秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
未登録
氏名 藤林 恵
フリガナ フジバヤシ メグム
学部 生物資源科学部
学科 生物環境科学科
職名 助教
学位
Eメール
生年月日

経歴

【学歴】
2004年3月 早稲田大学理工学部環境資源工学科 卒業
2006年3月 東北大学大学院工学研究科土木工学専攻
      博士課程前期2年の過程 修了
2009年3月 東北大学大学院工学研究科土木工学専攻
      博士課程後期3年の過程 単位取得退学
2010年3月 博士(工学)東北大学

【職歴】
2009年4月 東北大学大学院工学研究科 教育研究支援者
2010年6月 東北大学大学院工学研究科 産学官連携研究員
2012年4月 東北大学大学院工学研究科 助教
2015年9月 現職

受賞

3. 建設工学研究奨励賞(建設工学研究振興会)、2013年5月

2. 優秀論文発表賞(韓国河川湖沼学会)、2013年2月

1. 国際交流奨励賞(日本陸水学会)、2012年12月

専門分野

生態工学

最近の研究テーマと内容

生態工学的手法による湖沼の水質浄化、生物多様性の保全

技術相談に応じられる分野

最近の招待・特別・基調講演題名

主な特許

主な研究論文

論文(査読あり)
30. Megumu Fujibayashi, Takashi Sakamaki, Wooseok Shin, Osamu Nishimura, Food Utilization of Shell-Attached Algae Contributes to the Growth of Host Mud Snail, Bellamya chinensis: Evidence from Fatty Acid Biomarkers and Carbon Stable Isotope Analysis. Limnologica, in press

29. Megumu Fujibayashi, Masahiro Ogino, Osamu Nishimura, Fractionation of stable carbon isotope ratio of essential fatty acids in zebrafish Danio rerio and mud snails Bellamya chinensis, Oecologia, in press

28. Xiaoguang Xu, Wei Li, Megumu Fujibayashi, Munehiro Nomura, Osamu Nishimura, Xianning Li, Asymmetric response of sedimentary pool to surface water in organics from a shallow hypereutrophic lake: The role of animal consumption and microbial utilization, Ecological Indicators, 58, pp.346-355, 2015

27. Woo-Seok Shin, Megumu Fujibayashi, Osamu Nishimura, Spatio-temporal characteristics of the fatty acid compositions of two macrobenthos (Nuttallia olivacea and Hediste sp.) in the Nanakita River estuary, Japan, Environmental Earth Sciences, Vol.74, pp. 5283-5293, 2015.

26. Ryosuke Saito, Kunio Kaiho, Masahiro Oba, Megumu Fujibayashi, Jinnan Tong, Li Tian, Predominance of archaeal-derived hydrocarbons in an Early Triassic microbialite, Organic Geochemistry, Vol. 85, pp.66-75, 2015.

25. Xiaoguang Xu, Wei Li, Megumu FUJIBAYASHI, Munehiro NOMURA, Osamu NISHIMURA, Xianning Li, Predominance of terrestrial organic matter in sediments from a cyanobacteria-blooming hypereutrophic lake, Ecological Indicators, Vol.50, pp. 35-43, 2015.

24. Woo-Seok SHIN, Megumu FUJIBAYASHI and Osamu NISHIMURA, Contribution of potential organic matter as a nutrition source for macrobenthos in the Natori estuarine tidal flats, Japan, Russian Journal of marine Biology, Vol.40, pp. 396-404, 2014.

23. Xiaoguang Xu, Wei Li, Megumu Fujibayashi, Menehiro Nomura, Takashi Sakamaki, Osamu Nishimura, Xianning Li, Feedback of Threshold via estimating sources and composition of sedimentary organic matter across trophic gradients in freshwater lakes, Science of the Total Environment, Vol.500-501, pp.373-382, 2014.

22. 藤林恵、長田祐輝、相川良雄、西村修、炭素安定同位体比および脂肪酸バイオマーカーを用いたマルタニシの餌源の解明、土木学会論文集G、Vol. 70、 pp._413-_418、 2014.

21. Paula Cecilia Soto-Rios, Kazunori Nakano, Megumu Fujibayashi, Marco Leon-Romero and Osamu Nishimura, Lead removal efficiency using biosorbents as alternative materials for permeable reactive barriers, Water Science & Technology, Vol. 70 No 2 pp 307–314, 2014.

20. 藤林恵、野村宗弘、許暁光、佐藤亮、相川良雄、西村修、流動と底質有機炭素の起源に注目した伊豆沼の底質形成機構の解析、土木学会論文集G、Vol.69、pp._565-_569、2013.

19. 丸尾知佳子、藤林恵、相川良雄、西村修、イソシジミ(Nuttallia olivacea)の成育状況と餌料環境の変動特性、土木学会論文集G、Vol.69、pp._495-_501、2013.

