秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
露 浩の顔写真
氏名 露 浩
フリガナ ツユザキ ヒロシ
学部 生物資源科学部
学科 アグリビジネス学科
職名 教授
学位 学術博士
Eメール tuyuzaki
生年月日 昭和36年1月生まれ

経歴

昭和58年3月 筑波大学第二学群農林学類卒業
昭和63年3月 岡山大学大学院自然科学研究科博士課程修了 学術博士
平成元年3月 岡山大学資源生物科学研究所研究生修了
平成元年4月 秋田県立農業短期大学講師 
平成10年4月 秋田県立大学短期大学部講師
平成13年4月 秋田県立大学短期大学部助教授
平成18年4月 秋田県立大学生物資源科学部准教授
          秋田県立大学短期大学部准教授(兼任)
平成19年4月 秋田県立大学生物資源科学部准教授

受賞

専門分野

畑作物学,雑草生態学

最近の研究テーマと内容

・ムギ類等畑作物の遺伝資源の収集・評価に関する研究
・ムギ類、ダイズ等畑作物の生態および栽培に関する研究
・畑雑草の生態および防除・利用等に関する研究
・農業教育に関する研究
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

・畑作物(麦類、大豆など)の生態ならびに栽培に関する分野
・雑草の生態と防除・利用に関する分野

最近の招待・特別・基調講演題名

「中国および周縁諸国におけるムギ類の栽培・利用と遺伝資源見聞」
  日本育種学会 平成16年9月
「メヒシバにおける隣接した生育地への適応的分化」
  雑草の個体群生態研究会 平成17年3月
「雑草を文化の視座から捉える」
  日本雑草学会シンポジウム 平成19年11月3月
「Exploration of genetic resources on wheat and barley in Yunnan province, China, in 2004 and 2005」
 Symposium on plant genetic resources in East Asia 2009年10月

主な特許

主な研究論文

論文
(2000年以降)
 撻爛類等畑作物の遺伝資源の評価に関する研究 】
・露崎 浩・武田和義・駒崎智亮.チベット高原東部地域におけるオオムギ品種の特性とその栽培状況.日本作物学会紀事69:345−350.2000年.
・Takeda,K.and H.Tsuyuzaki et al. Genetic assay and study of crop germplasm in and around China (2nd).文部省科学研究費補助金研究成果報告書.2000年.
・Brian L. Duggan, Richard A. Richards and Hiroshi Tsuyuzaki. Environmental effects on stunting and the expression of a tiller inhibition (tin) gene in wheat. Functional Plant  Biology 29:45-53. 2002.
・Takeda,K. and H.Tsuyuzaki et al.Genetic assay and study of crop germplasm in and around China(3rd) .文部省科学研究費補助金研究成果報告書.2006年.
・Imanishi H.,H. Tsuyuzaki and S. Terui. Growth habit, the effect of shading and soil moisture content on primocane growth of Rubus spp. Native to the Tohoku region in Japan.Acta Horticulturae 777:251-255. 2008.
・Imanishi, H., K. Nakahara and H. Tsuyuzaki. Genetic relationships among native and introduced Rubus species in Japan based on rbcL sequence. Acta Horticulturae 769:195-199. 2008.
・Takeda,K. and H.Tsuyuzaki et al.Genetic assay and study of crop germplasm in and around China(4th) .文部省科学研究費補助金研究成果報告書.2010.

◆撻爛類、ダイズ等畑作物の生態および栽培に関する研究 】
・露崎 浩・洞内淳男.コムギ生殖成長期の各節間および各葉鞘における物質配分.日本作物学会東北支部会報 43:51−53.2000年.
・露崎 浩.コムギにおける各節間から子実への物質再配分.日本作物学会東北支部会報  44:69−70.2001年.
・露崎 浩.コムギおよびオオムギ品種における茎・葉鞘から子実への物質再配分.日本作物学会東北支部会報 45:71-73.2002年.
・露崎 浩・昆 亮輔・阿部 歩.コムギの茎・葉鞘から子実への物質分配におよぼす生育環境の影響.日本作物学会東北支部会報 46:73-75.2003年
・露崎 浩・矢作 玲.コムギおよびオオムギにおける節間と穂の成長にみられる規則性.日本作物学会東北支部会報 48:59-61.2005年
・露崎 浩・佐藤昌夫・乳井恒雄.潮風害をうけた2004年秋田県大潟村産ダイズの収量ならびに品質.日本作物学会東北支部会報 48:71-73.2005年
・露崎浩・小田嶋学・乳井恒雄 ダイズにおける剪葉処理が子実の発育・品質におよぼす影響−潮風被害の視点から−.日本作物学会東北支部会報(49)59-60.2006.12
・露崎 浩・津田渉・小林由喜也.秋田県大潟村におけるエダマメ産地化の取組.日本作物学会東北支部会報 50:143-146.2007年

