秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

爆発現象の数値計算

電子情報システム学科 准教授 廣田 千明

今進めていること

爆発現象の数値計算法を研究しています.

少々詳しく言うと・・・

世の中の様々な現象を解明するための方法として,現象を微分方程式としてモデル化し,数値シミュレーションを行うという手法があります.例えば,天体の運動や海の波なども微分方程式で表すことができます.世の中の現象はとても複雑ですので,微分方程式も複雑となり手計算では解けません.そこで,数値シミュレーション(コンピュータによる計算)を行います.数値シミュレーションなら何でも解けるかというとそうではありません.数値シミュレーションに向かない微分方程式もあります.その一つが爆発現象です.この現象は化学の燃焼理論などに現れるのですが,微分方程式の解が無限大に発散(爆発)してしまうという困難を生じます.これは通常の数値計算法では手に負えません.そこでこのような問題を扱う新しい手法を開発しています.

ここまで到達したい!

爆発現象の数値解析手法を改良すると同時に,応用としてクリスタライン運動や粘菌の集中現象を解明したいと思っています.

おまけの一言

数値シミュレーションには新しい現象を発見する喜びがあります.いっしょに新しい現象を探求する知的好奇心の旺盛な学生さんを求めています.
また,卒業研究では組み合わせ最適化問題(野球の最適打順の探索,ファッションコーディネートなど)や渋滞のシミュレーションも行っています.こういった内容に興味のある学生さんも求めています.