秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
神田 啓臣の顔写真
氏名 神田 啓臣
フリガナ カンダ ヒロオミ
学部 生物資源科学部
学科 アグリビジネス学科
職名 准教授
学位 博士(農学)
Eメール
生年月日 S40.8.18生まれ

経歴

昭和63年3月 北海道大学農学部農学科卒業
平成 2年3月 北海道大学大学院農学研究科修士課程修了(農学専攻)
平成 2年4月 三重大学生物資源学部助手
平成 8年3月 秋田県立農業短期大学講師
平成11年4月 秋田県立大学短期大学部講師
平成18年4月 秋田県立大学生物資源科学部准教授

受賞

専門分野

花き園芸学・社会園芸学

最近の研究テーマと内容

園芸福祉および農福連携に関する研究
花き等の繁殖技術・栽培技術の開発に関する研究
農業教育に関する研究
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

現在、以下の相談に応じている。
 高齢者福祉施設での園芸活動について
 障害者福祉施設での園芸活動について
 オーニソガラム属花きの繁殖・栽培について
 檜山茶(能代市在来のチャ)の繁殖について

最近の招待・特別・基調講演題名

1)「農業と福祉の新たなつながりを求めて」 大潟村社会福祉大会(大潟村).2016年12月
2)「農福連携 −農業と障害者福祉の新たなつながりを求めて−」フィールド開放デー研究成果講演会(大潟村).2016年7月 
3)「園芸福祉活動を地域に根づかせ,持続的活動とするための実践活動」 園芸学会平成25年度秋季大会小集会(盛岡市).2013年8月
4)「園芸療法 −園芸活動がもたらす効用について−」 横手福祉会園芸療法ワークショップ(横手市).2010年11月
5)「学校教育への園芸福祉活動の導入」 日本農業教育学会公開シンポジウム(盛岡市). 2009年8月
6)「秋田県立大学におけるプロジェクト教育について」 帯広畜産大学特色GPフォーラム(帯広市). 2009年3月
7)「園芸活動の癒しパワー・元気パワーを考える」 北海道大学農学部園芸学教室100周年記念シンポジウム(札幌市). 2007年8月
8)「地域再生プロデュースと農学教育」 日本農業教育学会シンポジウム(茨城県阿見町). 2006年8月

主な特許

主な研究論文

1)神田他(2015)組織培養実験に関する授業におけるオーニソガラム属の教材化.日本農業教育学会誌.46巻:55-67.
2)神田他(2014)福祉施設および精神病院における園芸活動の効果,導入とスタッフの意識に関する考察.人間・植物関係学会誌.14巻:27-33.
3)神田他(2013)農業系教育機関の実験実習科目への園芸療法疑似体験プログラムの導入.日本農業教育学会誌.44巻:57-68.
4)Kanda他(2008)Examination of optimum form of horticultural activities at welfare facilities in rural villages of japan. Acta Horticulture. 790:231-235.
5)神田他(2005)農学系短期大学学生の農場実習への興味と意欲に関する要因の検討.日本農業教育学会誌.36巻:47-53.
6)神田他(2005)農業系高等教育機関の授業における酵素およびDNA分析を用いた食用ギクの教材化.日本農業教育学会誌.36巻:9-16.

学会活動

園芸学会員
日本農業教育学会員
人間・植物関係学会員
園芸療法学会員

社会活動

大潟村農福連携ネットワーク推進代表者会議委員(2016〜)
檜山茶(能代市在来のチャ)の繁殖に関する共同研究を能代市と実施(2015〜)
オーニソガラム属花きの繁殖に関する共同研究を井川町と実施(2015〜)
大潟村の障害者福祉施設における農業分野への就労実習を指導(2014〜)
にかほ市の花き生産者グループにおけるオーニソガラム栽培への指導・助言(2014〜)
大潟村老人クラブにおける生涯現役を目指す園芸活動への指導・助言(2005〜)
大潟村の高齢者福祉施設における園芸活動への指導・助言(2002〜)

その他特記事項