indx-paper-fx.png

2016年度(平成28年度)
M.Sakurai, T.Nishida, J.Kobayashi:EFFECT OF OPENING SIZE ON COMPRESSIVE STRUT OF RC SHEAR WALLS WITH OPENINGS BASED ON FEM ANALYSIS,16th World Conference on Earthquake Engineering,Santiago,paper ID 3771,2017.1
A.Obata, T.Nishida:Ultimate Strength Calculation Method of RC Outer Walls Subjected to Load from Out-of-plane,16th World Conference on Earthquake Engineering,Santiago,paper ID 3897,2017.1
M.Maeda, T.Nishida, K.Matsukawa, M.Murakami:Revision of Guideline for Post-Earthquake Damage Evaluation of Reinforced Concrete Buildings in Japan, 16th World Conference on Earthquake Engineering,Santiago,paper ID 3987,2017.1
H.Kanno:Experimental study on overall flexural deformation response control for smart high-rise structures,16th World Conference on Earthquake Engineering,Santiago,paper ID 4020,2017.1
C.Cuadra, N.Shimoi:MEASUREMENT OF VIBRATION CHARACTERISTIC OF A BRIDGE USING PIEZOELECTRIC BOLT-TYPE SENSORS,16th World Conference on Earthquake Engineering,Santiago,paper ID 4037,2017.1
Y.Saito, C.Cuadra:EXPERIMENTAL AND ANALYTICAL ASSESSMENT OF SEISMIC BEHAVIOR OF A TRADITIONAL JAPANESE WOODEN SHRINE SUPPORTED BY FRICTION,16th World Conference on Earthquake Engineering,Santiago,paper ID 4038,2017.1
池隆裕,浅野耕一,長谷川兼一,菅野秀人,村田涼,宮岡大,金子尚志:設計初期段階でのクライアント自身による使用を想定した住宅用ライフサイクルアセスメントツールの試作,日本建築学会技術報告集,Vol.22,No.52,pp.1041-1044,2016.10
小幡昭彦:津波浸水時を想定した建築物前面の鉛直方向波圧分布性状に関する水路実験,秋田県立大学ウェブジャーナルB(研究成果部門),No.3,pp.45-50,2016.9
小幡昭彦,櫻井真人,西田哲也:耐震診断報告書を用いた大スパン鉄骨造建築物の耐積雪性能評価方法,雪氷研究大会講演要旨集,p.166,2016.9
小幡昭彦,寺本尚史,西田哲也:遡上浸水時を想定した建築物前面の鉛直方向波圧分布性状に関する実験,日本建築学会大会(九州)学術講演梗概集,構造Ⅰ,pp.887-888,2016.8
黒澤祐,谷口洵,池永昌容,菅野秀人,五十子幸樹,Brian PHILLIPS:MRダンパーを用いた免震建物用複素剛性ダンパーの実現手法の実験的検討,日本建築学会大会(九州)学術講演梗概集,構造Ⅱ,pp.887-888,2016.8
五十子幸樹,谷口洵,黒澤祐,池永昌容,菅野秀人,Brian PHILLIPS:非線形性を有するダンパーに対するリアルタイム・ハイブリッドシミュレーションの適用 その1 研究背景とリアルタイムハイブリッドシミュレーションの実験環境,日本建築学会大会(九州)学術講演梗概集,構造Ⅱ,pp.887-888,2016.8
谷口洵,黒澤祐,池永昌容,五十子幸樹,菅野秀人,Brian PHILLIPS:非線形性を有するダンパーに対するリアルタイム・ハイブリッドシミュレーションの適用 その2 リアルタイム・ハイブリッドシミュレーションの制御システム構築と構築結果,日本建築学会大会(九州)学術講演梗概集,構造Ⅱ,pp.887-888,2016.8
池永昌容,谷口洵,黒澤祐,五十子幸樹,菅野秀人,Brian PHILLIPS:非線形性を有するダンパーに対するリアルタイム・ハイブリッドシミュレーションの適用 その3 リアルタイムハイブリッドシミュレーション実験結果,日本建築学会大会(九州)学術講演梗概集,構造Ⅱ,pp.887-888,2016.8
小林淳,櫻井真人,尾形芳博,鶴飼和也:微小変形領域におけるRC造耐震壁の非線形性に関する検討 その3 繰返し載荷と乾燥収縮ひび割れの影響を考慮した実験,日本建築学会大会(九州)学術講演梗概集,構造Ⅱ,pp.1285-1286,2016.8
櫻井真人,小林淳,尾形芳博,鶴飼和也:微小変形領域におけるRC造耐震壁の非線形性に関する検討 その4 加力計画,荷重-変形関係およびひずみ分布,日本建築学会大会(九州)学術講演梗概集,構造Ⅱ,pp.1287-1288,2016.8
尾形芳博,鶴飼和也,櫻井真人,小林淳:微小変形領域におけるRC 造耐震壁の非線形性に関する検討 その5 変形成分の分析,日本建築学会大会(九州)学術講演梗概集,構造Ⅱ,pp.1289-1290,2016.8
鶴飼和也,尾形芳博,櫻井真人,小林淳:微小変形領域におけるRC造耐震壁の非線形性に関する検討 その6 剛性低下率と等価粘性減衰定数,日本建築学会大会(九州)学術講演梗概集,構造Ⅱ,pp.1291-1292,2016.8
佐藤真俊,高橋典之,櫻井真人,小林淳,鶴飼和也,尾形芳博:微小変形領域におけるRC造耐震壁の非線形性に関する検討 その7 ひび割れ発生状況・ひび割れ幅のデジタル検出,日本建築学会大会(九州)学術講演梗概集,構造Ⅱ,pp.1293-1294,2016.8
柳瀬高仁,圓幸史朗,岩崎友洋,櫻井真人,尾形芳博,鶴飼和也:微小変形領域におけるRC造耐震壁の非線形性に関する検討 その8  スマートAEセンサによる微小ひび割れ発生の検知,日本建築学会大会(九州)学術講演梗概集,構造Ⅱ,pp.1295-1296,2016.8
岩崎友洋,渡辺亨,柳瀬高仁,櫻井真人,尾形芳博,鶴飼和也:微小変形領域におけるRC造耐震壁の非線形性に関する検討 その9  AE計測結果における繰り返し載荷と初期ひび割れの影響,日本建築学会大会(九州)学術講演梗概集,構造Ⅱ,pp.1297-1298,2016.8
菅野秀人,藤井賢志,櫻井真人,寺本尚史,西田哲也:エネルギー応答に着目した鉄筋コンクリート造せん断柱と曲げ柱の2 体同時加力による擬似動的実験 その3 ランダム振動論に基づくエネルギー応答の考察,日本建築学会大会(九州)学術講演梗概集,構造Ⅳ,pp.323-324,2016.8
新沼琢也,櫻井真人,菅野秀人,西田哲也:複数回の地震動を受けるRC造建物の履歴性状の違いによる応答性状に関する検討,日本建築学会大会(九州)学術講演梗概集,構造Ⅳ,pp.341-342,2016.8
長山哲也,小幡昭彦,菅野秀人,西田哲也:補強コンクリートブロック造実大建物から採取したブロックの圧縮強度試験,日本建築学会大会(九州)学術講演梗概集,構造Ⅳ,pp.887-888,2016.8
池隆裕,浅野耕一,長谷川兼一,菅野秀人,村田涼,金子尚志,宮岡大:住宅設計の初期段階での意思決定を支援するLCAツールの開発 その6 住宅のタイプと室内発熱量に関するプログラムの改修,日本建築学会大会(九州)学術講演梗概集,環境工学I,pp.1397-1398,2016.8
和賀一晟,菅野秀人,寺本尚史,西田哲也:過去の損傷がRC造建築物の地震応答に及ぼす影響,コンクリート工学年次論文集,Vol.38,No.2,pp.373-378,2016.7
菅野秀人,藤井賢志,櫻井真人,西田哲也:せん断部材と曲げ部材が混在する鉄筋コンクリート造架構の擬似動的実験に基づくエネルギー応答性状に関する検討,コンクリート工学年次論文集,Vol.38,No.2,pp.895-900,2016.7
藤井賢志,菅野秀人,西田哲也:観測地震動の位相をシフトさせて作成した模擬地震動を用いた既存中層SRC造建築物の応答推定精度の検証,コンクリート工学年次論文集,Vol.38,No.2,pp.823-828,2016.7
