秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

ヒトに優しい機械をつくりたい
柔らかいメカトロ機器

機械知能システム学科 准教授  齋藤 直樹

今進めていること

ヒトの特徴である柔らかさをもつセンサやアクチュエータの開発と,それらのロボットや機械への応用を行っています.

少々詳しく言うと・・・

ヒトに優しい機械には,ヒトと同じような柔らかい構造や柔らかい動きが必要です.こうしたセンサやアクチュエータを,ロボットハンドや人間に取り付けるリハビリ機器などへ応用し,ヒトのような動作,またヒトに取り付けても不快感を与えない,ヒトに優しいメカトロ機器の開発を行っています.

ここまで到達したい!

ヒトの生活の手伝いができる器用なロボットハンドが理想です.また,身体に取り付ける機器もこれまでのゴツゴツしたものでなく,柔らかく,かつ優しく動作するものが理想です.
そうしたロボットや機器に必要なセンサやアクチュエータができればいいと思っています.

おまけの一言

これからはロボットや機械は人間の生活にもっと身近になってきます.「機械に使われる」のでなく,「人間に合わせた機械」を提案していきたいです.