秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME旬な研究の紹介>本学教員が秋田わか杉科学技術奨励賞を受賞

本学教員が秋田わか杉科学技術奨励賞を受賞

平成22年11月22日

このほど平成22年度秋田わか杉科学技奨励賞に、本学からシステム科学技術学部機械知能システム学科の岡安光博准教授が受賞されました。

この賞は、秋田県の若手研究者の研究開発意欲を喚起することにより、優れた若手研究者が持続的に輩出される環境を整備し、本県の新産業・新事業の創出に資することを目的として、平成19年度に秋田県が創設したものです。

本年度は、秋田県内の大学、公設試験研究機関等から7件の応募があり、審査委員会による審査の結果、岡安准教授を含む2名が受賞者に決定されました。

◆研究テーマ: 視覚障害者用スマート電子白杖の商品化ー産学連携による秋田発福祉器材開発

◆研究の概要: 視覚障害者が使用する従来の白杖では、障害物があっても杖が接触するまで検知できないため、白杖に距離センサーと振動装置を組み込み、特定の範囲内にある障害物の情報を予め使用者へ伝達する電子白杖の開発を行っている。

 

岡安准教授のコメント

平成22年度秋田わか杉科学技術奨励賞を受賞することが出来ました。大学及び企業関係者の皆様からのご支援のお陰でございます。関係者の皆様に心より御礼申し上げます。これからも研究開発活動に精進して参りますので、御指導、御鞭撻の程、宜しくお願いいたします。



表彰式の岡安准教授(11月13日 秋田大学にて)
 

一覧