【畑雑草の生態および防除・利用等に関する研究】
・千葉和夫・露崎 浩.秋田県大潟村(八郎潟干拓地)における農業の現状と雑草防除上の諸問題.雑草研究 47:97-103.2002年.
・露崎 浩.メヒシバの形態・生態的諸特性にみられる隣接した生育地への適応的分化.雑草研究 50:10-17.2005年.
・小林浩幸・露崎 浩・高柳 繁.雑草モノグラフ 4.メヒシバ.雑草研究 50:310-326.  2005年.
・露崎浩 除草の風土(8)秋田県大潟村の大規模水田における除草 雑草研究(51)36-37.2006.3
・神宮字寛・露崎浩・佐藤照男 アキアカネ卵の孵化におよぼす光と水温の影響.農業土木学会論文集(243)79-84.2006.6
・神宮字寛・田代卓・佐藤照男・露崎浩・近藤正 作土層の攪乱を抑制した農法がトンボ科アカネ属の生息状況に与える影響.農業土木学会論文集(241)133-140.2006.2
・神宮字寛・露崎浩.コガムシHydrophilus affinis Sharpの卵のう形成における水田内および畦畔雑草の利用. 雑草研究 53:55-62. 2008年.
神宮字寛・露崎浩. 一定条件下でのアキアカネ,ナツアカネ,ノシメトンボ幼虫の齢と成長. TOMBO, Matsumoto 51:30-34. 2008年.

ァ敘清閥軌蕕亡悗垢觚Φ罅
・露崎 浩・吉田康徳・神田啓臣・高橋篤志・田代 卓.作物栽培サ−クル「畑っこ」と農業教育  −発足時における活動の姿−.秋田県立大学短期大学部紀要 1:47-56.2000年.
・露崎 浩・吉田康徳・今西弘幸・神田啓臣.作物栽培サ−クル「畑っこ」と農業教育 −発足1年目の活動をふりかえって−.秋田県立大学短期大学部紀要 2:55-63.2001年.
・露崎 浩・千葉和夫・山崎光博・鈴木直建.地域と取り組む農業教育 −生物生産学科農学専攻・新開講科目「地域実習」−.秋田県立大学短期大学部紀要 3 :79-86.2002年.
・露崎 浩.新しい農業教育の試み-経営実践プロジェクト卒業研究-.秋田県立大学短期大学部紀要 4 :1-4.2003年.
・露崎 浩・千葉和夫・北原克宣・長谷川恒行・山崎光博・鈴木直建.農学専攻の教育を考える-アンケ−トと学生作成レポ−トの分析から-.秋田県立大学短期大学部紀要4 :67-74.2003年.
・露崎 浩・千葉和夫・高橋春実・小林由喜也・北原克宣・鈴木直建.「経営実践プロジェクト 卒業研究」の教育上の成果と課題-アンケ−ト調査から-.秋田県立大学短期大学部紀要 5 :9-14.2004年.
・Imanishi H., S. Terui and H.Tsuyuzaki.Creating places to tarry and play - Relation between children and "MICHIKUSA KAJUEN" - . Acta Horticulturae 790:277-282. 2008.

学会活動

日本作物学会、日本作物学会東北支部、日本雑草学会、日本育種学会、 種生物学会、雑穀研究会、日本農業教育学会

種生物学会幹事(平成3〜6年)
日本作物学会編集専門委員(平成11、12年、19年)
日本作物学会東北支部幹事(平成8〜11年)
日本作物学会東北支部評議委員(平成12年〜現在)
日本雑草学会和文誌編集企画委員会幹事(平成12年)
日本雑草学会和文誌編集幹事(平成12〜15年)
日本雑草学会和文誌編集委員(平成12年〜現在)
日本雑草学会用語委員会委員(平成16年〜平成21年)
日本雑草学会ブックレット刊行委員会幹事(平成20年)

社会活動

高大連携講義等講座担当
農業研究会技術指導

その他特記事項

麦類の遺伝資源調査で,インド,ネパ−ル,ブ−タン,チベット高原,中国雲南省,貴州省およびオ−ストラリアなどに出かける機会がありました。それらの写真とともに、私も出番をお待ちしております。