佐藤真俊,高橋典之,菅野秀人,西田哲也:非定常変位履歴を受けるRC造柱部材の損傷量計測および推定手法に関する研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.38,No.2,pp.931-936,2016.7
櫻井真人,齊藤竜也,西田哲也,小林淳:RC造有開口耐震壁の開口周比の差異が耐力低下に及ぼす影響,コンクリート工学年次論文集,Vol.38,No.2,pp.373-378,2016.7
緑川 雄貴,小幡昭彦,寺本尚史,西田哲也:遡上浸水時を想定した建築物の津波荷重に関する実験的研究,日本建築学会東北支部研究報告集,No.79,pp.1-4,2016.6
新沼琢也,櫻井真人,菅野秀人,西田哲也:複数回の地震動を受けるRC造建物の応答性状に関する検討,日本建築学会東北支部研究報告集,No.79,pp.13-16,2016.6
菅野秀人,櫻井真人,寺本尚史,西田哲也:鉄筋コンクリート造せん断柱のオンライン地震応答実験とエネルギー応答性状の検討,日本建築学会東北支部研究報告集,No.79,pp.17-20,2016.6
帆苅昂太朗,菅野秀人,西田哲也:建築構造物の全体曲げ変形に着目する可変ダンパーを用いた地震応答制御に関する研究,日本建築学会東北支部研究報告集,No.79,pp.29-32,2016.6
五十子幸樹,谷口洵,黒澤祐,池永昌容,菅野秀人,Brian.M.Phillips:非線形性を有するダンパーに対するリアルタイム・ハイブリッドシミュレーションの適用 その1 研究背景とリアルタイムハイブリッドシミュレーション概要,日本建築学会東北支部研究報告集,No.79,pp.45-48,2016.6
谷口洵,黒澤祐,池永昌容,菅野秀人,五十子幸樹,Brian.M.Phillips:非線形性を有するダンパーに対するリアルタイム・ハイブリッドシミュレーションの適用 その2 リアルタイムハイブリッドシミュレーション実験結果,日本建築学会東北支部研究報告集,No.79,pp.49-52,2016.6
黒澤祐,谷口洵,池永昌容,菅野秀人,五十子幸樹,Brian.M.Phillips:非線形性を有するダンパーに対するリアルタイム・ハイブリッドシミュレーションの適用 その3 変位制御設計制御を施したMR ダンパーを用いた実験,日本建築学会東北支部研究報告集,No.79,pp.53-56,2016.6
CUADRA CARLOS,下井 信浩:Prediction of compression failure of brick masonry using piezoelectric bolt sensors,日本建築学会東北支部研究報告集,No.79,pp.77-80,2016.6
和賀一晟,小幡昭彦,菅野秀人,西田哲也:スリップ性状を考慮した曲げ型RC造の復元力特性モデルによる時刻歴応答,日本建築学会技術報告集,Vol.22,No.51,pp.531-536,2016.5
小幡昭彦,西田哲也,妹尾博明,太田謙吾:モルタル充填接合工法による杭頭接合部の開発に伴う耐力評価法の検討,日本建築学会技術報告集,Vol.22,No.51,pp.483-488,2016.5
太田謙吾,中村和利,妹尾博明,西田哲也:杭継な剛工法 : 既製杭、鋼製基礎梁、鋼製柱を組合せた杭頭接合工法,General Building Research Corporation,Vol.41,No.2,pp.1-10,2016.4
2015年度(平成27年度)
菅又友喜,菅野秀人,西田哲也:鉄筋コンクリート造せん断柱と曲げ柱の2体同時加力による擬似動的実験,日本地震工学会第11回年次大会梗概集,paper ID P3-36,pp.1-6,2015.11
田口貴大,クアドラ・カルロス,古川征志:目地モルタル強度が組積煉瓦の力学的特性に及ぼす影響に関する検討(その1) 煉瓦ユニットおよびモルタル圧縮試験の結果および考察,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集,構造IV,pp.783-784,2015.9
古川征志,クアドラ・カルロス ,田口貴大:目地モルタル強度が組積煉瓦の力学的特性に及ぼす影響に関する検討(その2) 積み方の異なる組積煉瓦圧縮試験の結果および考察,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集,構造IV,pp.785-786,2015.9
和賀一晟,櫻井真人,小幡昭彦,西田哲也:余震時応答におけるスリップ性状を考慮した復元力モデルの等価粘性減衰の検討,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集,構造IV,pp.591-592,2015.9
菅又友喜,菅野秀人,櫻井真人,寺本尚史,藤井賢志,西田哲也:エネルギー応答に着目した鉄筋コンクリート造せん断柱と曲げ柱の2体同時加力による擬似動的実験 その1 実験方法と実験結果の概要,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集,構造IV,pp.549-550,2015.9
菅野秀人,菅又友喜,藤井賢志,櫻井真人,寺本尚史,西田哲也:エネルギー応答に着目した鉄筋コンクリート造せん断柱と曲げ柱の2体同時加力による擬似動的実験 その2 エネルギー応答性状,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集,構造IV,pp.551-552,2015.9
櫻井真人,小林淳,柳瀬高仁:微小変形領域におけるRC造耐震壁の非線形性に関する検討 その1微小変形領域における荷重変形角関係の検討,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集,構造IV,pp.293-294,2015.9
柳瀬高仁,圓幸史朗,櫻井真人,小林淳:微小変形領域におけるRC造耐震壁の非線形性に関する検討 その2 AEセンサを用いた微小ひび割れ検知方法の検討,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集,構造IV,pp.295-296,2015.9
帆苅昂太朗,菅野秀人,西田哲也:曲げせん断型振動試験体の MR ダンパーによる地震応答制御に関する基礎的検討,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集,構造II,pp.725-726,2015.9
斎藤悠介,クアドラ・カルロス:微動測定と加振実験による神社建築の振動特性に関する検討,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集,構造II,pp.915-916,2015.9
佐々木翼,浅野耕一,長谷川兼一,菅野秀人,村田涼,宮岡大,金子尚志:住宅設計の初期段階での意思決定を支援する LCA ツールの開発 その5 拡張性を考慮した実装に関する検討,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集,環境工学I,pp.1087-1088,2015.9
"Carlos H. Cuadra:Structural condition of Peruvian heritage architecture to resist earthquake actions,2015 World Congress on Advances in Structural Engineering and Mechanics, ASEM15,2015.8
"Yusuke SAITO, Carlos Cuadra:Estimation of vibration characteristics of traditional Japanese wooden shrines considering frictional supports,2015 World Congress on Advances in Structural Engineering and Mechanics, ASEM15,2015.8
"Takahiro TAGUCHI, Carlos Cuadra:Influence of bond types on brick masonry strength,2015 World Congress on Advances in Structural Engineering and Mechanics, ASEM15,2015.8
Kotaro HOKARI, Hideto KANNO, Tetsuya NISHIDA:Shaking table tests of bending-shear vibration model with magneto-rheological fluid damper,2015 World Congress on Advances in Structural Engineering and Mechanics, ASEM15,2015.8
