秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

大気中でプラズマを作る

知能メカトロニクス学科 准教授 高山 正和

今進めていること

大気圧プラズマの生成

少々詳しく言うと・・・

雷は大気中で発生するプラズマですが,工業的にはプラズマは通常千分の一気圧以下の圧力で生成します。そして,材料改質などに利用されています。大気中でプラズマを生成できると真空装置が必要なくなり,工業的には低コスト化ができます。現在,大気圧プラズマの生成方法を研究しています。

ここまで到達したい!

新しい方法による大気圧でのグロープラズマの生成,より大きなサイズ(面積,体積)でのプラズマの生成応用についてはその先の課題です。

おまけの一言