秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

複合材料と機能性材料の変形と破壊の予測

機械工学科 教授 水野 衛

今進めていること

機能性材料と高分子基複合材料の変形と破壊をコンピューターで予測するシステムの開発

少々詳しく言うと・・・

構造物や機械部品に使用される材料は使用中に変形・破壊し,時に人命に関わるような大きな事故を起こしたり,多大な経済的損失を伴ったりすることがあります.事前に,どのくらい変形しいつ壊れるのかが分かれば,効率的に検査を行ったり,経済的に部品を交換したりすることが可能になります.

ここまで到達したい!

材料の種類や使用条件により変形や破壊の仕方は千差万別です.あらゆる材料に対応できるよう,材料試験法,現象のモデル化,シミュレーション手法などの新規開発,ノウハウの構築,ネットワークの充実を進めていきたいと思います.

おまけの一言

コンピューターによるシミュレーションにより実験できないことを予測したり可視化したりすることが可能になりますが,そのためには基礎的な実験の積み重ねと理論の構築が重要となります.