18. Ryosuke Saito, Masahiro Oba, Kunio Kaiho, Chikako Maruo, Megumu Fujibayashi, Jing Chenc, Zhong-Qiang Chenc, Jinnan Tongc,Ether lipids from the Lower and Middle Triassic at Qingyan, Guizhou Province, Southern China, Organic Geochemistry, Vol. 58, 27–42, 2013.

17. Tugrul Selami Aktas, Fumihiko Takeda, Chikako Maruo, Megumu Fujibayashi and Osamu Nishimura,The role of rapid mixing condition on picophytoplankton floc growth, Desalination and Water Treatment, 1-10, 2013.

16. Tugrul Selami Aktas, Fumihiko Takeda, Chikako Maruo, Megumu Fujibayashi and Osamu Nishimura,Influence of velocity gradient and rapid mixing time on floc formed by Poly silica iron (PSI) and Polyaluminim chloride (PACI), Desalination and Water Treatment, 2013.

15. Tugrul Selami Aktas, Fumihiko Takeda, Chikako Maruo, Megumu Fujibayashi and Osamu Nishimura, Comparison of four kinds of coagulation behaviors of cyanobacteria and algae, Desalination and Water Treatment, Vol.51, 3547-3557, 2013.

14. 藤林恵、慎ウソク、長濱祐美、相川良雄、西村修、マルタニシが這う際に残す粘液が水田底泥の有機物分解に及ぼす影響、水処理生物学会誌、Vol. 48, pp. 141-144, 2012.

13. 藤林恵、野村宗弘、許暁光、李先寧、相川良雄、西村修、炭素・窒素安定同位体比を指標とした太湖底質有機物起源の解析、土木学会論文集G、Vol. 68, _493-_498, 2012.

12. 荻野修大、藤林恵、長田祐輝、相川良雄、西村修、ゼブラフィッシュ飼育実験による脂肪酸-炭素安定同位体比の濃縮係数の算出、土木学会論文集G、Vol.68,_627-_633、2012.

11. 丸尾知佳子、藤林恵、相川良雄、西村修、イソシジミ(Nuttallia olivacea)の生息状況に影響を与える餌料源の検討、土木学会論文集G、Vol. 68, _277-_283, 2012.

10. Woo-seok SHIN、藤林恵、長濱祐美、野村宗弘、西村修、干潟に堆積する有機物の起源およびバクテリアによる利用性、日本水処理生物学会誌、Vol. 48、29-35、2012.

9. Woo-seok SHIN, Megumu FUJIBAYASHI, Munehiro NOMURA, Kazunori NAKANO and Osamu Nishimura,Fatty acid composition between Nuttallia olivacea and Hediste spp. in the Nanakita Estuary, Japan: Estimation of food sources, Journal of Water and Environment Technology, Vol.10, 11-22, 2012.

8. Yumi NAGAHAMA, Munehiro NOMURA, Megumu FUJIBAYASHI, Woo-seok SHIN and Osamu NISHIMURA,Characterization of the Carbon Stable Isotope Ratio and Fatty Acid Structure of Zostera japonica in Coastal Areas, Journal of Water and Environment Technology, Vol.9, 101-109, 2011.

7. 長濱祐美、中山亮、Woo-Seok Shin、藤林恵、野村宗弘、西村修、海草コアマモ場と近傍裸地における底質有機物の起源、土木学会論文集G、Vol.67、117-122、2011.

6. 藤林恵、慎祐奭、長濱祐美、中野和典、相川良雄、西村修、準絶滅危惧種マルタニシの必須脂肪酸要求特性の解明、環境工学研究論文集、Vol.47、9-14、2010.

5. Woo-Seok SHIN、藤林恵、長濱祐美、野村宗弘、中野和典、西村修、河口干潟における二枚貝とゴカイの餌源の季節変動、環境工学研究論文集、Vol.47、223-228、2010.

4. Woo-Seok SHIN、藤林恵、野村宗弘、中野和典、西村修、七北田川河口の3つの干潟における堆積有機物の起源とその特徴、環境工学研究論文集、Vol.45、547-552、2008
     
3. 藤林恵、中野和典、野村宗弘、千葉信男、西村修、脂肪酸解析による伊豆沼周辺に生息するタニシ類の餌同化内容の解明、伊豆沼・内沼研究報告、Vol.2、27-33、2008

2. 中野和典、 松井健良、 藤林恵、 千葉信男、 野村宗弘、 西村修、植栽基盤の深さがヨシの根の形態および窒素除去能力に及ぼす影響、用水と廃水、Vol.47、687-694, 2005.
     
1. 藤林恵、 中野和典、 千葉信男、 野村宗弘、 西村修、湿地生態系に出現するタニシが付着藻類および浮遊藻類に与える影響、用水と廃水、Vol.47、681-686、2005.

【その他】(査読なし)
2. 藤林恵、閉鎖性水域の生物多様性におよぼす底質の高度不飽和脂肪酸の役割、建設工学研究振興会年報、No.49、Vol.45-50、 2014.

1. 藤林恵、メタン酸化細菌のマーカー脂肪酸分析技術の開発、京都大学生態学研究センターニュース、p11、2013

学会活動

社会活動

その他特記事項