秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
佐藤 正志 の顔写真
氏名 佐藤 正志
フリガナ サトウ マサシ
学部 生物資源科学部
学科 アグリビジネス学科
職名 准教授
学位 農学博士
Eメール
生年月日

経歴

 昭和51年4月 秋田県立農業短期大学 助手
 昭和60年4月 秋田県立農業短期大学 講師
 平成 2年4月  秋田県立農業短期大学 助教授
 平成11年4月 秋田県立大学短期大学部 助教授
 平成14年4月〜平成15年3月 山形大学大学院農学研究科 非常勤        講師
 平成18年4月〜 秋田県立大学生物資源科学部 准教授
  

受賞

専門分野

 果樹栽培学と育種学

最近の研究テーマと内容

 リンゴ矮化栽培の計画的密植と計画的半密植栽培の方法の確立に関する研究.
 リンゴの樹形改善に関する研究.
 リンゴの葉とらず栽培.
 リンゴ2倍性品種を母本,3倍性品種を父本に用いた交雑育種.
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

リンゴの新規開園や栽培技術に関する相談

最近の招待・特別・基調講演題名

主な特許

主な研究論文

Sato et al. (2007). Comparison of Flowering and Fruiting of Seedlings from Reciprocal Crosses between Diploid and Triploid Apple Cultivars. J. Japan. Soc. Hort. Sci. 76(2):97-102.
佐藤正志・神戸和猛登 (2007). リンゴ二倍性品種と三倍性品種の正逆交雑における初期生育の良好な実生の獲得効率の比較と育種の可能性.園学研.6(3):347-354.
Sato M. and K. Kanbe (2006). Proportion of Buds with a Blossom Cluster to Terminal Buds and Fruit Number per 100 Terminal Buds in Seedlings from Reciprocal Crosses between the Diploid Apple Cultivar ‘Starking Delicious’ and the Triploid Cultivar ‘Mutsu’. Bull. Akita. Pre. Coll. Agr. 7:1-8.
佐藤正志 ら (2003). わい性のリンゴ異数性品種の開発. 平成11年度〜平成14年度科学研究費補助金基盤研究(B) (展開) (2) 研究成果報告書:1-91.

学会活動

 日本園芸学会会員
 日本園芸学会東北支部会会員
 日本育種学会会員
 園芸学会平成21年度秋季大会実行委員会副委員長
 リンゴ栽培の研究小集会の代表発起人

社会活動

 平成17年度〜22年度 東北農業研究センター運営費交付金プロジェクト研究「東北地域における農薬50%削減リンゴ栽培技術体系の確立」推進評価会議 評価委員.
 平成15年度 秋田県試験研究開発評価チーム 委員 (果樹試験場担当).

その他特記事項