秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
伊藤 伸の顔写真
氏名 伊藤 伸
フリガナ イトウ シン
学部 システム科学技術学部
学科 機械知能システム学科
職名 准教授
学位 博士(工学)
Eメール
生年月日 S45.10生まれ

経歴

平成元年3月岩手県立水沢高等学校卒業
平成元年4月東北大学工学部入学
平成10年3月東北大学大学院工学研究科博士課程終了 博士(工学)(東北大学)
平成10年4月東北大学流体科学研究所 リサーチ・アソシエイトに採用
平成11年4月秋田県立大学 講師に採用

受賞

GRC Best Paper Award, In recognition of quality of content and presentation at the EGS Theoretical Studies Session, Geothermal Resources Council 2002 Annual Meeting Reno, Nevada USA.

専門分野

弾性学・材料力学・振動工学・機械力学

最近の研究テーマと内容

1.振動を用いて機械材料の良否判定を簡便に行うための基礎研究
2.地熱抽出のための流体で満たされた地下き裂の動的応答特性解析(き裂を流体で満たされた多孔質体として扱った場合)
3.地熱井内部にスケールが付着した場合の応力状態の数値解析
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

弾性波を用いたき裂の大きさなどの推定に関する分野
地熱エネルギー抽出に関する分野

最近の招待・特別・基調講演題名

主な特許

主な研究論文

「オーストラリア・クーパーベイズンで生じた微小地震を用いた地下き裂評価」
伊藤伸・海江田秀志・青柳恭平・林一夫,日本地熱学会誌 第28巻,第4号,2006,pp.399-412.
「地下き裂の振動特性を用いたき裂評価法と東八幡平フィールドへの応用」
伊藤伸,林一夫,齊藤玄敏,浅沼宏,新妻弘明,日本機械学会論文集(A編)第68巻,第674号,2002,pp.1460-1465.

学会活動

日本機械学会(東北学生会顧問教員)
日本地熱学会
資源・素材学会

社会活動

その他特記事項