updated on 17th of February, 2015
written by Aya Saitoh



本研究室は実験困難な物理現象を、コンピュータ上でのシミュレーションより解明することで、新技術開発・新材料創製を目的とする研究室である

理論構築・シミュレーション法の開発・現象解明
計算力学・計算物理・計算化学

強磁性コロイド分散系
ミクロ熱流体
界面現象の計算物理化学
機能性サスペンション
サスペンション物理工学の環境流体工学への応用

農作物生育情報収集用小型ホバリング型飛翔体の研究を主とした工農連携流体工学

さらに詳細な研究テーマ・研究業績等は各教員のホームページを参照



                       キプロス島にて  2014, 9                                                





 
 



教授 佐 藤  明

専門 分子ミクロ・シミュレーション、コロイド物理工学、ミクロ熱流体、磁性流体




  


                                            助教 Stephanie Nix (ステファニー・ニックス) 
                                           専門 医工学、バイオエンジニアリング、バイオ流体科学

                                            (平成27年4月より) 








 

                                            研究補佐員(秘書) 齋 藤  亜 弥
                                            (平成18年4月より勤務)








 

                                            研究補佐員(秘書) 
                                            (平成 年 月より勤務)











講座所属 学生メンバー



いくつかの卒業研究の紹介


(1) デジタルアートの機械工学教育システムへの応用(平成21年度 篠村君)





浮世絵の模写実践によるデジタル
アートのための基礎技術の構築
















浮世絵風の製品企画書もしくは商
品ピーアールポスターへのデジタ
ルアートの応用












(2) 農作物生育情報収集のための小型ホバリング飛翔体の開発(平成21年度 森野君)





3ローター式小型ホバリング飛翔体
(中央部にマイコンによる制御unitが
搭載されている)












 


                                                                 2015. 2.17  記載

(1) 次の国際学会にて研究成果を公表しました。

Satoh, A.
Brownian Dynamics Simulations on the Orientational Distribution and the Rheological
Properties of a Suspension Composed of Disk-Like Hematite Particles,
Proceedings of  The 28th Conference of the European Colloid and Interface Society (ECIS2014),
Limassol, Cyprus, (Haifa, Israel (cancellation)),  9月7日 - 9月12日, 2014.

Satoh, A.
On the Hybrid-Type Method of Brownian Dynamics and Lattice Boltzmann for a Magnetic Colloidal Suspension,
Proceedings of  10th European Fluid Mechanics Conference (EFMC10), Copenhagen, Denmark,
9月14日 - 9月18日,  2014.

Satoh, A.
On the Negative Magneto-Rheological Effect of a Rod-like Hematite Particle Suspension by means of
Brownian Dynamics Simulations,
Proceedings of  The Society of Rheology 86th Annual Meeting,  Philadelphia,  U.S.A.,
10月5日 - 10月9日,  2014.

Satoh, A.
An Experimental Study for Clarifying the Mechanism of a Microjet in an Electro-Conjugate Fluid, 
Proceedings of ASME 2014 International Mechanical Engineering Congress & Exposition (IMECE2014), Montreal, Canada,
11月14日 - 11月20日, 2014. 



(2) 次の国内学会にて研究成果を公表しました。

佐藤 明,  白井 哲志
電界共役流体のマイクロ・ジェット発生メカニズム解明のための可視化実験
日本機械学会 第92期流体工学部門講演会, 富山市, 2014年10月25日, 10月26日.

佐藤 明
ディスク状ヘマタイト粒子分散系の配向分布と磁気粘性効果に関するブラウン動力学シミュレーション      
日本機械学会 第92期流体工学部門講演会, 富山市, 2014年10月25日, 10月26日.

土屋  優, 佐藤 明
Verlet アルゴリズムによるホバリング型小型飛翔体の飛行解析と姿勢制御に関する研究
日本機械学会 第92期流体工学部門講演会, 富山市, 2014年10月25日, 10月26日.


(3) 執筆しました。

粉体工学便覧のシミュレーションに関する節 (和書)。

バイオコロイドとバイオ界面の便覧のdrug delivery systemへの磁性粒子の応用に関する節 (洋書)。

磁性粒子のモデリングに関する節 (洋書, Wiley Encyclopedia of Electrical and Electronics Engineering)


(4) 参考: 平成26年度の卒業研究の募集題目一覧 (佐藤A)

 * 河川湖沼の透視度改善技術開発のための基礎研究 (実験orシミュレーション)
 * デジタルアートの機械工学教育システムへの応用 (理論)
 * 農作物生育情報収集のための小型ホバリング飛翔体の開発のための基礎研究 (実験orシミュレーション)
 * 電界共役流体のマイクロジェット発生メカニズム解明のためのレーザーによる可視化実験 (実験)
 * スピンドル状ヘマタイト粒子分散系の逆磁気粘性効果に関する研究 (実験)
 * 扁平ヘマタイト粒子分散系の凝集構造に関するブラウン動力学シミュレーション (シミュレーション)
 * 新しいエネルギー資源利用のためのメタンハイドレートの構造解析 (シミュレーション)
 * ホバリング飛翔体用ブレードの空気力学的性能に関する研究 (シミュレーション)
 * その他、粒子分散系、分子シミュレーション法、などに関する研究


(5) 受賞
Elsevier, Journal of Magnetism and Magnetic Materials より 2013 Certificate of Excellence in Reviewing  賞を受賞
   

                        


to HomePage of University
to HomePage of Faculty
to HomePage of Department


END.