秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
村田 純の顔写真
氏名 村田 純
フリガナ ムラタ ジュン
学部 生物資源科学部
学科 応用生物科学科
職名 教授
学位 理学博士
Eメール
生年月日

経歴

【学 歴】
1986年3月 北海道大学理学部高分子学科 卒業
1988年3月 北海道大学大学院理学研究科高分子学専攻修士課程 修了
1991年3月 北海道大学大学院理学研究科化学専攻博士後期課程(免疫科学研究所) 修了

【職 歴】
1991年4月 北海道大学免疫科学研究所化学部門 研究生(〜1991年7月)
1991年8月 米国国立癌研究所病理部癌浸潤・転移部門 客員研究員(〜1994年6月)
1994年7月 富山医科薬科大学和漢薬研究所病態生化学部門 助手(〜2001年3月)
2001年4月 秋田県立大学生物資源科学部応用生物科学科 助教授(〜2006年3月)
2006年4月 秋田県立大学生物資源科学部応用生物科学科 准教授(〜2011年3月)
2011年4月 秋田県立大学生物資源科学部応用生物科学科 教授(〜現在に至る)

受賞

専門分野

分子腫瘍学、分子細胞生物学

最近の研究テーマと内容

癌転移形成に重要な細胞運動に関わる分子機構の解明

(1)細胞運動の抑制に寄与する細胞間接着の増強と、その細胞内情報伝達機構の解明ー神経ペプチドによる細胞間接着因子:カドヘリンの発現増強とカドヘリン発現を制御する転写因子の解析

(2)メラノーマ由来のオートクリン型細胞運動阻害因子の同定と、その分泌調節機構および細胞運動抑制の細胞内情報伝達機構の解明
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

動物細胞培養、PCR、 遺伝子クローニング、 細胞浸潤実験、細胞運動実験、 マウス癌転移実験

最近の招待・特別・基調講演題名

(1)平成21年度高大連携授業「暮らしに役立つ生命科学」第1講 応用生物科学入門、カレッジプラザ(2009.6.7)
(2)平成19年度理数ユース育成事業理数サミット「顕微鏡を用いた癌細胞の観察」、秋田県立大学秋田キャンパス(2007.12.26)
(3)平成19年度高大連携授業(前期)「応用生物科学への招待」第1講 応用生物科学入門と動物細胞の機能解析の世界、カレッジプラザ(2007.6.22)
(4)平成18年度アカデミックトライアル事業アカデミック講義「遺伝子工学の基礎」、秋田県立能代高等学校 (2006.10.4)
(5)あきた産学官連携フォーラム&知の種苗交換会「神経ペプチドによる癌転移抑制とその標的分子の解明」秋田ビューホテル(2005.12.1)
 

主な特許

主な研究論文

1) Kuwajima,A.,Iwashita, J.,Murata, J. and Abe, T.: The histone deacetylase inhibitor butyrate inhibits melanoma cell invasion of Matrigel. Anticancer Res., (2007), 27, 4163-4170.
2) Saito K., Iwashita J., Murata J. and Abe T.: The tyrosine kinase inhibitor AG490 inhibits growth of cancer cells and activates ERK in LS174T and HT-29 cells. Anticancer Res., (2006), 26, 1085-1090.
3) Hata K., Hori K., Murata J. and Takahashi S.: Remodeling of actin cytoskeleton in Lupeol-induced B16 2F2 cell differentiation. J. Biochem., (2005), 138, 467-472.
4) Kuraishi Y., Iida Y., Zhang H.W., Uehara S., Nojima H., Murata J., Saiki I., Takahata H. and Ouchi H.: Suppression by gabapentin of pain-related mechano-responses in mice given orthotopic tumor inoculation. Biol. Pharm. Bull., (2003), 26(4), 550-552.
5) Zhang H.W., Iida Y., Andoh T., Nojima H., Murata J., Saiki I. and Kuraishi Y.: Mechanical
hypersensitivity and alterations in cutaneous nerve fibers in a mouse model of skin cancer pain.
J. Pharmacol. Sci., (2003), 91(2), 167-170.
6) Sasamura T., Nakamura S., Iida Y., Fujii H., Murata J., Saiki I., Nojima H. and Kuraishi Y.:
Morphine analgesia suppresses tumor growth and metastasis in a mouse model of cancer pain
produced by orthotopic tumor inoculation. Eur. J. Pharmacol., (2002), 441(3), 185-191.
7) Nagakawa O., Murata J., Junicho A., Matsuda T., Fujiuchi Y., Fuse H. and Saiki I.: Vasoactive
intestinal peptide (VIP) enhances the cell motility of androgen receptor-transfected DU-145 prostate cancer cells (DU-145/AR). Cancer Lett., (2002), 176(1), 93-99.
8) Zhang H.W., Sasamura T., Iida Y., Nojima H., Murata J., Saiki I. and Kuraishi Y.: Algogenic effects of the extract of the tumor mass isolated from mice with orthotopic melanoma inoculation. Pain Res., (2001), 16(2), 43-49.
9) Wu W.-J., Murata J., Hayashi K., Yamaura T., Mitani N. and Saiki I.: Social isolation stress impairs the resistance of mice to experimental liver metastasis of murine colon 26-L5 carcinoma cells. Biol. Pharm. Bull., (2001), 24(7), 772-776.
10) Sawada S., Murakami K., Murata J., Tsukada K. and Saiki I.: Accumulation of extracellular matrix in the liver induces high metastatic potential of hepatocellular carcinoma to the lung. Int. J. Oncol., (2001), 19(1), 65-70.
11) Nagakawa O., Ogasawara M., Murata J., Fuse H. and Saiki I.: Effect of prostatic neuropeptides on migration of prostate cancer cell lines. Int. J. Urol., (2001), 8(2), 65-70.

学会活動

日本癌学会会員
日本分子生物学会会員

社会活動

その他特記事項