秋田県立大学創造工房 | Creative Workshop for Students

     ►►HOME     ►►概要     ►►活動内容     ►►地域学習(創造学習)     ►►学内学習(創造楽習)     ►►コンテスト(学内向け)      ►►施設と利用可能物品
     ►►利用手順および申請書     ►►施設利用状況     ►►アクセス


学内学習ー創造楽習ー


講座一覧 (計17テーマ) 一覧[PDF]
番号 テーマ 講師 日時/場所 定員

受講条件

概要 募集期限

みんなの手で茅葺き屋根を葺きましょう!

李雪

特別講師
佐藤茅葺店 佐藤偉仁 氏

計3回開講
@10/21 5限
A10/27 1限〜3限
もしくは
10/29 3限〜5限
B11/11 5限 
※Aは参加状況,天候により決める.

開講場所
@:GI-324号室
A:羽後町小林家
B:創造工房

 

最少3名〜
最大10名

茅葺きは日本の民家や社寺の屋根として、気候風土に適応し、多様で地域性豊かな民家と農村景観をつくりあげてきました。 今回の企画は、茅葺きの歴史、文化、技術を理解するため、
@茅葺きの歴史、文化、地域性について学習する。
A茅葺き技法について茅葺き職人さんによるレクチャーを受講して実際に茅葺きを体験する。
B茅葺き屋根の模型を作る。
と3回の内容を企画しました。

10/14

キャリアフロンティアーズカード体験

嶋崎真仁

10/21
16:10〜17:40

開講場所
GU-609

最少3名〜
最大8名

RPGゲームを楽しみながら、組織で起こる問題を疑似体験します。 個々の特性や価値観の傾向が「見える化」され、自分の特性を知り 将来を考えるヒントになり、社会人基礎力が理解できます。なお、キャ リアカウンセラーの資格を持った方がファシリテータとして参加しま す。

10/14

空気で A ha! 体験
(Solidworks FlowSimulation)

高橋武彦

10/26
14:30〜16:00

開講場所
学部棟U CADコンピュータ実習室(GU-205)

最少1名〜
最大10名
Solidworksの使用経験があればなお良い.

Solidworksを使用して,流れの解析の基礎を学びます.このテーマでは,ストローで発泡スチロール球を浮上させるメカニズムの検証と,最も効率の良い空気の当て方を,実験とSolidworksによる流体解析を組み合わせて検討します.

10/19

実大模型を通して茶室について学ぼう

大塚 亜希子

10/26・28、11/2・4・9・11のうち4日程度
5限または5限終了後
※開催日程は上記日程より参加者の状況により相談して決めます

開講場所
創造工房

 

最少3名〜
最大8名
汚れてもいい服装,スニーカーで参加すること

1 実測と工法検討(@創造工房)
創造工房にある茶室模型の実測をします。
様々な工法が盛り込まれているので、それらがどんな工法なのか検討します。
2 畳の張り替え
・計測体験(@創造工房)
尺寸の特殊な物差しを使って計測体験をします。
3 障子張り替え(@創造工房)
 障子の張り替え体験をします。

10/19

LaTeXでかっこいい論文を書こう−数式を自由自在に書けるようになる−

廣田千明
渡邉貫治
寺田裕樹
安倍幸治
橋浦康一郎
松下慎也
宮本雲平

計2回開講
10/27
17:50-19:50
10/28
17:50-19:50

開講場所
GI-417

最少4名〜
最大16名

授業のスライドや配布資料で数式がきれいに印刷されている資料をみたことはありませんか?それはたぶんLaTeXで作られて います.あんなきれいな資料を作ってみたいと思っている学生さんはこの講座を受講しましょう!

10/20

光で材料を分析してみよう
〜光のいろいろ中級編〜

伊東良太

10/28
14:30-


開講場所
GI-610(予定)

最少2名〜
最大10名

普段みかける材料も見方を変えると全く違う見え方をする場合 がある。例えば、透明なプラスチック板やセロハンテープも偏 光板の間に挟むことで図のように様々な色が見えてくる。本企 画では、光の性質によって現れるこの不思議な現象を理解し、 光を用いた材料の分析に挑戦する。

10/21

光工学の基礎
レーザー光 を成形して観察する

合谷賢治


10/29
17:40以降

開講場所
GII-417

最少1名〜
最大4名

可視(635nm)のレーザー光を2種類の光ファイバに導光させ、光ファイバから出射する光の状態を観察する。また、不可視光(波長980nm)の光の特性や観察方法を体験する。

10/22

秋田の珍現象!
「しゃべるガードレール」の謎を解く

小谷光司
小宮山崇夫

計2回開講
天候により変更有


10/30
16:10-18:00
10/31
13:00-18:00

開講場所
GI-605および
秋田県男鹿市福川起上ケ(八郎潟周辺)

最少1名〜
最大5名

八郎潟干拓地の用水路のほとりに,“それ”はあります。なんとガードレールが「しゃべる」のです。テレビにも取り上げら れ,とある大学の教授がもっともらしく解説しています。しかしながら,学術的には到底納得がいくものではありません。今回,電子工学の観点から理論的に,また実験的にその謎の解明に挑みます。

10/23

紙で防音構造を設計しよう
(Solidworks Simulation)

高橋武彦

11/2
13:00〜16:00

開講場所
学部棟U CADコンピュータ実習室(GU-205)

最少1名〜
最大10名
Solidworksの使用経験があればなお良い.

Solidworksを使用した振動解析を学びます.このテーマでは,色々なものをスピーカーにできる振動スピーカーを取り付けても音が小さくなる構造を,振動の形(周波数と変形モード)の解析をベースに設計し,実際に紙で作ってその効果を検証します.

