2021.7.8 THU/17:00〜

木(オンラインセミナー)落葉広葉樹老齢林のバイオマスの長期変化:
     カヌマ沢試験地の26年間のデータから

森林総合研究所東北支所 主任研究員 野口麻穂子さん


 森林が成立してから長い時間を経て成熟した「老齢林」は、二酸化炭素の固定などの森林のはたらきにおいて、重要な役割を担っていることが知られています。
 本セミナーでは岩手県と秋田県の県境付近に位置する冷温帯落葉広葉樹林の老齢林に設けられた「カヌマ沢試験地」の事例を取り上げます。
 今回は、森林の炭素固定などのはたらきを知るうえで欠かせない指標であるバイオマス(単位面積あたりの現存量)に注目し、試験地で26年間にわたって観測された樹木の成長・生存・死亡などのデータをもとに、地上部バイオマスがどのように変化してきたかを紹介します。
 また、森林の長期観測の意義や、森林のはたらきに対する気候変動の影響についても考えます。



木木木
 新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、誠に勝手ながら従来の対面での開催を中止し、オンライン(zoom)での開催へ変更させて頂くこととなりました。
 皆様には、ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。今回は急遽オンライン開催となりましたが、今後はコロナの状況を見ながら、今までと同様、対面での開催を基本として開催を検討していく予定です。

 セミナーの視聴に必要なzoomのIDとパスワードは以下の通りです。

 開場時間: 2021年7月8日 16:50  ※開始時間は 17:00 です。
   *講演開始時間までに入室をお願い致します。
 ミーティングID: 958 7809 9360
 パスワード: 下記連絡先まで、お電話くださいますようお願いします。
   *パスワード連絡先TEL: 018-872-1618 (森林科学研究室)
木木木

連絡先

秋田県立大学
生物資源科学部 生物環境科学科
森林科学研究室
〒010-0195
秋田市下新城中野字街道端西241-438
お問い合わせは
坂田 Tel:018-872-1618
星崎 Tel:018-872-1608
蒔田 Tel:018-872-1619
Fax:018-872-1677
セミナー会場は大学院棟の2階です


▲クリックすると大きな地図が開きます