秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
山内 繁の顔写真
氏名 山内 繁
フリガナ ヤマウチ シゲル
学部 木材高度加工研究所
学科 木材高度加工研究所
職名 教授
学位 理学博士
Eメール
生年月日 S31.9.4生まれ

経歴

昭和61年3月 東京大学大学院理学系研究科化学専門課程博士課程修了 同時に理学博士号を取得(東京大学理学部)
昭和61年11月 防衛大学校化学教室助手
平成7年4月   秋田県立農業短期大学附属木材高度加工研究所講師
平成9年4月   秋田県立農業短期大学附属木材高度加工研究所助教授
平成11年4月  秋田県立大学木材高度加工研究所助教授
平成16年4月  秋田県立大学木材高度加工研究所教授

受賞

専門分野

木材化学・分析化学・無機化学

最近の研究テーマと内容

以下のテーマについて研究を進めています。

1) 木炭をベースとしたセシウム吸着剤の開発
2) 埋木及び埋木灰のメスバウアー分光学的研究
3) ラマン分光法によるグラフェン薄膜の分析
4) 木・竹酢液による消臭効果の検討
5) 木質バイオマスの熱分解によるガス化と発電システムの開発
6) ラマン分光法を用いたアルコール溶液中でのホウ酸の溶存状態に関する研究

【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

1)木炭、木酢液の分析と利用法

2)化学的手法による木質材料の分析(例えば、接着剤、染色・漂白、塗料など)

3)エネルギーとしての木質バイオマスの利用法

最近の招待・特別・基調講演題名

「バイオマス活用 −低質木質資源のペレット燃料化−」都市エリア産学官連携促進事業成果報告会平成17年2月7日 
「バイオマス発電施設における燃え殻の活用」都市エリア産学官連携促進事業成果報告会平成17年2月7日 
「木質バイオマス燃え殻の利用法開発/秋田スギ樹皮等のペレット燃料化」都市エリア産学官連携促進事業中間報告会平成17年10月14日
「木質バイオマス燃え殻の利用法開発/秋田スギ樹皮等のペレット燃料化」都市エリア産学官連携促進事業中間報告会平成17年12月16日 
「木質系資源のエネルギー化」都市エリア事業説明会平成18年6月30日
「木質系資源のエネルギー化 −概要と地域の取り組み−」秋田県立大学木材高度加工研究所木材基礎講座
平成19年6月18日22. 
「電解質の溶解と錯形成 −金属錯体の色と構造−」第21回秋田県理数科合同研修会
平成20年11月13日
「熱分解による木質バイオマスのガス化 −小型発電システムの開発−」平成20年度公立大学法人秋田県立大学木材高度加工研究所プロジェクト研究成果発表会
平成21年2月13日 
「木質系資源のエネルギー化」都市エリア産学官連携促進事業成果報告会
平成21年2月26日 
「木質バイオマスのエネルギー化 −木材は新燃料−」防衛大学校応用化学科課外講演
平成21年6月17日 
「木材を利用する発電」鷹巣中学校課外授業
平成21年9月3日 能代市 
「木材は古くて新しいエネルギー」秋田県立大学木材高度加工研究所公開講座
平成21年10月24日 
「木質系資源のエネルギー化」三大学連携事業(秋田大学、秋田県立大学、国際教養大学)技術フォーラム in 大館
平成21年11月6日 

主な特許

主な研究論文

(1)"A Method for Visualizing Cesium Adsorbed on Wood Charcoal Using SEM-EDX" T. Yamagishi, Y. Kurimoto and S. Yamauchi, Wood Sci. & Tech. in press
(2) "Cesium Adsorption from Aqueous Solutions onto Japanese Oak Charcoal III: Effects of Water-Extraction Treatment" S. Yamauchi, T. Yamagishi, K. Kirikoshi and M. Yatagai, J. Wood Sci., in press
(3)"Cesium Adsorption from Aqueous Solutions onto Japanese Oak Charcoal II: Effect of Metal Ions Eluted from the Charcoal", S. Yamauchi, T. Yamagishi, K. Kirikoshi and M. Yatagai, J.Wood Sci., 61, 185-191(2015).
(4) "Chemical Deodorant Effects of Pyroligneous Liquids from Woody Materials" (in Japanese), S. Shibutani, S. Yamauchi, K. Kirikoshi and M. Yatagai, Mokuzai Gakkaishi, 60, 261-268(2014).
(5)"Cesium Adsorption from Aqueous Solutions onto Japanese Oak Charcoal I: Effect of the Presence of Group 1 and 2 Metal Ions", S. Yamauchi, T. Yamagishi, K. Kirikoshi and M. Yatagai, J. Wood Sci. 60, 473-479(2014).
(6)"Cesium Ion Adsorption on Charcoal in Aqueous Solutions" (in Japanese), S. Yamauchi, Y. Kurimoto, and M. Yatagai,Wood Carbonization Res., 10, 35-42(2013).
(7)"Development and Effective Utilization of a Small-scale Cogeneration Sysytem Fueled with Pyrolysis Gas from Woody Biomass" (in Japanese),S. Yamauchi, M. Kuwahara, M. Toda, and E. Maita, Mokuzai Kogyo, 67, 436-439(2012).
(8)"Raman Spectroscopic Evidence for the Formation of B(OH)n(OR)3-n (n = 0, 1, 2; R = CH3, C2H5 or CH(CH3)2) from Boric Acid in Lower Alcohol Solutions", S., YamauchiVibrational Spectroscopy, 61, 50-53(2012).
(9)"Iron Speciation in Iron-rich Wood by Mössbauer Spectroscopy", S. Yamauchi, Y. Sakai, and H. Aimi, J. Wood Sci., 57, 549-552(2011)
(10) "Development of Acid-Soil Conditioning Agent from Lignin by Ozone Treatment: III. Improvement of the Ability of Lignin to Form an Aluminum Complex and to Reduce its Toxicity", H. Aimi, Y. Kurimoto, and S. Yamauchi, J. Wood Sci., 57, 338-342(2011).



学会活動

日本化学会        
日本木材学会
日本接着学会
日本希土類学会
錯体化学会  
日本放射化学会             
日本木材加工技術協会  

社会活動

秋田県木材加工推進機構技術コンサルタント、秋田エネルギー教育研究会委員、能代市環境審議会委員、秋田木質バイオマスエネルギー研究会会長

その他特記事項

中学・高校の化学教育に関するご相談もお受けします。