秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
松本 真一の顔写真
氏名 松本 真一
フリガナ マツモト シンイチ
学部 システム科学技術学部
学科 建築環境システム学科
職名 教授
学位 博士(工学)
Eメール
生年月日 S36.10生まれ

経歴

昭和55年3月 北海道室蘭栄高等学校卒業
昭和59年3月 東北大学工学部建築学科卒業
昭和61年3月 東北大学大学院工学研究科博士課程前期2年の課程(建築学専攻)修了(工学修士)
昭和63年4月 東北大学大学院工学研究科博士課程後期3年の課程(建築学専攻)単位取得退学
昭和63年5月 東北大学工学部助手(建築学科)採用
平成 4年3月 博士(工学,東北大学) の学位取得(学位論文名: 日射のある半地下空間の熱環境特性に関する研究−実測と数値シミュレーションによる地中断熱の効果分析−)
平成 6年1月 東北大学工学部講師(建築学科)昇任
平成 7年8月 東北大学工学部助教授(建築学科)昇任
平成 9年4月 東北大学大学院工学研究科助教授(都市・建築学専攻)転任
(平成 9年4月〜平成17年3月 宮城大学事業構想学部デザイン情報学科非常勤講師)
(平成10年4月〜平成11年3月 宮城工業高等専門学校非常勤講師)
平成11年4月 秋田県立大学システム科学技術学部教授(建築環境システム学科)採用(現在に至る)

受賞

平成 9年 5月 日本建築学会東北支部 東北建築賞(研究奨励賞)
平成12年 9月 BS99 Prize (First Poster Award), Int’l Building Performance Simulation Assoc.
平成21年 5月 空気調和・衛生工学会 技術フェロー

専門分野

建築環境工学

最近の研究テーマと内容

寒地住宅の温熱・空気環境の計画手法,省エネルギー手法,自然エネルギー利用手法。
環境設計支援ソフトウェアの開発研究。建築気候に関する研究。
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

建物に関わる環境問題全般。特に断熱,気密,防露技術に関する諸問題。

最近の招待・特別・基調講演題名

地下室の熱負荷シミュレーションと環境設計, 日本建築学会環境工学委員会, 第33回熱シンポジウム, 2003.
住環境と脳卒中, 大学コンソーシアムあきた連携公開講座「高齢化対策」講義, 2005.
住宅の省エネを進めるポイント,ストップ・ザ・温暖化あきた県民会議,みんなで減らそうCO2フォーラム in 秋田,2008.
あきたスタイルの省CO2型住宅をめざして,ストップ・ザ・温暖化あきた県民会議,みんなで減らそうCO2フォーラム in 秋田,2009.

主な特許

主な研究論文

著書(いずれも共著)
「建築設備学教科書(新訂版)」, 建築設備学教科書研究会編, 彰国社, 2002.
"Expanded AMeDAS Weather Data", Ed. AIJ, Maruzen, 2003.
「拡張アメダス気象データ1981-2000」, 日本建築学会編, 鹿児島TLO, 2005 など

論文
・住宅用地下室の年間熱損失の簡易予測法, 土木学会地下空間利用シンポジウム論文報告集, Vol.2, pp.63-72, 1997.
・A Program for Ground Temperature Data Generation Based on the Expanded AMeDAS Weather Data CD-ROMs, Proc. of the 6th Int'l IBPSA Conf. (BS99), Vol.2, pp.869-876, 1999
・Development of Expanded AMeDAS Weather Data for Building Energy Calculation in Japan, ASHRAE Trans., Vol.106, 2, pp.455-465, 2000.
・簡易測定法による建物の換気効率評価 第1報−実験住宅を対象とした簡易測定システムと既往の測定システムによる測定, 空気調和・衛生工学会論文集, 第90号, pp.9-17, 2003.
・建築環境予測のための気象データのモデル化と拡張アメダス気象データへの展開, IBPSA-JAPAN講演論文集, pp.233-241, 2005.
・Development of Data Processing Programs for the Expanded AMeDAS Weather Data DVD, Proc. of the 2005 World Sustainable Building Conf. (SB05), pp.97-104, 2005.
・Development of Bioclimatic Maps of Japan for Application of Passive Heating and Cooling Techniques, Proc. of the 2008 World Sustainable Building Conf. (SB08), pp.N/A, 2008 など67編。

学会活動

(抜粋)
・日本建築学会東北支部 環境工学部会委員(昭和61年5月〜)
・日本建築学会東北支部 常議員(平成13年5月〜15年4月)
・日本建築学会 東北建築賞選考委員会委員(平成12年5月〜14年3月,平成17年5月〜19年4月)
・日本建築学会 論文集委員会委員(平成17年5月〜19年4月)
・日本建築学会 環境工学委員会 伝熱小委員会委員(平成12年5月〜)
・日本建築学会 環境工学委員会 熱環境小委員会 クラスライブラリSWG主査(平成12年5月〜14年4月)
・日本建築学会 環境工学運営委員会 設計用気象データ小委員会委員(平成17年5月〜)
・空気調和・衛生工学会東北支部 学術調査委員会委員長(平成12年4月〜17年3月)
・空気調和・衛生工学会理事(平成20年5月〜22年4月)
・日本太陽エネルギー学会 大会実行委員会委員(平成14年4月〜12月)
・日本雪工学会 建物の環境委員会委員(昭和63年7月〜)
・日本雪工学会 理事,経理委員会幹事(平成16年7月〜)
・日本雪工学会 北東北支部副支部長(平成17年7月〜)
・日本雪工学会 大会実行委員会委員(平成17年9月〜18年11月)

社会活動

(抜粋)
・本荘市 街づくり検討委員会副委員長(平成11年2月〜12年3月)
・秋田県・秋田県建築士会 設計競技「秋田の住宅」審査委員長(平成15年〜19年)
・(財)日本建築センター 温熱・空気環境性能審査委員会委員(平成13年4月〜)
・秋田県 秋田スギと自然エネルギー活用住宅研究会座長(平成14年12月〜17年3月)
・秋田県 秋田版省CO2型住宅検討委員会委員長(平成20年6月〜21年3月)
・地元諸団体等の依頼による講演,講義51件(平成11年4月〜平成21年3月)

その他特記事項

地元からの講演依頼,技術相談に積極的に応じています。