秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
菊地 英治の顔写真
氏名 菊地 英治
フリガナ キクチ エイヂ
学部 システム科学技術学部
学科 経営システム工学科
職名 准教授
学位 工学博士
Eメール keiji
生年月日 S36.6.13生まれ

経歴

平成2年3月 東京大学大学院工学系研究科化学エネルギー工学専攻修了 学位取得
平成2年4月 同和鉱業(株)入社、中央研究所研究員
平成5年3月 同和鉱業(株)退職
平成5年4月 通商産業省工業技術院 資源環境技術総合研究所 入所 
         素材資源部素材プロセス研究室 研究員
平成7年4月 同 主任研究官
平成11年3月 通商産業省工業技術院 資源環境技術総合研究所 退官
平成11年4月 秋田県立大学システム科学技術学部経営システム工学科 助教授に就任
 現在に至る

受賞

専門分野

応用物理化学、電気化学、半導体電気化学、光電気化学、廃水処理技術

最近の研究テーマと内容

酸化チタン光触媒によるセレン酸イオンの還元反応、テルル酸イオンの還元反応 等
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

鉱工業廃水処理技術、電気化学、光電気化学等

最近の招待・特別・基調講演題名

主な特許

日本国特許第2794090号 「排水中からのセレン酸イオンの除去方」
U. S. Patent No.5730884 “Method of Removing selenate ion from selenate ion- containing aqueous waste liquid.”
日本国特許第2979087号 「セレン(VI)及び/又はテルル(VI)を含む排水の処理法」

主な研究論文

Chem. Lett pp.253-254 "Removal of Thallium from Waste Water by Using the Iron Metal and Hydrogen Peroxide."

電気化学および工業物理化学Vol.58 No.10pp.880-884 「Pdからのトリチウ ム放出特性に及ぼす電解チャージ電流密度の影響」
J. Electroanal.  Chem. No.351 pp.105-114 8 "Photochromism and Photo- electrochemistry of amorphous and poly-crystalline WO3 films"

J. Electroanal.  Chem.No.381 pp.15-19 "Rapid chemical de-colorization reaction of HxWO3 thin films and reversible operation of photo- chromism of WO3"

J. Electrochemical. Soc.Vol.,147 No.12 pp.4589-4593 "Kinetics of the Reduction Reaction of Selenate Ions by TiO2 Photocatalyst."

学会活動

日本化学会 正会員
電気化学会 正会員
火薬学会 正会員
資源素材学会 正会員

社会活動

県民あきた環境フォーラム あきた環境優良事業所 審査委員 (H16.9〜)

その他特記事項