秋田県立大学創造工房 | Creative Workshop for Students

     ►►HOME     ►►概要     ►►活動内容     ►►地域学習(創造学習)     ►►学内学習(創造楽習)     ►►コンテスト(学内向け)      ►►施設と利用可能物品
     ►►利用手順および申請書     ►►施設利用状況     ►►アクセス


学内学習ー創造楽習ー


講座一覧 (計13テーマ)
番号 テーマ 講師 日時/場所 定員 概要 募集期限

ゲーム開発の職人になろう!
(Solidworks Flow Simulation)

嶋崎真仁
准教授

5月21日(月)
10:30〜12:00
以降、毎週月曜2限
大学院棟-603

4〜12名

スマホ、パソコンのみならず、PlayStationやSwitchといったゲーム専用機にも使われるゲームエンジン“ Unreal Engine 4”を使って、グループでオリジナルゲームを制作してもらいます。5月中旬に有名なゲーム クリエイターをお招きして講義を実施します。それを契機にゲームエンジンによるゲーム制作の勉強会 を定期的に実施し、その成果を講義いただいたゲームクリエイターに講評・アドバイスしてもらいます。 なお、講義は大学院の授業「応用情報処理特論」の一部として実施されること、完成したゲームは状況が 整えばオープンキャンパス等での展示も視野に入れます。

5月17日

スマートフォンの中身をみてみよう

小宮山崇夫
助教

5月25日(金)
18:00〜19:00
創造工房 S102

1〜4名

近年のスマートフォンは防水機能が装備されていて、そう簡単に分解して中身を見ることはできません。 防水機能が装備されていない機種も薄型化、組み立ての簡易化によって簡単には分解できないように なっています。液晶が割れて正常な表示ができなくなったスマートフォンを分解して中身を見て、どのよ うな部品、ICが搭載されているかを観察しましょう。

5月18日

アーク溶接をやってみよう
(Solidworks Simulation)

高橋武彦
准教授

5月31日(木),6月1日(金)
16:10〜17:40
特別実験棟
加工工場2階(J203)

1〜6名
*作業着,運動靴を着用のこと

金属を発生する熱で溶融させて接合する技術を溶接といい、その熱源に放電アークを用いるものをアー ク溶接と言う。この学習では、鉄をアーク溶接する手溶接、半自動溶接を行う。

5月24日

ハードディスクを分解しよう

小宮山崇夫
助教

6月1日(金)
18:00〜19:00
創造工房S102

1〜6名

ハードディスク(HDD)は現在の主要記憶媒体になっており、テレビのレコーダー、パソコンに搭載されて います。パソコンにはソリッドステートドライブ(SSD)が搭載されるようになってきましたが、まだまだ主 役の座は譲らないと考えられます。 壊れたHDDを分解して中身を見て、どのような機構になっているか を観察しましょう。

5月24日

おりがみ建築「秋田の建築シリーズ」をつくろう

込山敦司
准教授

6/8(金)5限終了後
6/15(金)5限終了後
7/6(金)5限終了後
大学院棟5階 ゼミ室1

5〜20名。
※主に建築向けだが全学科・学年可。CADを使えると作業が容易。

おりがみ建築(ポップアップアートの建築版)の基本原理を学び,みんなで秋田県内の建築(有名な建築 家の作品,登録有形文化財の建築,各地のランドマークになっているもの)を選んで,オリジナルのおり がみ建築をデザインします。紙とおりがみ建築の制約(折りたためて,開くと立体になる。切り抜きと折る 作業のみで,貼り付けは行わない。)を学ぶことで,造形とデザインや構造についての能力を向上するの が目的です。なお,この企画で良い作品が多数そろったら,どこかのギャラリーで展覧会を開くことを目標 としています。

6月1日

3Dプリンタ&3DCADソフトを体験してみよう

長南安紀
助教

6/8(金)4限
創造工房 S102

2〜8名

創造工房センターには学生が自由に利用できる 3Dプリンタがあります.本講座では,フリーの3D・C ADソフト(Autodesk 123D Design)の使い方の基礎と,作成したデータを用いた3Dプリンタでの印 刷方法について講義を行います.

