秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
曽根 千晴の顔写真
氏名 曽根 千晴
フリガナ ソネ チハル
学部 生物資源科学部
学科 生物生産科学科
職名 助教
学位 博士(農学)
Eメール ccsone
生年月日

経歴

2004年3月 岡山大学農学部総合農業科学科 卒業
2004年4月 岡山大学大学院自然科学研究科博士前期課程 入学
2006年3月 岡山大学大学院自然科学研究科博士前期課程 修了
2006年4月 岡山大学大学院自然科学研究科博士後期課程 進学
2009年9月 岡山大学大学院自然科学研究科博士後期課程 単位修得満期退学
2010年3月 博士(農学、岡山大学)取得

2009年10月 独立行政法人 国際農林水産業研究センター 生産環境領域 研究助手
2013年4月 秋田県立大学 生物資源科学部 生物生産科学科 植物生態生理研究グループ 助教

受賞

2012年10月 日本作物学会研究奨励賞

専門分野

作物生理学 冠水ストレス 塩ストレス アフリカ稲作

最近の研究テーマと内容

・葉の光合成活性を用いたイネの冠水ストレス抵抗性機構の解明
・NERICAおよびアフリカイネの塩ストレス抵抗性機構の解明
・アフリカ低湿地の低投入稲作技術開発における栽培管理技術の開発

技術相談に応じられる分野

塩ストレス、冠水ストレス耐性に関すること

最近の招待・特別・基調講演題名

主な特許

主な研究論文

総説 
〆箴綵甍譟α昇千晴・中園幹生、イネの洪水被害と冠水抵抗性、日本作物学会紀事、日本作物学会、81巻、pp.1-9,2012年.
近藤始彦・曽根千晴・荒井(三王)裕見子・小林伸哉・高井俊之・岩澤紀生、吉永悟志 被災地農業の復興にむけて 作物の塩害の生理機構とその対策(2)品種・栽培管理対策 農業および園芸 87、pp.291‐296、2012年
6疇始彦・曽根千晴・荒井 (三王) 裕見子・小林伸哉・高井俊之・岩澤紀生・吉永悟志、 被災地農業の復興にむけて  作物の塩害の生理機構とその対策(1)塩害の特性と生理メカニズム、農業および園芸 87、pp. 156‐161、2012年

学術論文(査読付き)
Jun-Ichi Sakagami, Yukiko Joho, Chiharu Sone. Complete submergence escape with shoot elongation ability by underwater photosynthesis in African rice, Oryza glaberrima Steud. Field Crops Research, in press. 2013
S.E. El-Hendawy, Y. Hu, C. Sone, O. Ito and J-I. Sakagami. Differential growth response of rice genotypes with quiescence mechanism to flash flood. Australian Journal of Crop Science, 6,pp1587-1597, 2012.
C. Sone, O. Ito, J.-I. Sakagami, Characterizing Submergence Survival Strategy in Rice Via Chlorophyll Fluorescence, Journal of Agronomy and Crop Science 198, pp152‐160, 2012.
ち昇千晴・津田誠・平井儀彦、土壌の違いが種間雑種NERICA系統の塩条件下のNa蓄積におよぼす影響、日本作物学会紀事 80巻、pp333-340,2011年.
S.E. El-Hendawy, C. Sone, O. Ito and J.I. Sakagami, Evaluation of Germination Ability in Rice Seeds under Anaerobic Conditions by Cluster Analysis, Research Journal of Seed Science 4, pp82‐93, 2011.
α昇千晴・津田誠・平井儀彦、アジアイネ (Oryza sativa L.) とアフリカイネ (O. glaberrima Steud.) の種間交雑品種NERICA 1の耐塩性、日本作物学会紀事 79巻、pp184‐191、2010年.
C. Sone, K. Saito and K. Futakuchi, Comparison of Three Methods for Estimating Leaf Area Index of Upland Rice Cultivars, Crop Science 43, pp1438‐1443, 2009.

(査読無し)
┷箴綵甍譟α昇千晴・松嶋賢一、アフリカの氾濫低湿地に適応したイネ品種の選抜と改良、熱帯農業研究、5号、pp167-169、2012年.
曽根千晴・津田誠・平井儀彦、塩条件下で発生するイネ(Oryza sativa L.)高節位分げつの成長とナトリウム蓄積、岡山大学農学部学術報告、岡山大学農学部、95号、pp41‐47、2006年.

学会活動

日本作物学会学会員
日本アフリカ学会学会員

社会活動

その他特記事項