産業科学技術振興財団,ベンチャー自主研究助成事業(指導学生:須藤菜那)

研究室を立ち上げて,学生達と気合を入れて研究をしています。楽しく,時に真面目なチームを目指しています。何か,気になることや興味があれば気軽に連絡をしてください。