和賀一晟, 櫻井真人, 小幡昭彦, 西田哲也:余震時応答推定に用いるスリップ性状を考慮した復元力モデルの検討,コンクリート工学年次論文集,Vol.37,No.2,pp.781-786,2015.7
菅野秀人, 櫻井真人, 藤井賢志, 西田哲也:せん断柱と曲げ柱からなる並列1自由度系モデルの擬似動的実験,コンクリート工学年次論文集,Vol.37,No.2,pp.673-678,2015.7
帆苅昂太朗,菅野秀人,西田哲也:曲げせん断型振動系の可変ダンパーによる全体曲げ変形制御に関する研究,第14回「運動と振動の制御」シンポジウム,MoViC2015,pp.137-142,2015.6
斎藤悠介,クアドラ・カルロス:微動測定と加振実験による神社建築の振動特性に関する検討,日本建築学会東北支部研究報告集,No.78,pp.45-48,2015.6
古川征志,クアドラ・カルロス:目地モルタル強度が組積煉瓦の力学的特性に及ぼす影響に関する検討(その2)積み方の異なる組積煉瓦圧縮試験の結果および考察,日本建築学会東北支部研究報告集,No.78,pp.21-24,2015.6
クアドラ・カルロス,田口貴大,古川征志:目地モルタル強度が組積煉瓦の力学的特性に及ぼす影響に関する検討(その1)煉瓦ユニットおよびモルタル圧縮試験の結果および考察,日本建築学会東北支部研究報告集,No.78,pp.17-20,2015.6
菅又友喜,菅野秀人,櫻井真人,寺本尚史,西田哲也:鉄筋コンクリート造柱を対象としたせん断柱と曲げ柱の2体同時加力による擬似動的実験,日本建築学会東北支部研究報告集,No.78,pp.13-16,2015.6
和賀一晟,櫻井真人,小幡昭彦,西田哲也:余震時応答における曲げ型RC柱のスリップ性状に関する検討,日本建築学会東北支部研究報告集,No.78,pp.9-12,2015.6
2014年度(平成26年度)
緑川雄貴,小幡昭彦,西田哲也,小林淳:流体解析を用いた建築物に作用する津波波圧分布に関する検討,日本建築学会大会(近畿)学術講演梗概集,B-1,pp.83-84,2014.9
雨甲斐隆太,青木拓也,妹尾博明,植木良明,松下稔,和田健太郎,西田哲也:端翼を有する小口径場所打ちコンクリート柱状補強体を用いた地盤補強工法の開発 その4 施工方法を改良した工法の概要,日本建築学会大会(近畿)学術講演梗概集,B-1,pp.521-522,2014.9
帆苅昂太朗,菅野秀人,西田哲也:回転方向に設置した磁気粘性流体ダンパーによる曲げせん断型振動モデルの振動制御実験,日本建築学会大会(近畿)学術講演梗概集,B-2,pp.811-812,2014.9
櫻井真人,西田哲也:地震被害を受けたRC造耐震壁部材に対する耐震性能低減係数の算定,日本建築学会大会(近畿)学術講演梗概集,C-2,pp.193-194,2014.9
菅野秀人,小幡昭彦,西田哲也,小林淳:常時微動測定による鉄筋コンクリート造建物の耐震改修効果に関する事例調査,日本建築学会大会(近畿)学術講演梗概集,C-2,pp.199-200,2014.9
小幡昭彦,西田哲也,小林淳:有限要素法解析による面外荷重を受けるRC造壁の終局耐力の検討 その2:面内圧縮軸力を考慮した降伏線理論式の検討,日本建築学会大会(近畿)学術講演梗概集,C-2,pp.355-356,2014.9
福原裕一朗,西田哲也,小林淳,小幡昭彦:崩壊形式の異なる同一RC造ピロティ架構の地震時挙動に関する実験的検討,日本建築学会大会(近畿)学術講演梗概集,C-2,pp.513-514,2014.9
和賀一晟,小幡昭彦,西田哲也,小林淳:補修後に連続地震動を受ける中低層RC造建物の応答性状に関する実験的検討,日本建築学会大会(近畿)学術講演梗概集,C-2,pp.533-534,2014.9
田口貴大,クアドラカルロス:組積煉瓦積み方の違いによる力学的性質の検討 その1:組積壁一軸圧縮試験の結果および考察,日本建築学会大会(近畿)学術講演梗概集,C-2,pp.817-818,2014.9
クアドラカルロス,田口貴大:組積煉瓦積み方の違いによる力学的性質の検討 その2:FEM解析結果を用いた実在建物の圧縮強度およびヤング率推定,日本建築学会大会(近畿)学術講演梗概集,C-2,pp.819-820,2014.9
佐々木翼,浅野耕一,高山あずさ,長谷川兼一,菅野秀人,村田涼,金子尚志:全国アンケート調査による戸建住宅での用途別エネルギー消費量の推定に関する研究 その1 用途別エネルギー消費量の地域性に対する一考察,日本建築学会大会(近畿)学術講演梗概集,D-1,pp.1085-1086,2014.9
高山あずさ,浅野耕一,長谷川兼一,菅野秀人,村田涼,金子尚志:住宅設計の初期段階での意思決定を支援するLCAツールの開発 その3 クライアントの視点による入力項目の基本構成に対する検討,日本建築学会大会(近畿)学術講演梗概集,D-1,pp.1099-1100,2014.9
浅野耕一,高山あずさ,長谷川兼一,菅野秀人,村田涼,金子尚志:住宅設計の初期段階での意思決定を支援するLCAツールの開発 その4 クラス図を用いた計算過程の検討,日本建築学会大会(近畿)学術講演梗概集,D-1,pp.1101-1102,2014.9
Nobuhiro SHIMOI, Masahiro SAIJO, Carlos CUADRA and Hirokazu MADOKORO:Comparison of Natural Frequencies of Vibration for a Bridge Obtained from Measurements with Accelerometers and Piezoelectric Cable Sensor,15th EUROPEAN CONFERENCE ON EARTHQUAKE ENGINEERING,Istanbul,paper ID 181,2014.8
Carlos CUADRA, Nobuhiro SHIMOI, Tetsuya NISHIDA and Hirokazu MADOKORO:Dynamic Characteristics of a Bridge using Ambient Vibration Measurements and Finite Element Analysis,15th EUROPEAN CONFERENCE ON EARTHQUAKE ENGINEERING,Istanbul,paper ID 365,2014.8
Kazuhiro HATADA and Carlos CUADRA:Dynamic response of low‐rise building with different base isolation devices,15th EUROPEAN CONFERENCE ON EARTHQUAKE ENGINEERING,Istanbul,paper ID 397,2014.8
Takahiro TAGUCHIand Carlos CUADRA:Mechanical Properties of Brick Masonry with Different Types of Bonds,15th EUROPEAN CONFERENCE ON EARTHQUAKE ENGINEERING,Istanbul,paper ID 400,2014.8
Carlos H. Cuadra, Tetsuya Nishida and Nobuhiro Shimoi:New Piezoelectric Bolt Sensor for Estimation of Dynamic Properties of Wooden Structures,5th International Conference on Systematic Innovation,San Jose, USA, paper ID 49,2014.7
菅野秀人,寺本尚史,西田哲也,小林淳:鉄筋コンクリート造ピロティ架構を対象とした瞬間最大入力エネルギーに基づく地震応答推定に関する研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.36,No.2,pp.691-696,2014.7
櫻井真人,西田哲也:地震被害を受けたRC 造耐震壁部材の残存耐震性能評価,コンクリート工学年次論文集,Vol.36,No.2,pp.721-726,2014.7
小幡昭彦,西田哲也,小林淳:面外荷重を受けるRC造外壁の終局耐力計算法に関する検討,コンクリート工学年次論文集,Vol.36,No.2,pp.946-954,2014.7
帆苅 昂太朗,菅野 秀人,西田 哲也:曲げせん断型モデルの回転方向に設置したMRダンパーの振動制御に関する研究 ,日本建築学会東北支部研究報告集,No.77,pp.35-38,2014.6
