秋田県立大学創造工房 | Creative Workshop for Students

     ►►HOME     ►►概要     ►►活動内容     ►►地域学習(創造学習)     ►►学内学習(創造楽習)     ►►コンテスト(学内向け)      ►►施設と利用可能物品
     ►►利用手順および申請書     ►►施設利用状況     ►►アクセス


学内学習ー創造楽習ー


講座一覧 (計8テーマ)
番号 テーマ 講師 日時/場所 定員 概要 募集期限

空気で A ha! 体験
(Solidworks Flow Simulation)

高橋武彦
准教授

10月25日(木)
16:10〜17:40
学部棟U CADコンピュータ実習室(GU-205)

 

最少2名〜最大10名
※受講条件はないが、Solidworksの使用経験があればなお良い.

3D-CADのSolidworksを使用すると流れの解析も行うことができます.こ のテーマでは,実験と解析を組み合わせて,ストローで発泡スチロール球を浮上させる メカニズムの検証と,最も効率の良い空気の当て方を検討します。

10月18日

人材を最大活用できる組織づくり!〜

徐智銘
助手

齋藤裕
特任助教

11月1日(木)
10:30〜12:00
学部棟I-205

最少5名〜最大20名

人材不足と言われる昨今、人件費削減とホワイト職場の両立を目指す経営 者達は、人参と鞭以外の方法で「従業員個人パフォーマンスの最大化」という課題に取り組む必要がある。 「ジョブデザイン最適化ツール(JDOT)」を使用してジョブデザインの差による個人パフォーマンスへの影響を視覚的に見て学んでみましょう。

10月25日

紙で防音構造を設計しよう
(Solidworks Simulation)

高橋武彦
准教授

11月1日(木)
16:10〜17:40
学部棟U CADコンピュータ実習室(GU-205)

最少2名〜最大10名
※受講条件はないが、Solidworksの使用経験があればなお良い.

3D-CADのSolidworksを使用すると振動の形(周波数と変形モード)の解析も行うことができます.このテーマでは,色々なものをスピーカーにでき る振動スピーカーを取り付けても音が小さくなる構造を解析ベースで設計し,実際に紙で作ってその効果を実験で検証します。

10月25日

細胞骨格を観察してみよう

伊藤 一志
助教

11月7日(水)
16:30〜18:00
D306(集合場所:GU-412)

最少1名〜最大3名
※学部1、2、3年生

生命の最小単位とされる細胞は張力材と圧縮材から構成されるテンセグ リティー構造によって,その形状が支持されていると考えられています。本 講座では,細胞内において張力材として働くアクチン骨格を蛍光顕微鏡で 観察します。そして,アクチン骨格の分布から細胞内部における張力分布 を考えます。

10月31日

TBS受信チャレンジ

小谷光司
教授

小宮山崇夫
助教

11/21(水)14:30〜18:00
あるいは11/28(水)14:30〜18:00

GI-615および大学院棟屋上

最少1名〜最大4名

秋田県は、TBS(JNN)系列の放送局がないため、実質的に同系列の番組が視聴できない唯一の県となっています。お隣の山形県では、系列のテレビユー山形放送局が受信可能です。そこで、本荘キャンパスから直線距離で約75km離れた鶴岡中継局(高館山)の中継電波を拾えないか検討します。理論的な検証とともに、市販の高利得アンテナやブースターを用いてテレビユー山形放送視聴を試みます。

11月14日

レーザー加工機を使ってオリジナルアクセサリーを作ろう

小宮山崇夫
助教

11/30(金)
16:30〜18:00
途中退席可
創造工房棟中2階
※人数が多い場合は変更します。

最少2名〜最大20名※Illastlator、InkscapeなどのSVG形式ファイルを作成できるドローソフトが使える人は、加工装置の説明のみを受講でも可(要相談)

創造工房にあるレーザー加工機はCO2レーザー用いているため透明アクリル板の加工が可能です。切断、表面のみの切削などによって、オリジナルアクセサリーが作製できます。今回はキーホルダーの作製を通してドローソフトの使い方、加工機の使い方を学んでいただき、オリジナルアクセサリーを各自で作れるようになることを目的とします。テープLEDを用いた光る表札についてもデモンストレーションを行います。

11月22日

構造解析の基礎:物体に力が加わるとどれだけ変形するか(ANSYS入門)

伊藤 伸
准教授

<1回目>
12月3日(月)
5時限目
<2回目>
12月10日(月)
5時限目
CADコンピュータ実習室(GII205)

最少3名〜最大20名
※2年生以上向け。機械知能システム学 科の専門科目にある材料力学に関わる複数の講義を受講済みもしくは受講中であることが望ましい。

梁や机などの構造物に力が加わった場合に,どれだけ構造物が変形する か,ソフトを用いて計算してみましょう。構造物の変形を計算するための方 法を身に着けるために,基礎的な用語を学んだうえで,ANSYSというソフ トの利用方法を学んでみましょう。

11月26日

システム開発工程を体験する!

嶋崎真仁
准教授

12月15日(土)
8:50-17:40 メイン
大学院棟D-603ないし学部棟T-205
※その前に MS-Access に関する 補講(嶋崎担当)を予 定しています。

最少1名〜最大5名

システム開発工程を体験してもらいます。具体的には「外部設計」「内部設 計」「単体テスト」「結合テスト」の4つの工程について、時間の許す範囲で 体験してもらいます。「外部設計」はシステムと外部とのやり取りを決めるも のとして、画面上に配置する入力欄やボタンを押したらどのような処理が されるのかなどを設計・定義する体験です。 「テスト工程」では用意したプ ログラムに対して、実際にテスト項目を設定し、PC上でのプログラムの動 作確認などを体験します。
※ このプログラムは、株式会社大和ソフトウェアリサーチ様のご協力により、東京で開 催されているインターンシップの内容の一部を本荘キャンパスで開講してもらうもの です。この会社は保険・共済業務システムに多くの納入実績を持っている会社です。
※ MS-Access の操作が必須となるため、このプログラムに先立ち、MS-Accessの講習 会を実施する予定です。月曜日の5時限目、場所は大学院棟D-603の予定です。日程は 後日連絡します。

12月7日


学内学習- 創造学習-にて開催される講座は講座一覧[PDF]でもご確認できます。


(開催日順※ただし日程は応募者と相談の上、変更となる場合があります。)

※ 学内学習への応募は秋田県立大学システム科学技術学部に在籍している学生が対象になります。
※ 参加を希望するテーマの日程、募集定員の注意事項をご確認ください。
※ 定員を超えた場合、参加できない場合があります。




過去の学内学習については、►►活動内容をご参照ください。




学内学習ー創造楽習ー
エントリー


受講を希望する方は、下記URLより申し込んでください。

ー創造楽習ーエントリー

ログイン後、「アンケートタブ」から受講を希望する講座のタイトルを選択し、参加申込の「はい」にチェックを入れてください。

 



(個人情報の取り扱いについて)
提出していただいた個人情報は、公立大学法人秋田県立大学個人情報保護規定により、厳重に管理し、創造工房の用途に限り使用されます。これらの個人情報は正当な理由無く第三者への開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。


秋田県立大学