秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

農村地域の水環境と水資源を豊にするための
流域・水管理と、水田水質浄化機能の強化

アグリビジネス学科 准教授 近藤 正

今進めていること

ビオトープ水田の水質・環境保全機能強化
八郎湖の水質循環機構の解明と汚濁改善型の水管理

少々詳しく言うと・・・

集約的な管理下にある水田からの汚濁負荷が流域の水質環境を悪化させています。水田の持つ国土や生態系保全機能、水質浄化機能などの復元と強化を流域の循環資材を用いて実現する研究です。ゲンゴロウが驚くほど多くなり、ドジョウも元気で、こんな水田からとれたお米はとてもおいしいと評判です。

ここまで到達したい!

ビオトープ水田では間伐材の利用と生態系保全強化による水質浄化型水田構造を開発中です。定量的な水質改善効果の評価方法の確立と実証を目指します。
 八郎潟流域では農業用水の管理の適正化と水田の水質浄化機能の活用効果を定量的に証明し、地域の改善策に活かします。

おまけの一言

一枚の水田は流域の中の水利用の一つの単位です。持続可能な水田農業の新しい展開のために効率優先から総合的な水田機能の評価による機能増強と生産性との両立を目指します。