10/26

スライサーソフトCuraの使い方
-より良い3Dプリントのために-

小宮山崇夫

特別講師
鈴木 圭一 氏

11/6
18:00〜19:30

開講場所
オンライン開催

最少10名〜
最大30名
3Dプリンタでうまく造形できない経験がある学生大歓迎

3Dプリンタで印刷する際にはCADデータをプリンタが処理できる形に変換するスライサーソフトを利用します。スライサーソフトではサポートの配置形状、内部構造の設定が可能で、どう設定するかで仕上がりが大きく変わります。今回はCuraというフリーソフトを用いてより良い 3Dプリントを行う具体的な方法を演習形式で学びます。Curaは創造工房のプリンタにも対応しています。実習はオンライン実施を基本とし、希望者には知能メカトロニクス学科GII-204にあるノートPC(Curaインストール済み)を開放。

10/30

マイクロワイヤーを引っ張ってみよう
-微小引張試験-

藤井達也

11/10 or 11/17
16:30〜19:00

開講場所
GII-523

最少1名〜
最大4名

集積回路やマイクロマシンの配線として用いられるボンディングワイヤー(アルミ線、線径25 μm)の引張試験を行います。微細ワイヤーに引張荷重を与え、ワイヤーが破断するまでの荷重と伸びを測定する方法を学びます。髪の毛(直径60?100 μm)の強度も測定できるかも…

11/2

プログラミング超入門
―プログラミング教育のメンターをめざして―

廣田千明
橋浦康一郎
寺田裕樹
荒谷洋輔


11/10
17:50〜19:20

開講場所
GI-417

最少1名〜
最大10名
全学科対象.教職課程を履修している学生さん大歓迎

小学校でのプログラミング教育が必修化され,2020年度から全国の小学生がプログラミングを学習します.なぜ,今,小学生からプログラミングを学ぶのか.プログラミング教育の現状を踏まえつつ,ビジュアルプログラミング言語Scratchでシューティングゲームを作ります.

11/2

光でアクセサリーを作ろう
〜光のいろいろ番外編〜

伊東良太


11/11
14:30〜

開講場所
GI-610(予定)

最少2名〜
最大10名

本企画では、感光性樹脂であるUVレジンを使ったアクセサリー 作りに挑戦する。光に反応し性質が変わる感光性樹脂は工業分 野だけでなく、ネイルなど美容の分野でも用いられている。本 企画では、感光性材料であるレジンに実際に触れながらアクセ サリー作りに挑戦する。

11/4

レーザー加工機を使って
オリジナルキーホルダーを作ろう

小宮山崇夫


11/13
18:00〜19:00

開講場所
創造工房S-102

最少2名〜
最大10名
全学科対象.教職課程を履修している学生さん大歓迎

創造工房に設置されているレーザー加工機を使い、各自でデザ インしたキーホルダーを作製します。アクリル板、べニヤ板、 紙を切断でき、出力を調整することで刻印ができるレーザー加 工機の使い方をマスターして趣味に、研究に活用してくださ い。

11/6

破壊して観よう

境英一
小宮山崇夫
水野衛


11/16〜11/27の間で2日間程度(1回およそ90分).時間は応相談.

開講場所

電子顕微鏡室(GI-213)、材料試験機室(J105)

最少2名〜
最大10名

材料には金属、セラミックス、プラスチック、繊維強化プラスチック(CFRPやGFRP)など、さまざまな種類があり、その強度 などの機械的性質は材料試験によって明らかにできます。材料試験には引張や曲げ、衝撃などの方法がありますが、各々で破 壊の仕方は違ってきます。その壊れた面にはどのように壊れていったのかという情報が現れます。特に電子顕微鏡で観察する と、肉眼では見ることのできないミクロな情報を得ることができるため、その材料がどうして壊れたのか、なぜ強い、あるい は弱いのか、推理することができます。材料を壊して、電子顕微鏡で破壊の様子を観察してみましょう。

11/9

力が加わる物体に生じる変形についての数値解析入門(ANSYS入門)

伊藤伸


11/27
4時限目〜5時限目


開講場所     
CADコンピュータ実習室(GII-205)

最少3名〜
最大20名
2年生以上向け。機械工学科もしくは機械知能システム学科の専門科目にある材料力学に関わる複数の講義を受講済みもしくは受講中であることが望ましい。

力が作用する物体の変形について数値解析ができるようになることを目的として,有限要素法という方法で計算するソフトANSYSを用いて実際に数値計算をしてみましょう。計算例として,二次元と三次元の単純なモデルについて計算する予定です。

11/20

細胞骨格を観察してみよう

伊藤一志


11/27
16:30〜18:00

開講場所
D306(集合場所:GU-514)

最少1名〜
最大2名
学部1、2、3年を対象とする.

生命の最小単位とされる細胞は張力材と圧縮材から構成されるテンセグリティー構造によって,その形状が支持されていると考えられています。本講座では,細胞内において張力材として働くアクチン骨格を蛍光顕微鏡で観察します。そして,アクチン骨格の分布から細胞内部における張力分布を考えます。

11/20



(開催日順※ただし日程は応募者と相談の上、変更となる場合があります。)

※ 学内学習への応募は秋田県立大学システム科学技術学部に在籍している学生が対象になります。
※ 参加を希望するテーマの日程、募集定員の注意事項をご確認ください。
※ 定員を超えた場合、参加できない場合があります。




過去の学内学習については、
►►活動内容をご参照ください。




学内学習ー創造楽習ー
エントリー


受講を希望する方は、manabaのコース(創造楽習)より受け付けています。

 



(個人情報の取り扱いについて)
提出していただいた個人情報は、公立大学法人秋田県立大学個人情報保護規定により、厳重に管理し、創造工房の用途に限り使用されます。これらの個人情報は正当な理由無く第三者への開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。


秋田県立大学