秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

農業経営の成長・発展を目指して

アグリビジネス学科 准教授 藤井吉隆

今進めていること

法人経営や集落営農などの大規模な農業経営を対象に、これらの経営の成長・発展を支援する手法や支援方策を明らかにするための研究に取り組んでいます。
・企業的経営手法を取り入れた新しい農業経営管理手法の構築
・法人経営における人材の定着・育成に関する研究
・次世代への円滑な経営継承方法に関する研究

少々詳しく言うと・・・

日本農業は、農業従事者の減少が進む一方、法人経営や集落営農などの大規模な農業経営の形成が急速に進んでいます。最近では、経営耕地面積が100haを超えるような経営が増加し、これらの経営では、複合化・多角化や農業を志す若者の雇用に積極的に取り組むなど地域農業を牽引する経営体として持続的な発展が期待されています。
そのためには、経営者が自らの経営を取り巻く環境を分析し、経営のビジョン・方向性を定め、その実現に向けた経営のマネジメントや、地域社会、顧客との信頼関係の構築などの広範な対応が求められます。
そこで、これらの農業経営の成長・発展を支えるために、企業的経営手法などを取り入れた新たな経営管理手法の構築や支援方策を明らかにするための研究を進めています。
例えば、大規模化が進む農業経営で、効率的・効果的に農場管理を実施するための経営管理手法、人材の定着・育成を促進するための方法、作業能率・原価など営農情報の利活用に関わる研究などを進めています。

ここまで到達したい!

秋田県をはじめとする農業生産現場の最前線で奮闘されている農業経営者、関係機関の方々との連携を深めながら、農業経営の成長・発展に貢献できる実践的な研究活動を目指します。

おまけの一言

キャンパスがある大潟村の広大な水田、海・山など豊かな自然に恵まれた秋田県での新しい生活がスタートしました。お世話になった方々への感謝の気持ちを忘れず、前向きに、新しいことにどんどんチャレンジしていきたいです。