菅野 秀人,奥山 敦之,小幡 昭彦,西田 哲也,小林 淳:耐震改修を実施した鉄筋コンクリート造庁舎の常時微動測定による振動特性調査,日本建築学会東北支部研究報告集,No.77,pp.47-50,2014.6
緑川 雄貴,小幡 昭彦,西田 哲也,小林 淳:VOF 自由表面流解析を用いた建築物に作用する津波波圧に関する検討,日本建築学会東北支部研究報告集,No.77,pp.55-58,2014.6
田口 貴大,クアドラ カルロス:組積煉瓦積み方の違いによる力学的性質に関する研究,日本建築学会東北支部研究報告集,No.77,pp.83-86,2014.6
布谷 優綺,菅野 秀人,西田 哲也,小林 淳:柱内法高さの異なる鉄筋コンクリート造ピロティ架構のサブストラクチャ擬似動的実験,日本建築学会東北支部研究報告集,No.77,pp.91-94,2014.6
小幡 昭彦,西田 哲也,小林 淳:面外から荷重を受ける RC 造外壁の終局耐力計算法の検討,日本建築学会東北支部研究報告集,No.77,pp.95-98,2014.6
和賀 一晟,小幡 昭彦,西田 哲也,小林 淳:補修後に連続地震動を受ける中低層 RC 造建物の応答性状に関する実験的検討,日本建築学会東北支部研究報告集,No.77,pp.99-102,2014.6
福原 裕一朗,堂山 哲,西田 哲也,小林 淳,小幡 昭彦,寺本 尚史:RC 造ピロティ架構の地震時挙動に関する検討,日本建築学会東北支部研究報告集,No.77,pp.103-106,2014.6
Carlos H. Cuadra:The Challenges of Protecting Peruvian Heritage Architecture from Earthquake Disasters,1st International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems,pp.739-742,2014.4
2013年度(平成25年度)
Carlos Cuadra:An evaluation of the dynamic properties of traditional wooden shrines located in Yurihonjo, Akita,東北地域災害科学研究,Vol.49,2014.3
Carlos H. Cuadra, Nobuhiro Shimoi, Tetsuya Nishida and Masahiro Saijo:Estimation of Dynamic Properties of Traditional Wooden Structures Using New Bolt Sensor,13th International Conference on Control, Automation and Systems (ICCAS 2013),Korea,2013.10
下井信浩,C. H. Cuadra,西條雅博,間所洋和:簡易ピエゾケ-ブル変位センサと有限要素法を用いた伝統木造構造物の振動解析,日本機械学会論文集(C 編),Vol.79,No.806,pp.153-163,2013.10
伊藤朋,植木良明,片貝尚史,三ツ井雅人,佐野俊次,妹尾博明,西田哲也:鋼管杭の周面をセメントミルクで充填した回転貫入鋼管杭工法の開発 その1 工法の概要,日本建築学会大会(北海道)学術講演梗概集,B-1,pp.517-518,2013.8
三ツ井雅人,奈良伸太郎,青木拓也,雨甲斐隆太,妹尾博明,藤田秀明,西田哲也:先端翼を有する小口径場所打ちコンクリート柱状補強体を用いた地盤補強工法の開発 その1 工法の概要,日本建築学会大会(北海道)学術講演梗概集,B-1,pp.797-798,2013.8
畑田和弘,クアドラカルロス:戸建住宅を対象とする免震装置を用いた構造別での有限要素法による応答性状に関する予備検討,日本建築学会大会(北海道)学術講演梗概集,B-2,pp.475-476,2013.8
野田圭介,小幡昭彦,西田哲也,小林淳:耐震診断における山形鋼筋違接合部の靭性指標に着目した耐震性能評価に関する検討,日本建築学会大会(北海道)学術講演梗概集,C-1,pp.1355-1356,2013.8
小幡昭彦,西田哲也,寺本尚史,菅野秀人,小林淳:有限要素法解析による面外荷重を受けるRC造壁の終局耐力の検討,日本建築学会大会(北海道)学術講演梗概集,C-2,pp.87-88,2013.8
櫻井真人,倉本洋:複数開口を有するRC 造耐震壁の構造性能に関する研究 その12.曲げ降伏型有開口耐震壁のパラメトリック解析,日本建築学会大会(北海道)学術講演梗概集,C-2,pp.115-116,2013.8
菅野秀人,寺本尚史,西田哲也,小林淳:パルス波入力による鉄筋コンクリート造ピロティ架構のサブストラクチャ擬似動的実験,日本建築学会大会(北海道)学術講演梗概集,C-2,pp.545-555,2013.8
高山あずさ,浅野耕一,長谷川兼一,菅野秀人,村田涼,天間佑貴,金子尚志:住宅設計の初期段階での意思決定を支援する LCA ツールの開発 その1 評価対象範囲に関する検討,日本建築学会大会(北海道)学術講演梗概集,D-1,pp.991-992,2013.8
天間佑貴,浅野耕一,長谷川兼一,菅野秀人,村田涼,高山あずさ,金子尚志:住宅設計の初期段階での意思決定を支援するLCA ツールの開発 その2 ユーザビリティに関する検討,日本建築学会大会(北海道)学術講演梗概集,D-1,pp.993-994,2013.8
髙山あずさ,浅野耕一,長谷川兼一,菅野秀人,村田涼,天間佑貴,金子尚志:住宅設計初期段階用の居住者被害算定型LCAツールの開発,日本建築学会環境系論文集,No.691,pp.719-714,2013.9
"Hideto Kanno, Tetsuya Nishida and Jun Kobayashi:Substructure Pseudo-Dynamic Tests on Seismic Response Control of Soft-First-Story Buildings,Geotechnical, Geological and Earthquake Engineering,Vol.26,Seismic Evaluation and Rehabilitation of Structures,pp.341-354,2013.8"
兎澤 圭亮,小幡 昭彦,西田 哲也,小林 淳:連続地震動を受けるRC造架構の応答性状に関する実験的研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.35,No.2,pp.895-900,2013.7
櫻井真人,田中昭,倉本洋,松井智哉:曲げ降伏型複数開口RC造耐震壁のFEMによるパラメトリック解析,コンクリート工学年次論文集,Vol.35,No.2,pp.385-390,2013.7
天間佑貴,浅野耕一, 長谷川兼一,菅野秀人,村田涼,金子尚志,高山あずさ:住宅設計の初期段階における居住者被害算定型LCA ツールの開発,その1 評価対象範囲とユーザビリティに関する検討,日本建築学会東北支部研究報告集,No.76,2013.6
高山あずさ,浅野 耕一,長谷川兼一,菅野秀人,村田 涼,天間佑貴,金子尚志:住宅設計の初期段階における居住者被害算定型LCA ツールの開発,その2 ケーススタディによるツールの有効性の検討,日本建築学会東北支部研究報告集,No.76,2013.6
Carlos H. Cuadra:Dynamic Properties of a Base-Isolated Low-Rise Structure after the Great East Japan Earthquake,World Academy of Science, Engineering and Technology,No.77,pp.1624-1628,2013.5
Carlos H. Cuadra:Constitutive Relationships for Concrete Materials Based on Simple Linear Transformations,Recent Advances in Modern Educational Technologies, Proceedings of the 12th International Conference on Education and Educational Technology (EDU '13),pp.135-138,2013.4
Carlos H. Cuadra:Changes of Curriculum and Effects of Language on Structural Engineering Education in Japan,Recent Advances in Modern Educational Technologies, Proceedings of the 12th International Conference on Education and Educational Technology (EDU '13),pp.38-41,2013.4
