秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
高橋 秀和の顔写真
氏名 高橋 秀和
フリガナ タカハシ ヒデカズ
学部 生物資源科学部
学科 生物生産科学科
職名 准教授
学位 博士(農学)
Eメール h-takahashi
生年月日

経歴

平成11年3月 岡山大学大学院自然科学研究科博士課程修了

平成11年4月 日本学術振興会特別研究員(岡山大学資源生物科学研究所)
平成12年4月 秋田県立大学助手

受賞

専門分野

植物遺伝学,植物育種学

最近の研究テーマと内容

ストレス耐性作物に関する研究(イネやムギ類のストレス耐性の遺伝子の探索・解析)
植物の突然変異に関する研究(新規有用遺伝子の探索・解析)
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

ムギ類の分類・栽培やDNAの精製・取り扱いに関する分野

最近の招待・特別・基調講演題名

秋田県立大学生物資源科学部公開講座(秋田キャンパス) 「麦の科学〜新しいパンやビール用の麦の改良にはバイテクが必要!〜」(2006年7月15日)

主な特許

佐藤和広・武田和義・高橋秀和, 深播耐性等に関与する遺伝子等についての新規遺伝マーカーおよびその利用法, 特許番号 第4387120号.
鈴木直子・赤木宏守・高橋秀和・森 宏一, ソバの組織培養法, 特願2007-070220.

主な研究論文

Takahashi(2008)他 QTLs in barley controlling seedling elongation of deep-sown seeds. Euphytica, 164: 761-768.
高橋(2008) Windows QTL CartographerによるQTL解析の留意点. 育種学研究 10: 11-14.
Katoらと共著(2007) Structural diversity and evolution of the Rf-1 locus in the genus Oryza. Heredity, 99: 516–524.
Takahashi他(2006) Genomic distribution of MITEs in barley determined by MITE-AFLP mapping. Genome 49: 1616-1620.
馮らと共著(2006) イネ体細胞融合雑種にみられるガンマ線照射による染色体の再編成. 育種学研究 8: 171-176.
Fengらと共著(2006) New interspecific rice genome constructions obtained by symmetric cell fusion. Plant Breeding 125: 403-404.
Akagiらと共著(2004) Positional cloning of the rice Rf-1 gene, a restorer of BT-type cytoplasmic male sterility that encodes a mitochondrial-targeting PPR protein. Theor. Appl. Genet., 108: 1449-1457.
Takahashi他(2001) Mapping genes for deep-seeding tolerance in barley. Euphytica, 122: 37-43.

学会活動

日本育種学会
日本作物学会

社会活動

ナショナルバイオリソースプロジェクト 研究運営委員会(オオムギ小委員会)委員

その他特記事項