炭やき・松くい虫情報

No.231 / 2020.7.29

第191回(2020年第8回)の窯開け作業と第192回の前段作業は6月27日に終了しました


今回はいつもと違うサイズの袋に炭を詰めたので収量を普段と比較できないのですが、出来の良い炭がたくさん取れました。 小雨交じりの中でしたが、人手もだいぶ戻って作業はにぎやかに進みました。 広場にはまだ少し丸太が残っていますが、マツノマダラカミキリの寄生がないことを確認済みのものです。 今シーズンを振り返ると、昨年の夏が暑かった影響なのか被害の発生量が例年より多く、広場に運ばれてきた丸太の量はこれまでで最大規模でした。 途中、新型コロナウイルスの影響のあった中で、あの丸太の山を無事炭にすることができ、ホッとしています。 様々な不安があった中で現場に来てくださったみなさんには改めてお礼申し上げます。

来シーズンの再開前には、1号窯まわりの排水工事などを行います。秋口になると思いますが、時期になったらご連絡すると思いますので、 皆様ご協力をお願いします。


夏の間は例年通り、炭やきはお休みします。来シーズン再開の直前には伐採も予定していますので、予定が立ち次第、ご連絡いたします。

─ 訃報 ─

 当会元副会長の川守田勝雄さんが先日他界されました。川守田さんは、炭やきの会の発足前から会の活動に参加され、窯の火の管理をこまめに見て頂いていました。 また、かつての仲間とのネットワークに当会の活動を広めてくださったり、県内各地の団体と交流を積極的に進めてくださいました。 総会ではたびたび議長を務められて、その名議長ぶりをご記憶の方も多いと思います。この度の訃報に接し寂しさをを禁じえませんが、ご冥福をお祈り申し上げます。(事務局)
 

お問い合せ先

「炭やきで夕日の松原まもり隊」事務局(生物環境科学科 森林科学研究室)

Tel:018-872-1618(坂田)、-1608(星崎)、-1619(蒔田)/Fax:018-872-1677

e-mailは forest.akita.pu@gmail.com まで


この活動は 一般財団法人セブン-イレブン記念財団 の助成を受けています。


過去の炭焼情報