2012年度(平成24年度)
Carlos Cuadra, Taiki Saito, and Carlos Zavala:Diagnosis for Seismic Vulnerability Evaluation of Historical Buildings in Lima, Peru,Journal of Disaster Research,Vol.8,No.2,pp.320-327,2013.3
Akihiko Obata, Tetsuya Nishida, Naofumi Teramoto, Hideto Kanno and Jun Kobayashi:Evaluation of Tsunami Load Based on Damage Observations after Great East Japan Earthquake,10th International Conference on Urban Earthquake Engineering,pp.1871-1874,2013.3
Hideto Kanno, Naofumi Teramoto, Tetsuya Nishida and Jun Kobayashi:Substructure Pseudo-Dynamic Tests of Reinforced Concrete Frames with Soft-First-Story,10th International Conference on Urban Earthquake Engineering,pp.661-666,2013.3
N. Shimoi, C. H. Cuadra, H. Madokoro and M. Saijo:Simple Smart Piezoelectric Bolt Sensor for Structural Monitoring of Bridges,International Journal of Instrumentation Science,Vol.1,No.5,pp.78-83,2012.
C.H.Cuadra, T.Saito and C.Zavala:Dynamic characteristics of traditional adobe-quincha buildings in Peru,15th World Conference on Earthquake Engineering,Lisboa,paper ID 2653,2012.9
Masaki Maeda, Kanako Takahashi, Hamood Alwashali, Akira Tasai, Hitoshi Shiohara, Kazuhiro Kitayama, Susumu Kono and Tetsuya Nishida:Damage Survey on Reinforced Concrete School Buildings in Miyagi after the 2011 East Japan Earthquake,15th World Conference on Earthquake Engineering,Lisboa,paper ID 2591,2012.9
S.Ishiyama and C.H.Cuadra:Behavior of RC Structures Under Tsunami Triggered by The Great East Japan Earthquake,15th World Conference on Earthquake Engineering,Lisboa,paper ID 2150,2012.9
N.Teramoto, A.Obata, H.Kanno, T.Nishida and J.Kobayashi:Experimental studies on side columns of a RC frame with soft 1st story designed on the assumption of different failure modes,15th World Conference on Earthquake Engineering,Lisboa,paper ID 2060,2012.9
Akihiko OBATA, Tetsuya NISHIDA, Jun KOBAYASHI and Naofumi TERAMOTO:Experimental Study on Steel Structural Frame Connected by Beam-Column Joints by Nonlinear Elastic Hysteresis Hinge,15th World Conference on Earthquake Engineering,Lisboa,paper ID 2047,2012.9
Y.Yamada, N.Shimoi, C.H.Cuadra, N.Miyahara and T.Doko:Forced vibration test on wooden model to simulate the seismic behavior of traditional Japanese wooden shrines,15th World Conference on Earthquake Engineering,Lisboa,paper ID 1721,2012.9
Y.Yamada, C.H.Cuadra, T.Doko and N.Miyahara:Vulnerability of traditional wooden shrines located at Yurihonjo, Japan,15th World Conference on Earthquake Engineering,Lisboa,paper ID 1712,2012.9
H.Kanno, T.Nishida and J.Kobayashi:Estimation Method of Seismic Response Based on Momentary Input Energy Considering Hysteresis Shapes of a Building Structure,15th World Conference on Earthquake Engineering,Lisboa,paper ID 1387,2012.9
C.H.Cuadra, W.Fujisawa and T.Saito:Collapse simulation of unreinforced masonry walls,15th World Conference on Earthquake Engineering,Lisboa,paper ID 1292,2012.9
C.H.Cuadra and Y.Meguro:Evaluation of the dynamic characteristics of a base-isolated low-rise RC building after the Great East Japan Earthquake,15th World Conference on Earthquake Engineering,Lisboa,paper ID 1284,2012.9
C.H.Cuadra:Seismic Vulnerability of Santo Domingo Church,Cusco, Peru,15th World Conference on Earthquake Engineering,Lisboa,paper ID 1012,2012.9
小幡昭彦,西田哲也,寺本尚史,菅野秀人,石山智,小林淳:東北地方太平洋沖地震の津波被害調査に基づく津波外力についての検討,日本建築学会大会(東海)学術講演梗概集,B-1,pp.27-28,2012.9
菅野秀人,榛葉亮太,寺本尚史,西田哲也,小林淳:RC 造ピロティ架構に対する瞬間最大入力エネルギーと最大応答値の推定,日本建築学会大会(東海)学術講演梗概集,B-2,pp.719-720,2012.9
堂山哲,西田哲也,小林淳,寺本尚史:鋼管巻き鉄筋コンクリート杭の力学的性能に関する実験的検討,日本建築学会大会(東海)学術講演梗概集,C-1,pp.1391-1392,2012.9
漆原義基,村上純一,菅野秀人,西田哲也,小林淳:偏心を有するRC 造建物の構面ごとの耐力割増しに関する検討,日本建築学会大会(東海)学術講演梗概集,C-2,pp.629-630,2012.9
