秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME実用化事例>直接細胞内に物質導入可能な大規模化装置CP-02

直接細胞内に物質導入可能な大規模化装置CP-02

平成29年05月16日
システム科学技術学部
特許登録済み 
 病気の治療や検査などのために細胞の内部に直接介入する、低コストかつ効率的技術は、今まで実用化されていませんでした。
 本学教員の発明※をもとに、秋田大学や県内企業と共同開発した「セルスタンパーCP-02」は、細胞に少ない負担で一時的に穴を開けることができ、さらに白血球などの浮遊細胞にも介入可能な大規模型です。
 今後は新薬開発や再生医療分野をはじめとした、様々な先端分野での応用が期待されています。

 ※特許第4467793号
一覧