6月1日

3色LEDライトを自作してみよう 〜回路設計から製作まで〜

長南安紀
助教

6月15日(金)4限
創造工房S102

1〜6名

【超初心者向け】まずLED素子の資料を参考に必要な抵抗の値を計算し電源やスイッチ等を含めた簡単 な回路の設計後,ハンダ付けを行います.非常に簡単な回路ですが,電子工作の経験が無く慣れていな い人には結構敷居が高いものです.電子工作の経験は殆どないが興味はあるといった学生向け

6月8日

LaTeXでかっこいい論文を書こう−数式を自由自在に書けるようになる−

廣田 千明
准教授

渡邉 貫治
准教授

寺田 裕樹
助教

安倍 幸治
助教

松下 慎也
准教授

橋浦 康一郎
助教

宮本 雲平
准教授 

6月18日(月),19日(火)の17:50-19:50
電子情報システム学科計算機室(GI417)

4〜16名

授業のスライドや配布資料で数式がきれいに印刷されている資料をみたことはありませんか?それはた ぶんLaTeXで作られています.あんなきれいな資料を作ってみたいと思っている学生さんはこの講座を 受講しましょう!

6月11日

マイクロワイヤーを引っ張ってみよう(微小引張試験)

藤井達也
助教

6/21(木)または6/28(木)16:30〜18:30
GII-523

1〜4名

集積回路やマイクロマシンの配線として用いられるボンディングワイヤー(アルミ線、線径25μm)の引 張試験を行います。微細ワイヤーに引張荷重を与え、ワイヤーが破断するまでの荷重と伸びを測定する 方法を学びます。髪の毛(直径60〜100μm)の強度も測定してみましょう!

6月14日

ロボット製作入門〜レゴマインドストーム 初級編〜

片岡康浩
助教

伊東良太
助教

小宮山崇夫
助教

長南安紀
助教

齋藤敬
准教授

齋藤直樹
准教授

高山正和
准教授

山口博之
准教授

6月22日(金),6月29日(金)3-4限
GII-204

2〜15名

知能メカトロニクス学科

1年生

レゴマインドストームを使って,ライントレースロボットを製作します。ロボットの組み立てやプログラミ ングなどを体験することにより,ロボット製作の基礎を学ぶことができます。ロボットやレゴマインドスト ームに興味がある方の参加をお待ちしております。初学者大歓迎です。

6月15日

Arduinoで光のイルミネーションを作ろう

伊東嗣功
助教

6月22日(金)17:50-19:50
創造工房S102

1〜10名

可能な限りPC持参

(応相談)

Arduinoの基本的な使い方や基板へのはんだづけを体験し,シリアルLEDを使った簡単なイルミネーシ ョン作りに挑戦する.回路に関する知識は無くても問題ありません.

6月15日

太陽電池を測ってみよう

小谷光司
教授

小宮山崇夫
助教

6月27日(水)午後
大学院棟D-507

1〜6名

太陽電池は「電池」という言葉が付きますが、皆さんが日常しようしているリチウムイオン電池とは異なり 電気をため込むのではなく、ダイオードという電子デバイスに光を当てることによって発生する電気エネ ルギーを利用しています。実際の太陽電池モジュールを複数組み合わせて測定しながら、影問題など太 陽電池特有の特性を見てみましょう

6月20日

「流れ」のイメージング:可視化と画像処理の体験

大徳忠史
助教

7月10日(火)または11(水)または18(水)の16:00〜18:00
GII-403

1〜5名

「流れ」現象を理解するために,流れを可視化することはよく行われており,可視化像から定量的に情報 を得ることができれば「流れ」をイメージすることと計測を同時に行なうことができる.そのための手法 を体験する.やや専門的ではあるが,学生の理解の一助となると考える.

7月3日


学内学習- 創造学習-にて開催される講座は講座一覧[PDF]でもご確認できます。


(開催日順※ただし日程は応募者と相談の上、変更となる場合があります。)

※ 学内学習への応募は秋田県立大学システム科学技術学部に在籍している学生が対象になります。
※ 参加を希望するテーマの日程、募集定員の注意事項をご確認ください。
※ 定員を超えた場合、参加できない場合があります。




過去の学内学習については、►►活動内容をご参照ください。




学内学習ー創造楽習ー
エントリー


受講を希望する方は、下記URLより申し込んでください。

ー創造楽習ーエントリー

ログイン後、「アンケートタブ」から受講を希望する講座のタイトルを選択し、参加申込の「はい」にチェックを入れてください。

 



(個人情報の取り扱いについて)
提出していただいた個人情報は、公立大学法人秋田県立大学個人情報保護規定により、厳重に管理し、創造工房の用途に限り使用されます。これらの個人情報は正当な理由無く第三者への開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。


秋田県立大学