C.H. Cuadra, T. Saito and C. Zavala:Basic study for vulnerability evaluation of historical buildings in Lima Center,Proceedings of the International Symposium on Reliability Engineering and Risk Management ISRERM 2012,Japan. CD, Abs. No. 37,2012.8
兎澤圭亮,寺本尚史,西田哲也,小林淳:余震による地震入力を受ける場合の応答推定手法に関する検討,コンクリート工学年次論文集,Vol.34,No.2,pp.895-900,2012.7
菅野秀人,寺本尚史,西田哲也,小林淳:鋼材ダンパーを設置した6層鉄筋コンクリート造ピロティ架構のサブストラクチャ擬似動的実験,コンクリート工学年次論文集,Vol.34,No.2,pp.763-768,2012.7
小幡昭彦,西田哲也,寺本尚史,菅野秀人,石山智,小林淳:2011年東北地方太平洋沖地震による津波被害調査に基づく津波外力の検討 津波被害事例S造構造物の水平耐力と浸水深に関する考察,日本建築学会東北支部研究報告集,No.75,pp.77-80,2012.6
漆原義基,村上純一,菅野秀人,西田哲也,小林淳:偏心を有するRC造建物における合理的な構面ごとの耐力決定手法に関する研究,日本建築学会東北支部研究報告集,No.75,pp.145-148,2012.6
菅野秀人,榛葉亮太,寺本尚史,西田哲也,小林淳:サブストラクチャ擬似動的実験に基づくRC造ピロティ架構のエネルギー応答,日本建築学会東北支部研究報告集,No.75,pp.149-152,2012.6
兎澤圭亮,高橋朋希,寺本尚史,西田哲也,小林淳:異なる崩壊形式をもつRC造ピロティ建物の損傷度評価に関する実験的研究,日本建築学会東北支部研究報告集,No.75,pp.153-156,2012.6
小幡昭彦,西田哲也,菅野秀人,小林淳,三浦伸:秋田県内の屋内運動場に関する耐震診断事例調査,日本建築学会技術報告集,第18巻,第39号,pp.541-546,2012.6
Carlos H. Cuadra:Behavior of RC Buildings to Tsunami Action,World Academy of Science, Engineering and Technology,Issue 65,pp.570-576,2012.5
2011年度(平成23年度)
榛葉亮太,菅野秀人,西田哲也,小林 淳:鉄筋コンクリート造建物を対象とした履歴性状に着目した地震応答推定手法に関する検討,構造工学論文集,Vol.58B,pp.67-72,2012.3
村上純一,菅野秀人,西田哲也,小林淳:偏心を有する架構モデルの耐力割増し方法の違いが耐震性能に及ぼす影響,構造工学論文集,Vol.58B,pp.73-78,2012.3
H. Kanno, N. Teramoto, T. Nishida, J. Kobayashi:Substructure Pseudo-Dynamic Tests on Seismic Response Control of Soft-first-story Buildings, International Workshop "Role of research infrastructures in seismic rehabilitation",Istanbul,Abstract ID SS6-4,2012.2
小幡昭彦,西田哲也,小林淳:多雪地域における屋内運動場等の耐震性能診断基準における保有水平耐力算定法についての検討,日本建築学会技術報告集,第18巻,第38号,pp.199-202,2012.2
Carlos Cuadra, Taiki Saito and Carlos Zavala:Diagnosis for vulnerability evaluation of historical buildings in Lima Center,UIA2011 TOKYO The 24th World Congress of Architecture,2011.10
C. Cuadra and S. Ishiyama:An outline of RC buildings performance under tsunami triggered by East Japan great earthquake,8th International Conference on Earthquake Resistant Engineering Structures ERES 2011, Chianciano Terme, Italy,2011.9
C. Cuadra:Vulnerability of Machu Picchu citadel 100 years after its scientific discovery,12th International Conference on Structural Studies, Repairs and Maintenance of Heritage Architecture, STREMAH XII, Chianciano Terme, Italy,2011.9
Carlos Humberto Cuadra:Vulnerability of Adobe-Quincha buildings located at Lima Historic Centre,The 2011 World Congress on Advances in Structural Engineering and Mechanics, Sheraton Walker Hill Hotel, Seoul, South Korea,2011.9
Yuta Yamada and Carlos Humberto Cuadra:Vibration characteristics of traditional shrines of Yurihonjo city, Japan,The 2011 World Congress on Advances in Structural Engineering and Mechanics, Sheraton Walker Hill Hotel, Seoul, South Korea,2011.9
榛葉亮太,菅野秀人,西田哲也,小林淳:RC造ピロティ架構に対する瞬間入力エネルギーを用いた応答推定手法の適用,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集,B-2,pp.225-226,2011.8
兎澤圭亮,西田哲也,小林淳:衝突を許容した建物の構造設計に関する検討,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集,B-2,pp.271-272,2011.8
村上純一,菅野秀人,西田哲也,小林淳:偏心を有するRC造建物におけるフレーム毎のエネルギー応答性状に関する研究,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集,B-2,pp.283-284,2011.8
山田悠太,Carlos Cuadra:常時微動測定を用いた由利本荘市内における文化財神社建築の振動特性の検討,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集,B-2,pp.387-388,2011.8
小幡昭彦,西田哲也,菅野秀人,小林淳,三浦伸:秋田県における屋内運動場の耐震性能診断事例調査,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集,C-1,pp.983-984,2011.8
寺本尚史,西田哲也,小林淳:架構全体の挙動を考慮したRC造ピロティ柱のサブストラクチャ静的加力実験,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集,C-2,pp.165-166,2011.8
菅野秀人,山崎敏夫,西田哲也,小林淳:耐震診断結果に基づく秋田県内のRC造校舎の地震被害予測に関する検討,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集,C-2,pp.445-446,2011.8
兎澤圭亮,西田哲也,小林淳:衝突を許容した建物の構造設計に関する検討, 日本建築学会東北支部研究報告集,No.74,pp.61-64,2011.6
Cuadra C.H.,川村晃平:組積煉瓦の力学的性質に関する検討, 日本建築学会東北支部研究報告集,No.74,pp.37-38,2011.6
開田祥平,小林美幸,小幡昭彦,西田哲也,小林淳:端あき不足により破断を生じる山形鋼筋違接合部の溶接補強効果に関する研究, 日本建築学会東北支部研究報告集,No.74,pp.29-32,2011.6
