秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
渡邉 貫治の顔写真
氏名 渡邉 貫治
フリガナ ワタナベ カンジ
学部 システム科学技術学部
学科 電子情報システム学科
職名 准教授
学位 博士(情報科学)
Eメール kwatanabe
生年月日 S51.4.19生まれ

経歴

平成11年3月 東北大学工学部情報工学科卒業
平成13年3月 東北大学大学院情報科学研究科博士前期課程修了
平成17年3月 東北大学大学院情報科学研究科博士後期課程修了
平成17年4月 山梨大学工学部コンピュータ・メディア工学科 教務補佐員
平成19年4月 秋田県立大学システム科学技術学部電子情報システム学科 助教

平成17年4月〜平成19年3月 山梨大学工学部コンピュータ・メディア工学科 非常勤講師

受賞

平成17年9月 FIT2005船井ベストペーパー賞

専門分野

音響情報処理,感性情報処理

最近の研究テーマと内容

頭部伝達関数の測定およびモデル化,音空間知覚,アコースティックイメージング
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

音響伝達関数の測定,ディジタル信号処理

最近の招待・特別・基調講演題名

主な特許

・(特開2010−217268)音源方向知覚が可能な両耳信号を生成する低遅延信号処理装置

主な研究論文

・Watanabe, K., Kodama, R., Sato, S., Takane, S., and Abe, K., "Influence of flattening of head-related transfer functions in low-frequency region on sound localization," Acoust. Sci. & Tech., Vol. 35(4), pp. 192-200(2014).

・Watanabe, K., Iwaya, Y., Suzuki, Y., Takane, S., and Sato, S., "Dataset of head-related transfer functions measured with a circular loudspeaker array," Acoust. Sci. & Tech., Vol. 35(3), pp. 159-165(2014).

・Harima, T., Shiga, K., Abe, K., Takane, S., Watanabe, K., Sato, S., "Relation between perceived direction of a sound image and the behavior of the precedence effect," Applied Acoustics, Vol. 74(10), 1122-1135(2013).

・Watanabe, K., Kodama, R., Sato, S., Takane, S. and Abe, K., "Influence of flattening contralateral head-related transfer functions upon sound localization performance," Acoust. Sci. & Tech., Vol. 32(3), pp. 121-124(2011).

・Itokazu, M., Watanabe, K., and Ozawa, K., "Individual equalization in binaural reproduction of a reverberant sound field," Acoust. Sci. & Tech., Vol. 30, pp. 25-32(2009).

・Watanabe, K., Ozawa, K., Iwaya, Y., Suzuki, Y., and Aso, K., "Estimation of interaural level difference based on anthropometry and its effect on sound localizatoin," J. Acoust. Soc. Am., Vol. 122(5), pp. 2832-2841(2007).

・Toyoda, M., Watanabe, K., Iwaya, Y. and Suzuki, Y., "An estimation method of interaural time differences from measured head-related impulse responses," Acoust. Sci. & Tech., Vol. 27, pp. 239-241(2006).

・Watanabe, K., Takane,S. and Suzuki, Y., "A novel interpolation method of HRTFs based on the Common-Acoustical-Pole and Zero model," Acta Acustica united with Acustica, Vol. 91, pp. 958-966 (2005).

・渡邉貫治,岩谷幸雄,行場次朗,鈴木陽一, 高根昭一,"身体特徴量に基づく両耳間時間差の予測に関する検討," 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 10, No. 4, pp.609-617 (2005).

・渡邉貫治,岩谷幸雄,行場次朗,鈴木陽一, "仮想音環境のための頭部伝達関数コーパス," 第4回情報科学技術レターズ, LK-010, pp.237-240 (2005).

・Watanabe, K., Takane,S. and Suzuki, Y., "Interpolation of Head-Related Transfer Functions based on the Common-Acoustical-Pole and Residue model," Acoust. Sci. & Tech., Vol. 24, pp. 335-337 (2003).

・Takane, S., Arai, D., Miyajima, T., Watanabe, K., Suzuki, Y. and Sone, T., "A database of Head-Related Transfer Functions in whole directions on upper hemisphere," Acoust. Sci. & Tech., Vol. 23, pp. 160-162 (2002).

学会活動

日本音響学会,日本バーチャルリアリティ学会,電子情報通信学会の会員

日本音響学会査読委員
電子情報通信学会査読委員
日本バーチャルリアリティ学会査読委員
電気学会査読委員

社会活動

・”ストロー笛をつくって,音階のしくみを知ろう”,夏休み科学教室「創造学習」(2009.8.6, 2010.8.2, 2011.8.22, 2012.8.6, 2013.8.5)

その他特記事項

・「工学的手法を用いた英語リスニングにおける学習最適化の研究」,学長プロジェクト(創造的研究費)(研究分担者),平成25年度
・「並列畳み込み処理に基づく複数聴取者のための仮想音空間共有システムの開発」,学術研究助成基金助成金 若手(B) ,平成24(2012)年度〜
・「視聴覚VR技術に基づく遠隔会議システムの研究」,学長プロジェクト(創造的研究費),平成24年度
・「可搬性の高い聴覚ディスプレイシステムの開発」,科学研究費補助金,若手研究(B),平成21〜23年度