秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

高精度聴覚ディスプレイに関する研究

電子情報システム学科 准教授 高根 昭一

今進めていること

ある場で聞く音を,異なる時間・場所に再生することを目指した研究です

少々詳しく言うと・・・

身のまわりにある様々な音が聴取者の耳元までどのように伝わるかを解析して,聴取時に聴取者が動いたときのその伝わり方の変化に追従できる装置について,研究・開発を行っています.これは聴覚に情報を提示する装置といえるので,視覚情報を提示するディスプレイにならって聴覚ディスプレイと呼ばれます.

ここまで到達したい!

聴取者の耳元までの音の伝わり方は,聴取者の頭部や胴体などの形状が個人ごとに異なるために変化します.また,室内空間では数多くの反射が存在し,解析を難しくしています.現在は,このうち聴取者の頭部や胴体などの個人性をどのように扱うべきかを中心に研究しています.

おまけの一言

人間を対象とした研究なので,どのような装置をつくっても,最終的には「聞いてなんぼ」です.人間の心理的な反応に基づいて評価しなければならないのが難しいところです.