小幡昭彦,高橋なつ美,西田哲也,菅野秀人,小林淳,三浦伸:秋田県における屋内運動場の耐震性能診断事例に関する調査研究 その2:設計用積雪荷重の変遷と耐震診断事例の傾向について, 日本建築学会東北支部研究報告集,No.74,pp.27-28,2011.6
小幡昭彦,高橋なつ美,西田哲也,菅野秀人,小林淳,三浦伸:秋田県における屋内運動場の耐震性能診断事例に関する調査研究 その1:耐震診断事例の傾向と考察, 日本建築学会東北支部研究報告集,No.74,pp.23-26,2011.6
寺本尚史,藤間洋大,西田哲也,小林淳:静的漸増載荷時の架構全体の挙動を考慮したRC造柱のサブストラクチャ・オンライン実験手法, 日本建築学会東北支部研究報告集,No.74,pp.5-8,2011.6
2010年度(平成22年度)
榛葉亮太,菅野秀人,西田哲也,小林淳:RC 造ピロティ架構の等価線形化手法を用いた地震応答推定に関する考察,第13回日本地震工学シンポジウム論文集,pp.2231-2238,2010.11
村上純一,菅野秀人,西田哲也,小林淳:RC 構造物を対象とした偏心が保有水平耐力とエネルギー応答に及ぼす影響に関する研究,第13回日本地震工学シンポジウム論文集,pp.2246-2253,2010.11
寺本尚史,西田哲也,小林淳:1 階側柱の軸方向変位を考慮した高層 RC 造ピロティ架構の地震時挙動に関する研究,第13回日本地震工学シンポジウム論文集,pp.4022-4028,2010.11
開田祥平,坂本啓太,小幡昭彦,西田哲也,小林淳:耐震補強時における単一山形鋼筋違接合部の溶接補強に関する研究,第13回日本地震工学シンポジウム論文集,pp.4106-4113,2010.11
菅野秀人,山崎敏夫,西田哲也,小林淳:秋田県内の既存RC造校舎のコンクリート実測強度の現状と一考察,第13回日本地震工学シンポジウム論文集,pp.4114-4119,2010.11
小幡昭彦,武田祐司,西田哲也,小林淳:屋内運動場の耐震診断における保有水平耐力略算法に関する一提案,日本鋼構造協会鋼構造年次論文報告集,Vol.18,pp.23-30,2010.11
菅野秀人:ソフトストーリーのある鉄筋コンクリート造構造物の地震応答制御に関する近年の研究事例,コンクリート工学,Vol.48,No.11,pp.49-54,2010.11
五十嵐信貴,Carlos Cuadra,Hemanta Hazarika:タイヤリサイクル材を用いたジオグリッドの引抜き特性の検討,日本建築学会大会(北陸)学術講演梗概集,B-1,pp.445-446,2010.9
杉山慧太,Curlos Cuadra:サイト特性評価のための強制微弱加振を用いたH/Vスペクトル法の検討,日本建築学会大会(北陸)学術講演梗概集,B-2,pp.789-790,2010.9
開田祥平,坂本啓太,小幡昭彦,西田哲也,小林淳:溶接補強を施した山形鋼筋違接合部の応力伝達特性に関する研究,日本建築学会大会(北陸)学術講演梗概集,C-1,pp.983-984,2010.9
寺本尚史,西田哲也,小林淳:崩壊形式の異なる高層RC造ピロティ架構のサブストラクチャ擬似動的実験,日本建築学会大会(北陸)学術講演梗概集,C-2,pp.249-250,2010.9
菅野秀人,山崎敏夫,西田哲也,小林淳:秋田県内におけるRC 造校舎の耐震診断・補強結果の傾向と考察,日本建築学会大会(北陸)学術講演梗概集,C-2,pp.515-516,2010.9
村上純一,菅野秀人,西田哲也,小林淳:偏心を有するRC造建物における耐力低下と形状係数に関する研究,日本建築学会大会(北陸)学術講演梗概集,C-2,pp.701-702,2010.9
榛葉亮太,菅野秀人,西田哲也,小林淳:RC造ピロティ架構に対する等価線形化手法の適用に関する考察,日本建築学会大会(北陸)学術講演梗概集,C-2,pp.709-710,2010.9
Sugiyama K.,Fujiwara Y.,Cuadra C.H.:Characteristics of Peak Acceleration and Attenuation During The 2008 IWATE‐MIYAGI Earthquake,14th EUROPEAN CONFERENCE ON EARTHQUAKE ENGINEERING,Ohrid,paper ID 385,2010.8
Igarashi N.,Oshikiri S.,Cuadra C.H.:Dynamic Properties of Traditional Wooden Temples Located in Yurihonjo city, JAPAN,14th EUROPEAN CONFERENCE ON EARTHQUAKE ENGINEERING,Ohrid,paper ID 505,2010.8
Cuadra C.H.:Damages Evaluation of a Group of Historical Buildings in Machupicchu,14th EUROPEAN CONFERENCE ON EARTHQUAKE ENGINEERING,Ohrid,paper ID 506,2010.8
Cuadra C.H., Sugiyama K.:Effect of Forced Micro Vibration on H/V Spectrum Ratio,14th EUROPEAN CONFERENCE ON EARTHQUAKE ENGINEERING,Ohrid,paper ID 384,2010.8
C. Cuadra:Conic curves to model mechanical properties of materials,14th International Conference on Geometry and Graphics,Kyoto, Paper 121, Abstract pp 108,2010.8
C. Cuadra:Challenges in Building Structure Engineering Education,9th WSEAS International Conference on EDUCATION and EDUCATIONAL TECHNOLOGY,Iwate, Japan,pp.123-125,2010.8
Hideto KANNO, Tetsuya NISHIDA and Jun KOBAYASHI :Semi-active Control of MR Dampers Setting at Inter-Stories Level of a Building,The 10th International Confe-rence on Motion and Vibration Control,No.10-203,CD-ROM 1A-14,pp.1-11,2010.8
寺本尚史,西田哲也,小林淳:変動軸力が卓越する高層RC造純ラーメン架構1階側柱の地震時挙動に関する研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.32,No.2,pp.91-96,2010.7
五十嵐信貴,CUADRA, C.H:タイヤリサイクル材を用いたジオグリッドの引抜き特性の検討, 日本建築学会東北支部研究報告集,No.73,pp.69-72,2010.6
小幡昭彦,西田哲也,小林淳:屋内運動場の耐震性能診断基準における保有水平耐力略算法に関する一考察, 日本建築学会東北支部研究報告集,No.73,pp.73-76,2010.6
寺本尚史,前田康次,泉澤喬,西田哲也,小林淳:崩壊形式の異なる高層RC造ピロティ架構の地震時挙動に関する研究, 日本建築学会東北支部研究報告集,No.73,pp.99-102,2010.6
村上純一,菅野秀人,西田哲也,小林淳:偏心を有するRC造建物における耐力低下と形状係数に関する研究, 日本建築学会東北支部研究報告集,No.73,pp.103-106,2010.6
菅野秀人,中村浩紀,山崎敏夫,西田哲也,小林淳:既存低強度RC造校舎の耐震性能評価に関する研究, 日本建築学会東北支部研究報告集,No.73,pp.107-110,2010.6
榛葉亮太,菅野秀人,西田哲也,小林淳:RC造ピロティ架構の地震応答予測手法に関する考察, 日本建築学会東北支部研究報告集,No.73,pp.155-158,2010.6
杉山慧太,CUADRA, C.H:サイト特性評価のための強制微弱加振を用いたH/Vスペクトル法の検討, 日本建築学会東北支部研究報告集,No.73,pp.167-170,2010.6
2009年度(平成21年度)
KANNO Hideto ,NISHIDA Tetsuya,KOBAYASHI Jun and INOUE Norio:Structural Response Control by Controllable Dampers Setting at Inter-Story of Buildings,7th International Conference on Urban Earthquake Engineering & 5th International Conference on Earthquake Engineering,CD-ROM paper,pp.1105-1110,2010.3
