秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

化学物質による環境汚染の実態把握
−化学物質と環境との調和をめざして−

生物環境科学科 准教授 木口 倫

今進めていること

環境中の有害化学物質の濃度レベルと汚染源の同定に関する研究

少々詳しく言うと・・・

化学物質は私たちの生活に多大な恩恵を与えた反面,大量生産・消費及び廃棄によって環境汚染も生み出しました。環境中に放出された化学物質のなかには微量でも人や生物に悪影響が懸念されるもの(例えばダイオキシン類、一部の農薬・重金属等)もあります。こうした有害化学物質による人や生物への悪影響を低減するために、環境中の化学物質の濃度レベルや汚染源を明らかにする研究を行っています。

ここまで到達したい!

化学物質と環境との調和をめざして人や生物を含む地域環境(生活・自然)中の有害化学物質による汚染の特性を明らかにし,安全・安心で快適な地域のくらしづくりに貢献したい。

おまけの一言

一般に環境中の化学物質は濃度が低く(<ppb),分析測定を妨害する多量かつ種々の夾雑物と共存します。環境試料中から夾雑物を取り除き,測定対象の化学物質を精確に定量するために,分析測定方法の改良・開発にも取り組んでいます。