秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOMEお知らせ>「あきた吟醸ビール」発表会が開催されました

「あきた吟醸ビール」発表会が開催されました

平成22年11月30日

生物資源科学部中沢准教授と株式会社あくら様の共同開発によって生まれた「あきた吟醸麦酒酵母(吟醸清酒酵母とビール酵母とを交配させた新酵母で特許出願中)と、秋田県産の六条大麦やホップを使用したフルーティでライトなビールが完成しました。
 

秋田県や流通関係者・開発関係者、報道機関の皆様にお集まりいただき、「あきた吟醸ビール」の発表会を開催しました。

 

 

左から、県大(中沢准教授)、あくら(高堂社長)、同(長谷川醸造長)、県大(佐藤CD)

飲むほどに味わい深くなるビールです。県内のお酒屋さん、あくら様直営飲食店「あくら」、「プラッツ」にてお試し下さい。

 

一覧