秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
西田 哲也の顔写真
氏名 西田 哲也
フリガナ ニシダ テツヤ
学部 システム科学技術学部
学科 建築環境システム学科
職名 教授
学位 博士(工学)
Eメール tetsuya_nishida
生年月日 1963年生まれ

経歴

1989年3月    東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了
1989年4月    大成建設(株) 入社 構造設計部、技術研究所
1998年12月    大成建設(株) 退社
1999年1月    秋田県職員(県立大学設置準備事務局)
1999年4月    秋田県立大学建築環境システム学科講師
2005年3月    博士(工学、東北大学)取得
2005年4月    秋田県立大学建築環境システム学科准教授(助教授)
2009年4月          同          教授
         現在に至る

受賞

専門分野

建築構造学

最近の研究テーマと内容

・建築物の耐震性能に関する研究
 各種建築物の耐震性能をより適切に評価することを目的とした研究。現在、大きな変動軸力を受ける高層RC造架構柱の挙動に関する研究、および鉄骨造筋違の補強性能評価に関する研究を行っている。
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

構造設計全般 (RC造, S造, SRC造, 混合構造における些細な疑問などでも可)
耐震診断・耐震補強, 施工における構造関連の検討など

最近の招待・特別・基調講演題名

主な特許

既存建物における基礎部分の免震化工法(特許3536543)

主な研究論文

・擬似動的加力実験による複合組積造の地震応答性状の検討、コンクリート工学年次論文報告集、Vol.25, No.2, pp. 1273-1278, 2003
・シアースパン比が複合組積造壁の耐震性能に及ぼす影響、コンクリート工学年次論文報告集、Vol.26, No.2, pp. 1141-1146, 2004
・Seismic response estimation of composite masonry structure by equivalent linearization method, Proceedings of 13th World Conference on Earthquake Engineering (DVD), No.3067, 2004
・複合組積造壁の復元力特性のモデル化に関する検討、日本建築学会構造工学論文集、Vol.51B, pp. 427-432, 2005

学会活動

・日本建築学会 WRC運営委員会
・日本建築学会 SRC耐震設計小委員会
・日本建築学会東北支部 構造部会研究委員会

所属学会:日本建築学会、日本コンクリート工学協会、日本建築構造技術者協会、日本地震工学会

社会活動

・日本建築防災協会 既存鉄骨鉄筋コンクリート造建築物の耐震診断基準・耐震改修設計指針改訂委員会
・秋田県建築士事務所協会 建築物耐震診断判定委員会
・全国鉄骨評価機構 鉄骨製作工場の性能評価に関する調査員
・秋田県非破壊検査技術研究会

その他特記事項