あきた次世代自動車研究会について


 次世代自動車等を活用した観光・産業振興策を検討することを目的として「あきた次世代自動車実証コンソーシアム」が実施した「田沢湖周辺地域における次世代自動車実証試験」の終了にともない、平成24年4月よりコンソーシアムの組織全体を「あきた次世代自動車研究会」(代表 秋田県立大学 システム科学技術学部 教授 御室哲志)が継承することなりました。

(1)研究会メンバー
  旧コンソーシアムメンバーに新たに協同を希望されるメンバーを加え活動を行います。

(2)活動期間
  2012年4月より2ヶ年程度を想定しています。

 コンソーシアムのネットワークを維持し、実証試験で得られた成果を活用しながら、個別のワーキンググループを立ち上げ活動を行います。
 具体的には、EVのヒーティング技術や暖房能力不足問題に関する情報交換など、寒冷地ユーザーに対するより実用的なソリューションを提供する活動を支援することを目的とした「次世代自動車の暖房システムに関するワーキング」「EV・PHV複数台充電ワーキング」が活動しています。

研究会規約


>>あきた次世代自動車研究会 規約

入会申込書


入会のお申込みをいただく前に、研究会規約をご一読ください。

>>あきた次世代自動車研究会 入会申込書

退会届


>>あきた次世代自動車研究会 退会届


必要事項をご記入の上、事務局までFAXまたはE-Mailでお送りください。

【あきた次世代自動車研究会 事務局】
  秋田県立大学 本荘キャンパス
  地域連携・研究推進センター内
  TEL(FAX).0184-27-2947(2945) 
  E-mail:h_stic[at]akita-pu.ac.jp

関連リンク