CUADRA, C.H:DYNAMIC CHARACTERISTICS OF A HISTORICAL MASONRY BUILDING LOCATED IN AKITA,平成21年度東北地域災害科学研究,No.46,pp.101-106,2010.3
宮本義貴,植松康,小幡昭彦,濁川拓也:弾性関節骨組における柱・梁接合部の離間回転性能に関する研究,日本鋼構造協会鋼構造論文集,Vol.16,No.64,pp.31-40,2009.12
小幡昭彦,西田哲也,寺本尚史,小林 淳:耐震診断および耐震補強時における単一山形鋼筋違接合部の保有・非保有耐力接合の判定に関する考察,日本建築学会構造系論文集,Vol.74,No.645,pp.2095-2102,2009.11
CUADRA, C.H:EVALUACIÓN DE LAS CARACTERÍSTICAS DINÁMICAS DE LAS ESTRUCTURAS USANDO MEDICIONES DE MICROVIBRACIÓN, I Congreso Latinoamericano de Ingenieros Civiles ( I COLIC ), Trujillo, Perú(First Latinamerican Congress of Civil Engineering, Keynote Lecture),2009.9
CUADRA, C.H and TOHESHI, K:Seismic Vulnerability of a historical masonry building located in Akita prefecture, Japan,Proceedings of the Tenth International Conference on Structural Safety and Reliability (ICOSSAR2009), Osaka, Japan,CD-ROM paper,pp.246-247(Abstract),2009.9
CUADRA, C.H:Vibration Characteristics of an Old Steel Bridge,Sustainable Infrastructure Environment Friendly, Safe and Resource Efficient, IABSE Symposium Bangkok 2009,CD-ROM paper,pp.246-247(Abstract),2009.9
ハザリカヘマンタ,五十嵐信貴:タイトル:タイヤチップを免震材として用いた基礎地盤の改良効果,日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集,B-1,pp.475-476,2009.8
渡邊直人,奥野稔,ハザリカヘマンタ:グラウト注入型回転貫入杭の載荷試験 杭先端地盤改良の効果,日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集,B-1,pp.605-606,2009.8
土屋亘,小幡昭彦,植松康,宮本義貴:弾性関節骨組における柱・梁接合部の離間回転性能に関する実験的研究,日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集,C-1,pp.1103-1104,2009.8
坂本啓太,小幡昭彦,西田哲也,小林淳:溶接補強を施した単一山形鋼筋違接合部の応力伝達特性に関する研究,日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集,C-1,pp.913-914,2009.8
小幡昭彦,鈴木優輔,西田哲也,坂本啓太・小林淳:耐震補強時における単一山形鋼筋違接合部の溶接補強効果についての実験的研究 その1:引張実験概要および実験結果,日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集,C-1,pp.917-918,2009.8
鈴木優輔,坂本啓太,西田哲也,小林淳,小幡昭彦:耐震補強時における単一山形鋼筋違接合部の溶接補強効果についての実験的研究 その2 溶接位置の違いを考慮した最大耐力評価,日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集,C-1,pp.919-92,2009.8
田口信,寺本尚史,西田哲也,小林淳:変動軸力を受けるRC柱のモールクーロンの破壊基準に基づいたせん断耐力の検討,日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集,C-2,pp.257-258,2009.8
寺本尚史,泉澤喬,西田哲也,小林淳:層崩壊形式を想定したRC造ピロティ架構1層側柱のサブストラクチャ擬似動的実験 その1 実験概要およびその手法,日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集,C-2,pp.285-286,2009.8
菅野秀人,山崎敏夫,西田哲也,小林淳:秋田県内のRC造校舎を対象とした構造耐震指標と志賀マップの関係,日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集,C-2,pp.643-644,2009.8
クアドラカルロス:マチュピチュの礎石造建築物の損傷に関する研究,日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集,C-2,pp.957-958,2009.8
CUADRA, C.H:Seismic vulnerability of historical adobe buildings in the coast of Peru, Eleventh International Conference on Structural Studies, Repairs and Maintenance of Heritage Architecture, STREMAH XI, Tallinn,pp.455-463,2009.7
泉澤喬,寺本尚史,西田哲也,小林淳:層崩壊形式を想定したRC造ピロティ架構の1層側柱を対象としたサブストラクチャ擬似動的実験, 日本建築学会東北支部研究報告集,No.72,pp.121-124,2009.6
伊藤達也,菅野秀人,西田哲也,小林淳:袖壁付き柱がRC造建築物の耐震性能に与える影響, 日本建築学会東北支部研究報告集,No.72,pp.125-128,2009.6
寺本尚史,阿部皓樹,西田哲也,小林淳:変動軸力を受けるRC造柱における軸方向復元力特性モデルの検討, 日本建築学会東北支部研究報告集,No.72,pp.129-132,2009.6
本村薫,菅野秀人,西田哲也,小林淳:セミアクティブ制振における等価線形化法を用いた制御係数設定法に関する検討, 日本建築学会東北支部研究報告集,No.72,pp.157-160,2009.6
菅野秀人,西尾猛裕,西田哲也,小林淳:耐震診断結果による秋田県内の鉄筋コンクリート造校舎の耐震性能に関する調査, 日本建築学会東北支部研究報告集,No.72,pp.173-176,2009.6
"鈴木優輔,西田哲也,小幡昭彦,坂本啓太,小林淳:山形鋼筋違接合部の溶接補強効果に関する研究-その1:引張実験に基づく溶接位置の違いによる耐力上昇効果の検討-, 日本建築学会東北支部研究報告集,No.72,pp.83-86,2009.6"
坂本啓太,小幡昭彦,西田哲也,鈴木優輔,小林淳:山形鋼筋違接合部の溶接補強効果に関する研究-その2 有限要素法解析に基づいた応力伝達特性に関する考察-, 日本建築学会東北支部研究報告集,No.72,pp.87-90,2009.6
小幡昭彦,西田哲也,小林淳:耐震補強時における単一山形鋼筋違の材料降伏比の影響に関する考察, 日本建築学会東北支部研究報告集,No.72,pp.91-94,2009.6
"HAZARIKA, H., KOBAYASHI,J., KANNO, H.,MADABHUSHI:Centrifuge modeling for performance evaluation of geotechnical structures improved by earthquake resistant cushion,International Conf. on Performance-Based Design in Earthquake Geotechnical Engineering,CD-ROM paper,2009.6