秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

次世代青色紫外発光ダイオード材料の研究

電子情報システム学科 助教 小宮山 崇夫

今進めていること

窒化ガリウムにかわる発光材料として注目されている酸化亜鉛(ZnO)を用いて高効率発光素子を実現する。

少々詳しく言うと・・・

酸化亜鉛は、実に繊細な物質で、高効率発光をめざすには様々な要素を最適に制御する必要があります。そこで作製方法を工夫し、高効率発光に適した薄膜を作製することを目指しています。

ここまで到達したい!

明るく光る酸化亜鉛発光ダイオードの作製

おまけの一言